0
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
1)『Jack & Betty』中三編の分析を始めましょう。 pic.twitter.com/cB7qHSvYzd
 拡大
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
5)右ページの章で、関係代名詞がデビューします。 厳密には次のページでですが。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
6)学校に木を植えるから余っている木が家にある生徒はそれを持ってこいない者はPTAのほうで用意した木をやるでの皆で植えるぞという宣言があって、ジャックとベティが木を植えている。 戦勝国さまの学校生活を学ぶチャンネルとしても機能しているのがわかる。 pic.twitter.com/59IcvgsdVi
 拡大
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
7)日本にPTAが導入されたのはやはり敗戦後のことで、この教科書が全国の中学校に配備された昭和24年時点で、7割を超える小中学校にPTAが作られていました。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
8)ところでこんな関係代名詞文が出てくる。  he met Betty who had also some oak trees under her arm. (彼は、腕に同じくナラの木をがんばって抱えているベティに出会った) これで〇なのですが、関係代名詞のデビュー章でいきなりこういう高度な用法を出してくることに驚きました。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
9)これ  he met Betty, who had also some oak trees under her arm. (彼はベティと出くわした。彼女も腕に同じくナラの木をがんばって抱えていた) つまり「who」を「, who」にしても〇なのですよ。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
10)制限用法と非制限用法の違いといいます。どちらでも〇になってしまうような英文を、関係代名詞のデビュー章で出してしまうのは、あまり感心しない。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
11)ああそれから地の文が、一部の段落で過去時制ではなく現在時制になっていますね。これで別にいいのだけど、こういう時制の変化を教師はちゃんと生徒さんたちに分析してあげているのでしょうか。 pic.twitter.com/5585OZpFNc
 拡大
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
12)シカゴより西8マイルの土地に、ジャック&ベティの学校が所有する場所があるとあります。 物語の舞台がシカゴだと特定されるのは、ひょっとしてここが最初でしょうか。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
13)まとめページ。 ここには「, who」(非制限用法)の例文が出てくる。しかも先の英文(あれは制限用法!)とほぼ同じ内容。 うーん生徒さんは混乱しませんか。 pic.twitter.com/F1VLsRpVBJ
 拡大
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
14)それとは別件ですが同文内の「some」はトル。 これがあると何か違うニュアンスを生じさせてしまうから。(過去に何度か論じた話なのでここでは省略)
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
15)女子生徒のひとりが植えた木がとても小さいことを、一部の男子生徒がからかっている。すぐそばに教師(生物学)がいることに気づいていない。 この「who」は「, who」でないとおかしいのでは? pic.twitter.com/mKy1QEUjut
 拡大
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
16)こんな風に載っているけれど  they heard the voice of Miss Astor who was their botany teacher. 「植物学の教師であるほうのアスター先生の声がした」に読めてしまうので
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
17)「who」はよして  they heard the voice of Miss Astor, their botany teacher. (植物学の教師であるアスター先生の声がした) としたくなる。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
18)アスター先生が男子生徒をたしなめる。すごくかっこいいです。 pic.twitter.com/UjZqs0t9nz
 拡大
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
19)まとめページ。関係代名詞の目的格用法の例文が並んでいるのですが。 今の感覚ですと、駆け足に感じる。今の教科書ならもう少しページを費やして教えているから。 pic.twitter.com/qMbfS9R75B
 拡大
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
20)この教科書、英文はどれもほぼよくできているけれど、飛行機の操縦でいうと計器飛行を教えないで、教官の搭乗機を先頭に、生徒たちの機が、視界のいい空を飛んでいる印象。 単独飛行はできない。計器飛行はもっと無理。夜間飛行はお手上げ。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
情緒不安定状態が続く。心が痛い。胸が苦しい。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
21)関係代名詞の文がいろいろ出てくる。 衣服は綿花からだったり洋毛からだったりと、生徒をひとりひとりあてながら授業を進めていくミス・アスターがとてもかっこいいのはいいのですが、こんなに連続して関係代名詞文を出しては、中学生の子はついてこられないのでは。 pic.twitter.com/LdmxSPl4lo
 拡大
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
22)内容も英文もともにいいできですが、中学生にこれは難しすぎる。大半の子はもうついてこられなくなっていたのではないでしょうか。 pic.twitter.com/kEHICl7xm0
 拡大
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
23)ここもそう。内容も英文も◎なのですが、たとえば「be made of」と「be made from」が同じページに出てきて、どう違うのか生徒さんにはわかっているのでしょうか。 教師の側もどこまで理解していたのか。 pic.twitter.com/lQKGtJhnZz
 拡大
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
24)さらに「whose」まで出てきてる。今の中学英語では掲載不可とされる。学習指導要領から逸脱するから。 この頃の要領はもっと理想主義的で、教えていい文型とか文法とかをあれこれ指定しなかった。 pic.twitter.com/UD1B81Kulb
 拡大
残りを読む(118)

コメント

苺花見に欲をかけたらラッキー7 @adgjmpt_1011110 2019年3月16日
「二次創作」のタグが必要だと思う。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi 2019年3月17日
まとめを更新しました。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi 2019年3月18日
まとめを更新しました。

注目の記事 - トゥギャッチ

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする