10周年のSPコンテンツ!
1
sivad @sivad
いわゆるバイスタンダー効果とか、以前から指摘されてたことですね。変異+αの影響があるわけです。 >放射線による発がんには遺伝子突然変異の誘発とは別のメカニズムがある qst.go.jp/information/it…
Yuri Hiranuma @YuriHiranuma
放射線による発がんには遺伝子突然変異の誘発とは別のメカニズムがあることが判明-遺伝性のリンパ腫に生じる遺伝子変異の全体像を動物実験で明らかに- | 量子科学技術研究開発機構 qst.go.jp/information/it…
Yuri Hiranuma @YuriHiranuma
引用:これは、放射線にはDNAを傷つけ遺伝子突然変異を誘発する以外の別の作用、例えば、がん細胞の周囲の環境を変化させることによって腫瘍の発生を促進するといった作用がある可能性を示唆しています。 (つまり、腫瘍の微小環境への影響によるプロモーションも放射線誘発性という証明になる)
Yuri Hiranuma @YuriHiranuma
従来の「放射線誘発性」の定義が覆されることになる。
Yuri Hiranuma @YuriHiranuma
論文:Mutational landscape of T-cell lymphoma in mice lacking the DNA mismatch repair gene Mlh1: no synergism with ionizing radiation | Carcinogenesis | Oxford Academic academic.oup.com/carcin/advance…
内田 @uchida_kawasaki
Mutational landscape of T-cell lymphoma in mice lacking the DNA mismatch repair gene Mlh1: no synergism with ionizing radiation. - PubMed - NCBI ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/3072194…
内田 @uchida_kawasaki
2019.3.25 放射線による発がんには遺伝子突然変異の誘発とは別のメカニズムがあることが判明-遺伝性のリンパ腫に生じる遺伝子変異の全体像を動物実験で明らかに- | 量子科学技術研究開発機構 qst.go.jp/information/it…
内田 @uchida_kawasaki
【プレスリリース】放射線による発がんには遺伝子突然変異の誘発とは別のメカニズムがあることが判明-遺伝性のリンパ腫に生じる遺伝子変異の全体像を動物実験で明らかに- | 日本の研究.com research-er.jp/articles/view/…
内田 @uchida_kawasaki
国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構(理事長 平野俊夫)放射線医学総合研究所放射線影響研究部の柿沼志津子部長、発達期被ばく影響研究チームの臺野和広研究統括らは、弘前大学の吉田光明教授、北海道科学大学の中田章史准教授らとの共同研究により…
内田 @uchida_kawasaki
発表のポイント ・DNA1)修復遺伝子の異常によりリンパ腫を生じるモデルマウスを用いて、リンパ腫の全遺伝子を解析 ・被ばくしていないマウスに比べて、被ばくしたマウスではリンパ腫の発生率が高いにもかかわらず、遺伝子変異の数や変異パターンには違いがないことがわかった (続く)
内田 @uchida_kawasaki
・放射線には、遺伝子突然変異2)の誘発とは別のメカニズムでがんの発生を促進する作用があることが示唆された

コメント

内田 @uchida_kawasaki 2019年3月26日
まとめを更新しました。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする