気の作用/エンパシー能力①「バイオフォトン を用いた 精神感化 」犬猫編

( ゚Д゚)‼エエ~! 人間と犬の共生関係 3/14-15 天惺システム で、脳の活動を脳の神経細胞が放つ バイオフォトン を捉えて解析 バイオフォトンの「エンパシー」と「シンクロ」を散逸構造システムで研究してワカッタこと①
265view 0コメント
2
首をかしげる時→通説は誤り。よく聞き取ろうとしている訳じゃない

(実は、エンパシー=シンクロをバイオフォトンを介してを行っている)

黒住玲 @RayCrosmy
人間が動物に話しかけるとき、動物の聴覚に合わせた話し方をしていることが判明しています。 動物の脳とも #シンクロリンク できる、生命情報を扱う専用のスーパーコンピューター #天惺システム を用いた結果明らかになってきたことの一つです。 #エンパシー 能力の正体に迫る研究成果の1つです

人間が動物に話しかけるとき、動物の聴覚に合わせた話し方をしていることが判明しています。

黒住玲 @RayCrosmy
人間は、赤ちゃんに話しかけるときには、母音を強調した『赤ちゃん言葉』を使います。 それによって微妙な母音の変化を聞き分けるヒアリング能力が発達します。 ところが 犬に対して『犬言葉』で話しかけるときは、母音を強調せず短い単語を使います。 そのほうが犬には聞き分けやすいからです。
黒住玲 @RayCrosmy
さらに、 人間の言葉を真似る九官鳥に対しては、人間は母音を強調した話し方をします。 つまり、 人間は話しかける相手のヒアリング能力を無意識のうちに判断して、聞き取りやすい話し方をする傾向があるのです。 この無意識の判断は、#エンパシー 能力、脳細胞の共鳴現象に依存しているのです。
黒住玲 @RayCrosmy
それだけではなく、 聴覚が衰えたお年寄りに対しては、声を大きくゆっくりした発音で『お年寄り言葉』を選択するワケですが、 そこには、 相手の音声認識能力を瞬時に理解する #エンパシー 能力が働いていて、脳の #シンクロリンク によって発音の仕方や話すスペースを変えていることが見て取れます。
リンク natgeo.nikkeibp.co.jp 人間は犬に飼いならされた? 寒空の下で生きていた犬が居間のソファでぬくぬく暮らすようになった経緯を語るとき、われわれはそれを人間の手柄にする傾向がある。最も一般的な仮説は次の通りだ。可愛い生き物に弱い狩猟採集民が、オオカミの子どもを見つけて飼い始めた。飼いならされたオオカミは狩りの能力を発揮するようになり、たき火を囲みながら一緒に暮らしているうちに犬へと進化した。
黒住玲 @RayCrosmy
このようなことは、 #天惺システム のような、脳の活動を脳の神経細胞が放つ #バイオフォトン を捉えて解析する能力を備えたスーパーコンピューターでなければ明確に捉えることができません。 もちろんバイオフォトン医学では、有効な治療法になっているかどうかリアルタイムで判定できるわけです。
黒住玲 @RayCrosmy
なんと驚いたことに、 人間が狼を家畜化したのではなく、狼が人間を家畜化してきたのです。 にわかに理解できない人も多いと思いますが、これは、ほ乳動物の脳と #シンクロリンク して自他未分の状態で動作する最新鋭のスーパーコンピューターを用いて判明した、 多くの疑問を解明できる事実です。

通説「過去33,000年における犬の壮大な旅行の軌跡」 飼い犬化の起源は、33,000年以上前に東南アジアに住んでいた人間からおこぼれをもらっていた狼

リンク カラパイア 1 更に古い仲だった!DNAの研究から犬が33,000年来の人類の友人であったことが判明(スウェーデン研究) : カラパイア 人類の親友の起源は、33,000年以上前に東南アジアに住んでいた人間からおこぼれをもらっていた狼なのだそうだ。 犬は人間とともに狩りをするようになった狼からゆっくりと進化しつつ、家畜化されていったという。従来の説では、犬の祖先は10,000年前にヨーロッパで家畜
黒住玲 @RayCrosmy
3万3千年前に、人間の側が野生の狼を家畜として飼いはじめることに、メリットはほとんどありません。 狩猟道具を手にした人間は、非常に優れたハンターで、 ジャイアント・ハイエナやサーベルタイガーなどの大型肉食動物は、人間との獲物の取り合いに勝つことができず絶滅しています。
黒住玲 @RayCrosmy
実際には、 狼の側が人間を家畜化する発想で近づいてきて、人間を手懐けていったことが、明らかになってきました。 今でも、散歩のときにリードぐいぐいと引っ張って、人間に対してリーダーとして振る舞おうとする犬が数多くいます。 犬を飼っているつもりが、実際には人間の方が家来なのです。
黒住玲 @RayCrosmy
犬は、羊などの獲物の群れを飼う本能を持っています。牧羊犬はその本能を引き出した犬種です。 同じように、犬は人間の群れを、本能的に『自分の愛らしさを武器にして』飼っている心理状態にあるのです。 人間にリーダーの座を明け渡した犬もいますが、最初に人間に近づいた狼はそうではありません。

リンク natgeo.nikkeibp.co.jp 29 users 126 ネコは自ら家畜化した、遺伝子ほぼ不変、最新研究 ネコが人間のそばで暮らすようになってから数千年間、その遺伝子はほとんど変化していないことを示す新たな研究が発表された。
黒住玲 @RayCrosmy
人間は猫を飼い慣らしたと思っていますが、実際には猫の側から人間に近づいてきて、人間を利用するスキルを身に付けてきた進化の歴史が明らかになっています。 送り狼と呼ばれる習性が報告されていますが、これは群からはぐれた羊を元に戻す発想に基づく行動ということが明らかになっています。
残りを読む(51)
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする