Googlerによる入社に向けた勉強法

Googleに勤めている(または勤めていた)方々による、入社に向けた勉強法をまとめました
プログラミング 就職 Google テクノロジー
1997view 0コメント
35
Ryoichi Imaizumi @r_ima
「でも入れないし…」というコメントが多いので、次は誰かに「私はこうやってGoogleに入った」というエントリーを書いて1000ブクマ目指してほしい。 twitter.com/hatebu/status/…
Masato Hagiwara (萩原正人) @mhagiwara_ja
役に立つか分からないけど良く聞かれるので。自分は修士1年のとある日、いつものように Google を使っていたら、トップページの「夏季インターン募集」のリンクに気づいた。社内の人脈も実績も無いのによく分からず勝手に応募した。もちろん音沙汰無し。しかし翌年(続く)twitter.com/r_ima/status/1…
Ryoichi Imaizumi @r_ima
(Good question!) 期待していたのは、面接でこの問題が出て、こう答えて受かった、という話ではなくて、どういう勉強/準備をしたのか、という話です。面接の時点で英語はどれ位話せたかとか、データ構造やアルゴリズムの勉強は特別に準備したかとか、コーティングはどれ位のレベルだったか、とかです。 twitter.com/tjo_datasci/st…
Yoshiki Iguchi @yoshikig
面接時はTOEIC700ぐらいだったかな。修士時代はプレゼン練習をするたびに某先生に「君は英語が本当に駄目ねぇ」と言われ続けてたり、学会で質問が全く聞き取れないこともあったけど、なんとか新卒で入社して生き続けられている。あと AMA を見てレアジョブを半年毎日やってた brow2ing.doorblog.jp/archives/13714… twitter.com/r_ima/status/1…
higepon @HigeponJa
LeetCode 有料版でコーディング問題を数ヶ月全ての空き時間を使いひたすら解く。あまりに出来が悪かったのでスプレッドシートで進捗を管理。英語はOK。コーディングは毎日書いていたとはいえUIKit API全部覚えているはずもない。無茶な問題はないと予想してた。覚えることにこだわらなかった。 twitter.com/r_ima/status/1…
Yoshitake Matsumoto @ymatsux
TOEIC は 730 点でした。まあもっと勉強しておいた方が良かったのだとは思いますが、ネイティブレベルでないと無理とかそういうことはまったくないです。コーディングは PKU Online Judge / TopCoder の問題を1000問解いていたので楽でした twitter.com/r_ima/status/1…
たすく a.k.a のな @ttuusskk
今となってはだいぶ恥ずかしいですが、TOEICは入社時点では525点でした。 プロコンは全くやったことがなくて、もっぱら知識は大学の授業、バイト、趣味のソフト開発で得ました。 特異な例かもですが、俺みたいな例もあるので、プロコン苦手だからと応募を諦めるのはもったいないと思います。 twitter.com/r_ima/status/1…
Peria @peria
2011年新卒(D4)だけど諸事情で2010年時の情報が参照されるべき。 TOEICは2009年くらいに600だった気がする。ただ面接は言語にかかわらず面接官と楽しく対話ができればいい気がする。 2004年から少しずつUVaやってたけどアルゴリズム勉強っぽいのはしてないというか解説なんて無かった twitter.com/r_ima/status/1…
shinichiro hamaji @shinh
英語が絶望的なので、TOEICを受けないことで英語力を伝えない、という対策をしました twitter.com/r_ima/status/1…
とよしま @toyoshim
面接の前だと、ゆかりんからの伝書鳩の返信タイムが来たので、面接受けてきます!って報告したくらいかも。あれは役に立った。 その少し前にUnix v6のコード全部読んだりとかしたけど、あれは役に立たなかった。お薦めしない(こっちは嘘、何個か面接で使った知識ある) twitter.com/r_ima/status/1…
gpascal @pascaljp
11年前入社。アルゴリズムとデータ構造は大好きで、英語は院試のときTOEFLのCBTで222点(TOEIC換算770点)。ネイティブの人の発音を聞くのは6年ぶりだったけど、優しく話してくれたおかげでカタコトでなんとかなった。 個人での趣味プログラム以外の経験はなかったけど入社後なんとかなった。 twitter.com/r_ima/status/1…
まきの たかき @ta_makino
英語は、国際学会でポスター発表できるぐらいの英語力なら面接は十分パスできるのでは。データ構造やアルゴリズムは、いきなり正解を出せなくてもよくて、ちゃんと計算量とかを議論して方針を決められるかを見てると思う。私は競技プログラミング未経験でした。 twitter.com/r_ima/status/1…
Emma Haruka Iwao @Yuryu
私は社員紹介を使って挑戦したものの、4回面接で落ちて5回目の面接で通りました。当初応募してたチームとは違うところでした。その後社内異動してDevRelに。その時はまた社外から受けるのとほぼ同じ面接がありました。コーディング面接練習本は Cracking the Coding Interviewがおすすめです。 twitter.com/r_ima/status/1…
汎用kumAGI @kumagi
はてなブログに投稿しました #はてなブログ @chokudai 氏のツイートを2つも貼った こうしてGoogleに入社した(kumagi編) - Software Transactional Memo kumagi.hatenablog.com/entry/how-i-en…
Heiga Zen (全 炳河) @heiga_zen
7年半前入社。知り合いの会社がグーグルに買収された後リファーされました。TOEIC等受けたこと無いですが英国に住んでたので会話は問題無し。研究職なので日常の研究・論文・HTSやHTK等オープンソース関連が準備でしょうか。アルゴリズムやデータ構造もオープンソース化で学びました。 twitter.com/r_ima/status/1…
Yoshi Yamaguchi 🇯🇵 @ymotongpoo
自分は8年前にTAM(技術営業職)で中途入社でしたが、コーディング問題に関してはProject Eulerを50問くらい解いたのと、簡単なアルゴリズムとデータ構造のおさらい。それ以前で一番コード書いてたのは学生時代のC++くらい。英語は前職でちょっと使うような環境にいて、当時TOEIC800くらいでした。 twitter.com/r_ima/status/1…
Fumitoshi Ukai @fumitoshi_ukai
書こうかと思ったけど、続かなかったGoogleエンジニアインタビューシリーズ第一弾にだいたい書かれている気がする... japan.googleblog.com/2007/06/google… twitter.com/r_ima/status/1…
Horo Tsuyoshi @horo
リクルータからメールを貰って、せっかくなので受けてみた。コーディング問題はやったことなかったので、大学の頃の教科書とか珠玉のプログラミングとかO'Reillyのアルゴリズムクイックリファレンスで勉強し直した。受かるとは思ってなかったので、オファーを貰っててびっくりした。給料は上がった。 twitter.com/r_ima/status/1…
IKeJI @ikeji
インターンした先輩の勧めで新卒で挑戦した。競技プログラミング経験なし。入ってからTopCoder教わった。C++とかで難しいプログラム書くとメモリ破壊して積むので、RubyとかC#とか使ってた。当時Web系が流行ってたけど、Webではガチ勢に勝てないので、避けて手元のマシンで動くもの書いてた。 twitter.com/r_ima/status/1…
Ryohei Fushimi @fushimir
書きました。2019・2020年卒の応募は4月5日まで! 私はこうして Google に入った (SWE・新卒編) - ふしみのブログ rfushimi.hatenablog.jp/entry/2019/03/…
ft @tanujazz
このツイートの流れで答えてる人達の体験談が面白い。(でもこれから受ける人達の役に立ってるかは謎) 他の会社のもあれば面白いのに(他人事 twitter.com/r_ima/status/1…
残りを読む(13)
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする