1
石川優実@#KuToo署名中👞👠 @ishikawa_yumi
英語ですが取材していただきました! 誰か英語訳してほしいなぁ😍 Japan's #KuToo Wants Jobs to Stop Requiring Women Wear Heels | Time time.com/5548873/japan-…
ぺんぎん @specialcat0
@ishikawa_yumi こんなのですかね: 日本の#KuToo運動が職場でのヒールのある靴の着用の強制に反対 32歳のモデル兼女優の石川優実氏が、日本の女性は職場でヒールを履く必要性はない、と言う趣旨のツイートを1月にした時、そんなに物議を醸すとは思いもしなかった。だが彼女は大勢の人々から共感を得たようだ。
ぺんぎん @specialcat0
@ishikawa_yumi 彼女のツイートが何千回もリツイートされ、他の女性から足や腰が痛むと言う大勢のコメントがあふれてくると、作家でもある石川氏は、この勢いを掴んで#KuTooのハッシュタグを作った。
ぺんぎん @specialcat0
@ishikawa_yumi #MeToo 運動はアジアの一部、特に独自の形を模索している韓国と中国、で飛び立ったが、まだ日本ではこの運動は脚光を浴びていない。だが雪だるま式に膨らんでいる#KuTooキャンペーンは、国内の女性は職場での重大な不平等に反発していることが見せられる。
ぺんぎん @specialcat0
@ishikawa_yumi 予期しなかった彼女のコメントの好評を次いで、石川氏はhttps://t.co/z7jysq7k6Vで会社が女性に特定の靴を着用することの強制を明白に禁止することを、厚生労働省へ署名を提出した。
ぺんぎん @specialcat0
@ishikawa_yumi 石川氏は、「私は、こんなに同じ思いをしている人達がいるのなら、何らかの運動を始めたらいいのでは?、と思いました」、とTIMEに伝えた。彼女は実際にそうしたようだ:本稿執筆時点で、彼女のキャンペーンは1万4000人以上の人たちから署名を集めた。
ぺんぎん @specialcat0
@ishikawa_yumi この運動は、ネットで熱い議論に火を付け、多くの女性たちは、足や指にできたアザやマメの写真を載せたり、苦痛や不快を詳述した。「パンプスが好きか嫌いかの話ではありません」、と一人のツイッターユーザーは書いた。「この社会で自由に好きな靴が履ける選択がほしいのです」。
ぺんぎん @specialcat0
@ishikawa_yumi だが他のユーザーは、女性にパンプスが強要されていることは、男性に革靴が強要されていることと同じだ、と反発した。
ぺんぎん @specialcat0
@ishikawa_yumi 幾らかの女性が、女性作業服に関する不公平な企業規則だと意見する事に対する日本内の反発は、他の世界でも同じことが起きている。英国女優のニコラ・ソープ氏は、2016年に英国政府が職場規則として女性にヒールのある靴の着用の強制を禁止にさせるキャンペーンを始めると、批判の嵐にさらされた。
ぺんぎん @specialcat0
@ishikawa_yumi ソープ氏のキャンペーンは最終的には変化を生んだ:彼女のオンライン請願は15万人以上の人たちから署名を集め、政府から回答する任務がある為に必要な1万人以上からの署名を軽く超えた。
ぺんぎん @specialcat0
@ishikawa_yumi 苦情申立てを調査する任務の議会委員会は、企業のドレスコードは「合理的」である必要があると述べ、それは男女別々のドレスコードも含む。
ぺんぎん @specialcat0
@ishikawa_yumi 委員会は一部の企業は女性にヒールの着用を強制させただけではなく、メイクを定期的に付け直し、露出度の高い服を着て、そして金髪に髪を染めることまで強制していたことが分かった。
ぺんぎん @specialcat0
@ishikawa_yumi ソープ氏は、「女性が足や腰を痛める実用的ではない衣服の着用を強制させられることが社会として当たり前だと考えることは、根深いセクシズムとダブルスタンダードがあることを示しています」、とTIMEにEメールで伝えた。
ぺんぎん @specialcat0
@ishikawa_yumi 「英国では、未だに女性が職場でヒールのある靴やメイクをする必要があることが強制されていることに、殆どの人は驚いていました。得に男性はそれについてはあまり考えたことがなくて、女性でさえ毎日苦痛にヒールを履くことに関しては、その不平等さを疑問に思ったことがなかったのです。」
ぺんぎん @specialcat0
@ishikawa_yumi 日本では、この会話はまだ始まりにしかすぎず、社会が変わるまでには長い時間がかかるのかもしれない。彼女がキャンペーンを始めた時点から、石川氏は民間企業や厚生労働省から何も返答をもらっていないと言う。省はTIMEからのコメントの依頼にまだ答えていない。
ぺんぎん @specialcat0
@ishikawa_yumi 上智大学政治学教授の三浦まり氏は、#KuToo 運動の好評は、日本の女性が職場でどのような外見でいるべきなのか、という根深い伝統に対する、初の大規模な反発の痕跡を残した、と言った。
ぺんぎん @specialcat0
@ishikawa_yumi 医療大学の女子受験生の点数が一律に減点されていた最近のスキャンダルに引き続いて、日本のジェンダー不平等に挑戦することがより積極的になったのかもしれない、と彼女は言った。
ぺんぎん @specialcat0
@ishikawa_yumi 「以前では、女性たちは知恵を生かして新しい靴底を作ったり、パッドを柔らかくしたりしてパンプスを心地よくする必要がありました、」と三浦氏はTIMEに電話で伝えた、 「でもこの運動は、これは社会的な問題であって、女性の問題ではない、と言っているのです」。

コメント

uncorrelated @uncorrelated 2019年3月27日
就業時のパンプス義務は重要な労働問題だけれども、雇用主にローファーも認めるように服務規律の変更を求めたらすぐに解決するのでは無いであろうか。http://www.anlyznews.com/2019/03/blog-post_16.html