13
リンク キミラノ - 読みたいライトノベルが見つかるレコメンドサイト 16 users 187 キミラノ - 読みたいライトノベルが見つかるレコメンドサイト キミラノは、あなたにおすすめの小説・ラノベを読書経験や評価・レビューからパートナーが選んでくれる、ライトノベルのレコメンドサイトです。最新アニメの原作や人気作品はもちろん、各レーベル作品の無料試し読みも充実!
mizunotori @mizunotori
キミラノ、なんで「あらすじ」を軽視するんだろうな。トップページに出てない。オススメページにも出てない。作品の詳細ページにも出てない。どうやって「読みたい」かを判断しろというんだろう。
mizunotori @mizunotori
とにかくWeb小説サイトでも電子書籍ストアでも、目立つところにあらすじを出さないサイトはクソというか、そんなのは当たり前の話でしょ、新作を買うときにいちばん参考にするのはあらすじじゃん、いまさら「Twitterに漫画を投稿するときにあらすじを添えるとバズりやすい」じゃねえんだよアホかよ。
mizunotori @mizunotori
Twitter漫画に「○○が××する話」と添えるムーブメントのことを多くの人が「あらすじを付ける」ではなく「タイトルをあらすじっぽくする」と認識してたの本当に絶望するんだよな。
藤原祐@FANBOX始めました @fujiwarayu
あらすじって実は「受動的に入ってくる情報」ではなくて「能動的に手に入れようとする情報」で、これは要するにあらすじを吟味するための処理が受け手側に必要だからなんですが、キミラノみたいなカタログ的データベースにずらーっとあらすじが並べられててもノイズになっちゃうと思うんですよね。 twitter.com/mizunotori/sta…
藤原祐@FANBOX始めました @fujiwarayu
もちろんあらすじは本を買うために必要な情報で、読んでもらわなければ始まらないのは確かですが、これだけ本が溢れている時代において、「あらすじを読んでもらう」ためには「あらすじを目立つところに乗せる」だけではダメだという話
藤原祐@FANBOX始めました @fujiwarayu
この「あらすじ」即ち「能動的に手に入れなければならない情報」を、できるだけ「受動的に入ってくる情報」に近付けようとする工夫が、長文タイトルであったり「◯◯が××する話」とやることだと思ってる
藤原祐@FANBOX始めました @fujiwarayu
なので(たぶん)キミラノは、まずジャンルによるラベル付けやパートナーの選択によってある程度のレイヤーをかけ、そこから「おすすめ」を示すことで興味を持ってもらうというやり方をしてて、そこまで作品を絞ってようやく「あらすじ」は能動的なコストを支払って読むに値する情報となる、みたいな。
藤原祐@FANBOX始めました @fujiwarayu
キミラノが今後上手くいくかどうかはわからんけど、現状、方向性はわかるしサイトもスッキリしてて良いなとは思う。ただ、カジュアル方面ではあるよね。レーベルの新刊一覧チェックしてあらすじ全部読んでから個別に購入を検討する……みたいなコア層向けではないかも。
mizunotori @mizunotori
後述されていますが、キミラノはカタログではなくレコメンドなので読者に提示される作品はあらかじめ絞り込まれており、よって「カタログにズラっとあらすじが並んでると読み込むのがめんどいから出さないほうがいいよ」は成り立たないと思います。
mizunotori @mizunotori
同じ作品のあらすじでも書き方によってバズり方が違うというのはあり、その一環として「あらすじを短くまとめれば読んでもらえる=受動に近づく」というのはそうだと思いますが、それはタイトルの長文化とはまた別だと思います。「長文タイトル」も「○○が××する話」も、
mizunotori @mizunotori
そもそもこれまであらすじを添えていないことが多かったわけですから(リンク先にあらすじが…ワンクリックであらすじが表示される…などは添えていることにならない)、状況としては「フルあらすじVS省略あらすじ」ではなく「省略あらすじVSノーあらすじ」だと思います。
mizunotori @mizunotori
ラノベのあらすじはたいてい裏表紙に書かれています。これはウェブサイトの「あらすじを表示するのにワンクリック必要」と変わりありません。ものすごいロスです。補うために帯やPOPなどが必要になります。この問題は「ノイズになる」ということより単純に「表示スペースがない」である気がします。
mizunotori @mizunotori
あらすじは字数が多いパーツであり、そのまま表示するとかなりのスペースを占領してしまいます。ウェブサイトでも同様に思います。「小説家になろう」の作品一覧ページは、PC版だとあらすじが表示されますが、スマホ版は折り畳まれてしまいます。スマホの画面が小さいことを考慮した結果だと思います。
mizunotori @mizunotori
が、それ故に「あらすじが表示されないからタイトルをあらすじにしてしまえ」という風潮が生まれた…ように見えます(根拠はない)。カクヨムはそれを「短いあらすじ」であるキャッチコピー機能で解決しようとしています。ええと、結論が迷子だな。「工夫は必要だろうがあらすじは載せてくれ」かな。
mizunotori @mizunotori
あらすじは読者が能動的になったときに初めて機能するんですけど、その瞬間にあらすじを出さないとすぐ冷めるんですよね。「興味を持ったらクリックしてください」では遅すぎる。そして脳波を検出できない以上、最初からあらすじを出しておくしかない。
藤原祐@FANBOX始めました @fujiwarayu
まあ、お客さんが「この本面白いのかな、どんな話なんだろう」という状態になってはじめて「あらすじ」は機能する……という話です。キミラノみたいなレコメンドサイトはたぶん閲覧者がそこに辿り着く以前の「なんかラノベ読んでみようかな、今の気分に合いそうなやつあるかな」くらいの状態にあるので
藤原祐@FANBOX始めました @fujiwarayu
いきなり「アストラギウス銀河を二分するギルガメスとバララントの陣営は互いに軍を形成し……」とかあらすじを説明し始めても、うわ早口でなんか言い始めた気持ち悪い、となる。
藤原祐@FANBOX始めました @fujiwarayu
なので「ファンタジーがいい?それともSF?」とか「ロボットものはどう?」とか「ハードな戦争群像劇は?」ってラベルを見せながら徐々に心の扉を開いていかないと、百年戦争末期のキリコのことを見てはもらえんわけです。たぶん。
藤原祐@FANBOX始めました @fujiwarayu
オタクはすぐボトムズの話をしたがる!!!!

コメント

CD @cleardice 3月20日
まあいろんなサイトあるし好きなの使えば良いんじゃないかな
VRAM01K @VRAM01K 3月20日
実際の書籍でもあらすじ書いてないやつは購入に二の足ふみがち。一緒にシュリンクされたペーパーで隠れてたりする場合も残念なケース
sana@緩やかに回復中 @sanagimochi1111 3月20日
ラノベでも特典とかであらすじ隠れてたら買わない。
mlevi @puinotapu 3月20日
コレおススメ読んでみて 地雷があったらゴメンネ! 確認はさせないけどね☆
わくわく @waku2009 3月20日
wikipediaはネタバレ防止で非表示になってたりするからその話かと思った
こねこのゆっきー @vicy 3月20日
あー、わかる。Amazonは下すぎる。漫画はサムネクリックで頭ページ読めるけど、小説はなぁ…
古橋 @FuruhasiYuu 3月20日
え、Amazon上にもあるよな?と思ったらKindle版のページだけで、紙本のページは同じ位置にまとめ買いの広告が入ってるせいで下にしかなかった。これ前は上にもあったような…。
古橋 @FuruhasiYuu 3月20日
へんなはなしだけど今のラノベ市場はまじめに文章読むような人はメイン客層じゃないので優先度低い(だから下にある)んだと思う。「お、この表紙の女の子かわいいな!」あたりの客がメイン。
さどはらめぐる @M__Sadohara 3月20日
そろそろラノベはログラインよりも長ったらしいタイトルは一般人からマヌケと思われていることを認識したほうがいい。つか、ラノベはハーレクインと同様、読者のはっきりとした趣味嗜好に対応する読み物なのであらすじ読んでも目新しさとかないよね
Licorice @Licorice_90 3月20日
あらすじってネタバレ上等な全体の概略のことなのに載せちゃっていいの?
