0
timekagura @timekagura
ガリバー旅行記 小人の国の挿絵(さしえ)のような看板。 ガリバー旅行記も ちゃんと読んだことないが。 相撲、よく知らないんで、元若乃花。3代目 若乃花。 芸名、花田 虎上 の、花田勝氏の看板。 呼び名が いっぱいあるけど、同一人物。 力士時代から「お兄ちゃん」の愛称 wiki
timekagura @timekagura
花田勝氏も 原子複数の塊。 花田勝氏という なにかは、生物。代謝するから 常に原子が入れ替わってる。
timekagura @timekagura
イリヤ・プリゴジン Ilya Prigogine の、散逸構造や 気象学者のローレンツ氏のストレンジ・アトラクターで 中身の原子は 常に入れ替わってるけど 現象としての原子が集まった状態が 同一性として 生まれ死ぬまで続いてる。
timekagura @timekagura
花田勝氏という同一性が  家族によって認識される。 社会によって認識される 個体現象として 生物学者によって認識される。 原子にも寿命あるけど、電子や光子にもかな。 1つのものなら同一性は、それでいい。 輝きとして見える北極星も。
timekagura @timekagura
でも、南十字星だとかだと、1つ星が消えたら 元南十字星とかになるのかな。 3つ星が消えても、残り1つが 元南十字星として、他の星座複数からの位置関係で ま、同一性というか、なんとなく継続性 保持される。
timekagura @timekagura
物理で位置関係を述べるのに、 現象そのものの同一性を認知するのは 高度な処理だから、 コンピューターに疑似的に 敵機と敵機の放った空対空ミサイルの分別させるだろうけど
timekagura @timekagura
数学とか設計図上なら  端(はし)とか角(かど)が点位置になるけど 「原子複数集合体」現象の相対性移動に関して、ほんとは、 これが列車だとか、列車イメージって述べることには 飛躍があるんだ。ま、日常世界で、哲学的同一性の検討なんて してる暇ないけど。
timekagura @timekagura
形イメージってのは、質点じゃない。 剛体に近い、剛体だと回転モーメントとかの。 剛体なんてものは、この世にないんだけど、 生物学や社会的に 個体の同一性 扱う感じで 物理でも、、、 静止してる列車だ。 動いてる列車だを やってた。
timekagura @timekagura
だが ここで形イメージを作る 原子複数集合体の原子1つ1つに 時間軸を割り振ってみよう。 固有値とか、静止時の長さなんてのは 無限に硬い剛体と同じ幻想。
timekagura @timekagura
かつて熱素説というのが あった。 特殊相対性原理仮説は 形イメージを分解し 原子位置すべてに時空位置を割り振ると 剛体や 熱素説と 同じ 幻想であること わかる。 bit.ly/caloric_theory… “熱は何らかの物質であるという熱物質説と” ”熱の原因を運動によるものと捉える熱運動説に”
timekagura @timekagura
前振り 終わったんで、 額縁だけ、骨格だけのイメージ空間 1つだけ。 1つだけものをイメージすると、 それが なんかに対して動いているかどうか 言えない。わからない。 pic.twitter.com/uA2VOxZ1pV
拡大
timekagura @timekagura
自分身体1つを思えば、加速すれば わかるし 回転すれば常に遠心力とかで気付くけど 貴殿の身体を構成する複数原子分布変化で 部分的圧力(粗密変化)が生じてる。
timekagura @timekagura
生体が情報報告してるのを 貴殿の無意識が 意識化の突(つつ)きをして意識できる。 意識が自分で調べに行ったのではない。のだろう。 ま、意識だ無意識だは、未定義(語)なんで飛ばして、
timekagura @timekagura
ま、意識だ無意識だは、未定義(語)なんで飛ばして、 この中身からっぽのイメージ空間1つだけだから 相対性 比較する対象ないから、動きに関して述べることできない。
timekagura @timekagura
天動説みたいなもんだ。作業仮設の最初。 自分は動いていないという思い込みで、まず開始。 自分だけが世界に存在してるわけじゃないんだけど。 この空っぽの箱に観察対象を入れる。 頭の中で、観察対象を立方体内空間に入れた。 このとき、思考者や設計者である自分は、 pic.twitter.com/bayLBZGGYl
拡大
timekagura @timekagura
この箱の外に居る。数学の「不定」みたい。 箱の外のどこかに居て 箱の外から見ている。 でも、正確な位置不明、不定。 だから、波線の外としよう。 眼玉を左右上下に回転させて 睫毛(まつげ)が属してるのが己の身体。見えないけど。 絵図では、閉じた波線の外のどこかに、居る。 pic.twitter.com/pmhJyha4O4
拡大
timekagura @timekagura
電子の存在を 電子1つしかないのに電子の雲で表す感じ。 イメージ空間の額縁 骨組み立方体。 それを包む閉じた波線の外に、 1つだけしか貴殿の身体ないハズなんだけど、 観察するときの視線方向を持っていない状態。
timekagura @timekagura
線路慣性系から動く列車内の 「光時計筒床を出発する光子」情景や 「光時計筒天井に到着する光子」情景を見るというんだが、 どこから見たのか言及せずの 立ち位置不明な、 机上の空論してた 特殊相対性理論解説本。の、数々。
timekagura @timekagura
じゃ、立方体的部分空間のイメージ空間に対して 日常空間で、箱に入れた注目対象を見るとき、 見る方向ってのが、生じるよね。 同じ看板 撮影したんだけど、 今度は、看板に対して 正面。
timekagura @timekagura
カメラアイは、具体的空間位置が在(あ)る。 線路慣性系だ、列車慣性系だのじゃなく、 線路のどこから見たか。 列車内のどこから見たのか。
timekagura @timekagura
線路に対して、列車が動いてるかどうか。。。 あとで考えればいい、どうでもいいこと。重要なのは 線路内の踏切に立ってるのか、線路外に立ってるのか。 列車内の座席番号と、見る方向。 具体的にして 日常空間のカメラアイ位置から時刻分析する。
timekagura @timekagura
立方体骨格と ピラミッド骨格 この2つだけを頭の中でイメージする。 pic.twitter.com/s4jY7bopkR
拡大
拡大
timekagura @timekagura
立方体骨格の内側空間に ピラミッド骨格を入れて、 立方体骨格と ピラミッド骨格の 相対速度0をイメージする。 pic.twitter.com/R1iYQUYtIJ
拡大
残りを読む(11)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする