2019年3月16日

本の紹介『フクシマの教訓ーー東アジアにおける原子力の行方 』ピーター・ヴァン・ネス メル・ガートフ 著/生田目学文 訳(2019年2月13日刊行、論創社)

0
Yuri Hiranuma @YuriHiranuma

『フクシマの教訓ーー東アジアにおける原子力の行方 』 ピーター・ヴァン・ネス メル・ガートフ 著/生田目学文 訳 (2019年2月13日刊行、論創社) ronso.co.jp/book/%E3%83%95…

2019-03-10 10:01:35

なか身検索というボタンがあり、目次と序文が読めます(PDF) http://ronso.co.jp/cp-bin/wordpress/wp-content/uploads/2019/03/9784846017866.pdf

Yuri Hiranuma @YuriHiranuma

2017年にオーストラリア国立大学から出版された"Learning from Fukushima--Nuclear power in East Asia”の日本語版。 press.anu.edu.au/publications/l… 英語版はオンラインで閲覧可能。 press-files.anu.edu.au/downloads/pres… 英語版PDF press-files.anu.edu.au/downloads/pres…

2019-03-10 10:05:49
Yuri Hiranuma @YuriHiranuma

第8章 電離放射線が健康に与える影響 press-files.anu.edu.au/downloads/pres…(英語原文) 著者は、2017年ノーベル平和賞を受賞したICAN(核兵器廃絶国際キャンペーン)設立者の1人でオーストラリアの医師、Tilman Ruff氏。

2019-03-10 10:06:54
Yuri Hiranuma @YuriHiranuma

第9章 原子力とその生態学的副産物 press-files.anu.edu.au/downloads/pres…(英語原文) 著者は、Timothy Mousseau氏と Anders P. Møller氏。

2019-03-10 10:08:29

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?