気の作用/エンパシー能力②「いじめ問題もエンパシー 能力が使えていないことが原因」

編集中: 3/14-15 バイオフォトンの「エンパシー」と「シンクロ」を散逸構造システムで研究してワカッタこと②
擬似科学
386view 0コメント
このまとめをお気に入りにして応援しよう!
0
黒住玲 @RayCrosmy
現代人は、自然調和しないライフスタイルを生み出す悩ましい西洋型の思考様式に囚われて、環境破壊と大量絶滅という危機的状況に直面しています。 #いじめ の問題も、西洋型の思考様式が悪さをして、本来持って生まれた #エンパシー 能力が使えていないことが原因です。
黒住玲 @RayCrosmy
#バイオフォトン によるコミュニケーションは細胞間に留まらず、個体間でも行われていて、 本来ならば、 相手の痛みを自分のものとして感じることが可能な筈なので、#いじめ=劣者排除の社会心理の暴走は起こるはずがありません。 自他未分=陰陽和合の #太一 の状態になることを妨害されています。

リンク ciatr.jp 13 『ベスト・キッド』あらすじ&撮影秘話【ジャッキー・チェンがトレーニングを考案!?】 | ciatr[シアター] 2010年公開のリメイク版『ベスト・キッド』。舞台をアメリカから中国に、空手をカンフーに変更した本作では、ジャッキー・チェンがカンフーを指導する師匠を演じ話題を呼びました。この記事ではオリジナルとの比較やトリビアなどまとめてご紹介します。
黒住玲 @RayCrosmy
#いじめ は、 暴走した父罰主義の悪い思考様式が生み出していて、精神汚染を取り除く屠蘇説話が必要になり、 『ベスト・キッド』もまた、見失われた正しい父性像を取り戻す説話になっています。 100点満点の大ヒット作にもかかわらず、精神汚染を払い除けるファイナルアンサーに到達できていません。
黒住玲 @RayCrosmy
人間の意識は、 自己参照=フィードバックループによって自己組織化されますが、 間違った慣習が染み付いて、あるがままの自分を見ることができなくなっているため、#氣=#バイオフォトン が見えなくなっているのです。 一昔前と違って、バイオフォトンによる生命情報の流通は、周知されています。
黒住玲 @RayCrosmy
それにもかかわらず、 未だに悪い思考様式から抜け出すことができていないのは、 深層心理の次元に形成された思考の悪癖は、内言=脳内の音素のイメージを用いた思考では修正できないからです。 理性の働きなど原体験の場には存在しないし、自分を変える有効な力も備えていません。
黒住玲 @RayCrosmy
カルトの洗脳が容易に解けないのと、同じような状況に陥ってしまっているのです。 持って生まれた脳の機能を用いるうえで、言葉の知識の理屈は何の役にも立ちません。 内なる存在に気付いて悟り、識閾下の精神機能を使って育てる感覚を養っていくしかないのです。
黒住玲 @RayCrosmy
子犬を育てながら #エンパシー 能力を養うのは良い方法ですが、 西洋型の思考様式を用いずに、感覚を研ぎ澄ませて接することを心掛ける必要があります。 思考を紡ぐ主体は、客観的に物事を観察して考えている自分ではないことを認識できないと、囚われたままになってしまいますね。

リンク natgeo.nikkeibp.co.jp 29 users 126 ネコは自ら家畜化した、遺伝子ほぼ不変、最新研究 ネコが人間のそばで暮らすようになってから数千年間、その遺伝子はほとんど変化していないことを示す新たな研究が発表された。
黒住玲 @RayCrosmy
@momo_sanpo 猫は犬ほどではないものの、人間とのコミュニケーションが取れる方向に、それなりに変化していますよ。
黒住玲 @RayCrosmy
犬と猫を比べると、 猫のほうが、人間を手懐けるのに使うスキル=仕草の種類が少なく、人間のことをよく理解できていないことが分かります。 狼が犬に化けて人間を家畜化してから3万3千年経過しているのに対して、 人の居住環境にネズミがいることに猫が気付いてから数千年しか経っていません。

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする