2019年4月3日

そろそろ日本語教材もサブスク対応にしたら?

さすがにメイン教材はやってるとこほぼないと思いますが、副教材に関してはまだまだコピーが横行してる国内日本語学校。著作権を守りつつ、使い勝手をアップさせるサブスクリプションモデルの導入はいかが?一課単位で購入できて価格も手頃なら、紙の本とCDで運用するもっさりした著作権保護より売る方も買う方も便利になると思うよ。
1
あひる(Sachiko Ishino)🏳️‍🌈 @ahiru5963

執筆者の思いとは異なると思うが、聴解教材などを1課単位でダウンロードして買えたらと思うことがある。まるまる一冊いらない。または学校用にボリュームに応じて値引きがあるサブスクリプションモデルとか。いまだに横行するコピーをやめさせるためにも有効では。

2019-04-02 16:20:17
あひる(Sachiko Ishino)🏳️‍🌈 @ahiru5963

テキストは印刷できない、再生は期限付き、などの制限をつければ権利は守れるのでは。各学校が著作権についてとくに考えなくても法を侵さないで済む形での販売を。ICT化も一気に進む。

2019-04-02 16:22:05
あひる(Sachiko Ishino)🏳️‍🌈 @ahiru5963

間もなく令和。平成・昭和は過去のこと。 現状で日本語学校が出版社教材を法令を遵守して電子化するとしたら学生の人数分テキストを買い許可をもらって紙の本とCDは保管(or再利用不能な形で廃棄)がベストかもしれない。でも紙が無駄だし保管コストもかかる。もっとスッキリした方法へのシフトを。

2019-04-02 16:46:13
あひる(Sachiko Ishino)🏳️‍🌈 @ahiru5963

生徒に本買わせたらクレームになるとか、学校がやっていけない?そんな学校は潰れてしまえ。でもそうなるのを防ぐために、日本語学校は買いやすいパッケージングをベンダーに提案していくべき。黙ってコピーする学校が本当に潰れる日は来る。みんなが良くなるよう知恵を使おう。 twitter.com/ahiru5963/stat…

2019-04-03 11:32:23
あひる(Sachiko Ishino)🏳️‍🌈 @ahiru5963

こういう話をすると、じゃあ凡人社や日本語ブックスみたいな専門書店はどうなるのと言いだす人がいる。キュレーター兼代理店になって凡人パック初級編とか、凡人パック鉄人編とか、組み合わせたお得価格で日本語学校に提案する。在庫しまう場所もいらないよ。そしてこの業務、個人でも参入可能。

2019-04-03 12:11:30
あひる(Sachiko Ishino)🏳️‍🌈 @ahiru5963

日本語教師のフリーランス化というとワシは不勉強なのでオンラインレッスンかプライベートレッスンかアフィブログくらいしか目にすることがないが、DRMで保護された教材を独自のモデルカリキュラムとセットにして売るというのも今後十分商売になると思う。

2019-04-03 12:15:21

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?