フローライト @FluoRiteTW 3月20日
Licorice_90 お前は何を言っているんだ
ぷにえ @punie2222 3月20日
「あらすじ」じゃなくて「内容紹介」ですね。
ざの人(togetter用垢) @zairo2016 3月21日
さすがに、新規初日はあらすじまで触れずにシュリンクまでされた本を買う人はいないから、最低限のプロモーションは必須だと思うけど。それが通用するのは大御所の超人気作家ぐらいだとは思う。 著者の新作と期待して買うわけで、人気作家の過去が十分プロモーションできている場合に限る。
ざの人(togetter用垢) @zairo2016 3月21日
zairo2016 ただ キミラノ って本のタイトルだと思っていたから、実際調べたら?ラノベの販売サイトの名前だとわかった。だからこれがサイト運営方針だったとするなら、自分が使いやすいサイトを使えばいい。と言う冒頭のコメント欄に同意した。
亀獅子 @Kame4x4 3月21日
「あらすじ」は誤解されやすい用語とはいえ、基本的な用語を間違えていると、議論に説得力が出ない。方々であらすじをちゃんと読んでいないのではと疑ってしまう。
ざの人(togetter用垢) @zairo2016 3月21日
極論を言えば、 どのサイトも同じようにしなきゃいけないのか?と言う話になってくる(笑 そこはやはり各サイトの運営方針、予算等色々あるだろう。このような商業施設の運営サイトの場合はデザインを頼むにも相当なお金になるから、その辺の作りこみの甘いサイトは予算的にも限られていたりとかはあるので、同様のサイトがあれば使いやすいほうをと言う流れにはなるとは思う。
金木犀 @Itzamna_100 3月21日
洋書だと結構な割合であらすじ載ってなくて困る。Amazonとかで見ても、本の評判やら著者の経歴やらはズラズラ載ってるのに肝心な話の内容が一行ぐらいで、どんな話なのか分からなくて結局ググらなきゃいけなくて二度手間
KLEIN @klein_artifact 3月21日
Licorice_90 一般的にはあまり馴染みがないかと思いますが、賞レースなどでは応募する際に作品と一緒に提出を求められる「物語の最初から最後までの全体要約」という正しい意味での「粗筋」があります。 販売されている書籍についているような「キャッチ」としての「あらすじ」を書いて送ってくる応募者がいるというのは定番のネタなのです。 勿論、ここで求められているのは一般的なほう(キャッチとして)の「あらすじ」だと思いますけど。
KLEIN @klein_artifact 3月21日
puinotapu 気付かずに踏んでしまうか、気をつけていても踏んでしまうからこその地雷であって、最初から存在がバレているものはもはや地雷ではないのでは。
鳥公 @crowkou_ 3月21日
FuruhasiYuu 流石に古すぎるわ。 今どきの客はもっと慎重だよ
鳥公 @crowkou_ 3月21日
あらすじというと語弊が生まれるので、アオリ文と書いて欲しい。 でも、大手サイトがあらすじって言ってるからなあ……
rollmaki @rollwomaku 3月21日
作品ページの「購入」と「みんなからのレビュー」の間に「あらすじ紹介」がある本とない本があるな。どういう基準なんだろう?
zaqron @zaqron 3月21日
長ったらしいタイトルとかはアホらしいというのは自分も同意するけど、実際今そういうのが売れとるのでそれを推すのは間違ってないと思うよ。
ならづけ @nara_duke 3月21日
またラノベは表紙絵あればいいんだろという暴論が
古橋 @FuruhasiYuu 3月22日
crowkou_ その客はこの場合、こんなレコメンドサイトを見るような客ですよ、ってのは気付いてる?気づいでなさそうw
犬連結マン @nekokoala1 3月22日
何を思い、何を為すのか
LCO @f_lco 3月22日
さすがに表紙だけじゃ選ばねぇよ、と思いつつも お気に入りの絵師がラノベの挿絵担当したと聞くと、該当作品をチェックしてしまうので何とも…
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする