128

マルモ(星海社) @seikaisha_maru
#平成ラノベを振り返る 『ブギーポップは笑わない』 中学校の図書室に唯一あった電撃文庫。僕のライトノベルはたぶんここから。お気に入りはVSイマジネーターとペパーミントとエンブリオとハートレス・レッド。霧間誠一の言葉に痺れ続けてます。パブリック・エネミー・ナンバーワン。 #平成ラノベ pic.twitter.com/tGM2DGpDoh
 拡大
マルモ(星海社) @seikaisha_maru
#平成ラノベを振り返る 『鳥籠荘の今日も眠たい住人たち』 高校の図書室には『キーリ』も『クロノ×セクス×コンプレックス』も壁井さんの作品すべてあったけれど、これがいちばん好きでした。傷と歪みを抱えた人たちがつながる短くも長くもない一時。キズナの脆さ強さがずっと愛おしい。 #平成ラノベ pic.twitter.com/7V5l77fYrH
 拡大
マルモ(星海社) @seikaisha_maru
#平成ラノベを振り返る 『塩の街』 『植物図鑑』も『図書館戦争』も読んだなぁ、でも元を辿れば「自衛隊三部作」から。読んだ頃はまったくSFを読んでなくて、人が塩になるって現象にけっこうわくわくした記憶。あと文庫の『空の中』の解説をきっかけに新井素子さんを読み始めました。 #平成ラノベ pic.twitter.com/BRLoBsMIod
 拡大
マルモ(星海社) @seikaisha_maru
#平成ラノベを振り返る 『我が家のお稲荷さま。』 お稲荷さまと兄弟の現代ほのぼのライフ。天狐空幻って響き好き。コウちゃんかわいい。あと佐倉は応援したくなる。お稲荷さまはヒロインというより昇と透の兄弟を見守るポジション、その長閑さと切なさが素敵なのです。1巻ラストは泣く。 #平成ラノベ pic.twitter.com/UtBEceGFzi
 拡大
マルモ(星海社) @seikaisha_maru
#平成ラノベを振り返る 『悪魔のミカタ』 カバーの眉が凛々しい女の子かわいいですよね。1巻で死にます……主人公は悪魔の代行者として他人の犠牲を厭わず恋人だった彼女を蘇らせようと試みる。『紫色のクオリア』も好きですが、このシニカルなシリーズは僕のポップ&サイコの原点です。 #平成ラノベ pic.twitter.com/R1dgl8G9Dg
 拡大
マルモ(星海社) @seikaisha_maru
『悪魔のミカタ』と『戯言』が出てた時代ってなにが起きてたんでしょうね。僕が高校生だったのは2009〜2012年。5〜10年くらい高校の図書室が世間から遅れてたからゼロ年代を後追いで享受したという怪我の功名。あと揃ってた電撃文庫なんて『僕の血を吸わないで』くらいでした。 #平成ラノベを振り返る
マルモ(星海社) @seikaisha_maru
#平成ラノベを振り返る 『電波的な彼女』 裏十三家の伝奇バトルを描く『紅』に対して、この作品に登場するのは平凡な人間ばかり。なのに、起こる猟奇事件の醜悪さと後味の悪さは際立っていて、この日常は歪んでいてその破綻はいつでも非日常に転じるのだという世界観を提示してくれた。 #平成ラノベ pic.twitter.com/Py4IRFissb
 拡大
マルモ(星海社) @seikaisha_maru
裏十三家は字面だけで「カッコいい!」ってなる。 歪空(ゆがみそら) 堕花(おちばな) 斬島(きりしま) 円堂(えんどう) 崩月(ほうづき) 虚村(うつろむら) 豪我(ごうが) 師水(しみず) 戒園(かいえん) 御巫(みかなぎ) 病葉(わくらば) 亞城(あじょう) 星噛 #平成ラノベを振り返る
マルモ(星海社) @seikaisha_maru
#平成ラノベを振り返る 『銀盤カレイドスコープ』 「女帝」リアという確固たるナンバーワンが君臨するフィギュア界で、桜野タズサとライバルたちが各々に情熱や葛藤、無念と挫折を抱え、華々しく火花を散らす氷上。名演技連発のオリンピックと世界選手権のフィナーレは熱すぎでした。 #平成ラノベ pic.twitter.com/9y3Y6Tqb59
 拡大
マルモ(星海社) @seikaisha_maru
#平成ラノベを振り返る 『イリヤの空、UFOの夏』 高校の入学式、生徒会長の挨拶が「6月24日は何の日か知ってますか?(…)みなさんはそんなことも知らないのです、これから勉強してください!」というイキった感じで「全世界的にUFOの日だよ、知ってるよ」と僕は内心イキり返していた。 #平成ラノベ pic.twitter.com/oPEHjQnaDG
 拡大
マルモ(星海社) @seikaisha_maru
#平成ラノベを振り返る 『GOSICK』 日本人留学生・久城をワトソン役に安楽椅子探偵・ヴィクトリカが謎を解くジュブナイルミステリ。些細な日常の不思議から国家の陰謀まで、大戦間のヨーロッパを巡る冒険譚としても最高。武田日向さん装画の富士見ミステリー文庫版を頑張って集めてた。 #平成ラノベ pic.twitter.com/e7BBHHBYOb
 拡大
マルモ(星海社) @seikaisha_maru
『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』と迷ったんですが『GOSICK』にしました(なんとなくお一方1作品にしようとしてます)。少女小説系は別作品を後々あげてきます。 #平成ラノベを振り返る
マルモ(星海社) @seikaisha_maru
#平成ラノベを振り返る 『楽聖少女』 「『さよならピアノソナタ』挙げるんでしょ?」と思われてそう(誰にだよ)なので外しました。高校生がメフィストフェレスによりゲーテに転生させられベートーヴェンを名乗る少女と出会う、なんて悪魔的なプロットがおもしろくないはずない、傑作。 #平成ラノベ pic.twitter.com/Jv3d9fmi1R
 拡大
マルモ(星海社) @seikaisha_maru
#平成ラノベを振り返る 『境界線上のホライゾン』 高校生の時から昨年までずっと新刊が楽しみでした。何であんな奇想天外で精密な世界観を表現できるのか。何であんな自在に号泣と爆笑を繰り出す言葉を編めるのか。小説ってすごいと思える破格のエンタメ(『終わクロ』も好きでした)。 #平成ラノベ pic.twitter.com/5xE8a75Uod
 拡大
マルモ(星海社) @seikaisha_maru
#平成ラノベを振り返る 僕は高校生の時までに読んだ作品縛りで選んでます。
マルモ(星海社) @seikaisha_maru
#平成ラノベを振り返る 『ムシウタ』 異能力バトルものでこの作品は外せません。ささやかな祈りも浮世離れした望みも等しく散っていく少年少女たちの「願い」をかけた闘争。己のすべてを尽くしながらあまりにあっけなく舞台を降りるキャラクターたち(戌子……)。最後まで鮮烈で痛切。 #平成ラノベ pic.twitter.com/p6F6Ax9lVr
 拡大
マルモ(星海社) @seikaisha_maru
#平成ラノベを振り返る 『Missing』 甲田学人さんは僕のホラー&メルヘンの原点。蛆虫の群れが蠅に羽化して悪魔の姿を取る描写とか、悍ましさは度を超すと神々しさに変わることを知りました。青春小説としても切ない。自分が無くなるとわかって告白する稜子が痛ましすぎて忘れられない。 #平成ラノベ pic.twitter.com/ydWcNCEEST
 拡大
マルモ(星海社) @seikaisha_maru
#平成ラノベを振り返る 『わたしたちの田村くん』 思春期の無常と空想、子どもな自分と大人への怒り、家族の断絶と繋がり、好きなひとへ届かんとする感情の奔流、『とらドラ!』から『あなたはここで、息ができるの?』まで、竹宮さんが描くもの全ての萌芽が詰まった最強のラブコメ。 #平成ラノベ pic.twitter.com/LamF8sVQ7a
 拡大
マルモ(星海社) @seikaisha_maru
#平成ラノベを振り返る 額賀さんのふぁぼを励みに続けて2週間、アイマくん(@lnkb1)と僕とふたりだけのスタートでしたが、段々このタグ使ってくれるひとが増えてきて嬉しいです。
マルモ(星海社) @seikaisha_maru
#平成ラノベを振り返る 『狼と香辛料』 齢数百を超える賢狼の孤独と感情の揺らぎを閑かに確かに描写して見せた文章にひたすら瞠目してきました。商戦とラブロマンスが重なる3巻の黄鉄鉱の決闘は秀美。名残は尽きないけれど、ホロとロレンスの旅の終わりを見届けられたことが幸せでした。 #平成ラノベ pic.twitter.com/11f74eALcq
 拡大
マルモ(星海社) @seikaisha_maru
#平成ラノベを振り返る のツイート、秋野ソラさん(@akinosora_ )がまとめてくださいました→(togetter.com/li/1338086)。ありがとうございます(^^) 僕とアイマくん(@lnkb1)は平成が終わるまで、引き続き1日一冊ピックアップしていきます!
マルモ(星海社) @seikaisha_maru
#平成ラノベを振り返る 『銀の海 金の大地』 ある作家さんが母校だからと自著を寄贈しに通っていた高校へ来てくれたことがあり、そのひとが影響を受けたと語っていたことからコバルト文庫に着手しました。その中で氷室冴子さんは頭でっかちな自我に血肉を、身体を与えてくれた作家です。 #平成ラノベ pic.twitter.com/oZTa3NK7U6
 拡大
残りを読む(349)

コメント

矢吹 @yabukisyou 11日前
ここ数年ラノベを呼んでないけど、こういうのを見ると、また読んで見るかあという気持ちになる
Hacchi @2mocccck 11日前
懐かしいなあ… 表紙買いして壮絶に爆死したのも今になってはいい思い出。富士見ファンタジアとかは読むだけで目が潰れるような文章の作品(伝勇伝とか)も普通に発売して人気シリーズに育ててたよね。一般小説にはない楽しみ方ができた。
kata_game @kata_game 11日前
そうか、ラノベの走りだった「スレイヤーズ」「ロードス島戦記」「ノベライズ版ガンダム」は昭和か……朝日ソノラマ文庫と角川スニーカー、富士見ファンタジアぐらいだったなぁ、広く見れば大陸書房あたりも入るのかな。新書だけど
ろんどん @lawtomol 11日前
「ハルヒ」が新装版で出ているのを見て、なんとも言えない感慨があった。
山本弘 『BIS ビブリオバトル部』 @hirorin0015 11日前
まだ、ここにあげられてる作品の10分の9は読んでない……。
gaba @gaba107 11日前
吉永さん家のガーゴイルが好き
中崎まこと @makutu555 11日前
スタージョンの法則から云えば9割はクズ・塵・糞なので読んでいなくても問題ない(=読んだことのある9割は・・・だね)。
かつ丸 @katumaru8000 11日前
ハルヒ、とある、物語シリーズ、マリ見て、この辺りが自分にとって平成を代表する作品だな。 昭和時代では新井素子。
かつ丸 @katumaru8000 11日前
しかし、こういうところにもの欲しそうに顔を出す小説家がいるのがなんとも、、、
M鶏肉店 @ichigotosubuta 11日前
kata_game バジリスクの元ネタの山田風太郎先生の伝奇物、ウルフガイや幻魔大戦の平井和正先生、グイン・サーガの栗本薫先生ら諸作品がその時代のラノベに相当する物だったように感じます。
呉紋@おっさん @gomonz 11日前
出てきた8割ぐらいはアニメ化されてる印象。平成のサブカルにラノベは欠かせないね
苺花見に欲をかけたらラッキー7 @adgjmpt_1011110 11日前
昭和と平成の狭間を生きてきた30代としては、まず「これは昭和?平成?」と確認する作業が必要になる哀しみ。
苺花見に欲をかけたらラッキー7 @adgjmpt_1011110 11日前
ジャンプ ジェイ ブックスの「まずは一報ポプラパレスより」好きだったなぁ。巻頭ページがカラーの漫画になってた。
ブラキストン線の向こう側 @cupsoup2 11日前
スレイヤーズは平成元年だからまさに平成ラノベのはずなんだけど、なぜか昭和括りされてる感が
@taiheyou 11日前
ROと間違えて安井健太郎のラグナロクを買ったのがきっかけだったかな。初めてオーフェンの長編読んだときはアニメ版のギャグテイストがほとんどなくて驚いた覚えがある。
やし○ @kkr8612 10日前
「旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。」 この作者、この一冊しかないってあまりに勿体無い作品の個人的平成ナンバーワン #平成ラノベを振り返る
Ukat.U @t_UJ 10日前
kata_game ロードスはギリギリ昭和ですけど、スレイヤーズは平成ですよ。こういうの、大概自分の体験しか掘り起こさないし、平成元年が結構昔なのが忘れられがちですが、スニーカーの創刊が平成入ってから。昭和の頃はライトノベル前史と言う感じであって、ライトノベルはまさに平成とともに始まったと言って良いと思いますよ。
y89さまようサボテンダー @y89Huffman 10日前
アリソン リリアとトレイズ メグとセロンは 結構長編だったなぁ… ファイアーエムブレムの封印の剣 烈火の剣   聖魔の光石はラーチェラルかわええ ガンパレードマーチは東京での内乱は覚えてる
文里 @wenly_m 10日前
まとめのタイトルをコレにするのなら、まとめ主は年代ごととかなどジャンル分けして読みやすくして欲しいかも。自分でするのが面倒なら、編集可にして利用者に頼るとか。
れて @leght0 10日前
スレイヤーズはドラゴンマガジン初掲載が平成元年で初巻が平成2年なので平成かと。平成ラノベを振り返るならまず取り上げないと話が始まらないと思います。
れて @leght0 10日前
それはそうとタイムリープ~あしたはきのう~は個人的にラノベ一二を争うデキだと思うのにこういうとこではなかなか取り上げられなくて残念
グレイス @Grace_ssw 10日前
今も思い出すのは単巻だと猫の地球儀。シリーズではガープス妖魔夜行かな。ジャンルだとファンタジーではルナヴァルガー、SFだとシャドウラン、ハーレムものの王道だったセイバーマリオネット(天地はたぶん昭和枠)あたり? 他に挙がって無さそうなのは魔術師オーフェンとか、クリスタニアとかかなあ。蓬莱学園は昭和だよね? 懐かしいなー。
tako @tako6502 10日前
ブラックロッドという業界受けはクソ高いくせに世間的な知名度はイマイチな怪作…
eiwaziten(xbox タグ) @eiwaziten_01 10日前
蓬莱学園シリーズは平成だった。ひょっとして俺は昭和に最新刊が出た小説を平成の30年間待ち続けたのかと震えたが、調べたら20数年待った程度だった。
俄丸。 @NIWAKA_0 10日前
「ジュブナイル小説」が「ラノベ」に変わったのは、いつ、どこでだろ??
ティルティンティノントゥン @tiltintninontun 10日前
NIWAKA_0 私見で穴だらけだとは思うけど、私が読んでいたジュブナイル小説って横溝正史、眉村卓、筒井康隆とかなんですが、大人の小説を書く人が出版社の注文で学生や子供が主人公の小説を書いていた、そういうのを読んで、デビュー作から少年少女が主人公な小説を書く作家が出てきてラノベになった、でしょうか。
ken1 @ver_b_ken1 10日前
いろいろ読みたい
みすとりえ @hajihaji0777 10日前
ウィザーズ・ブレインはあるけどMissingまだ電子書籍ないから出てほしい 後あんまり知名度ないけどEMEも面白い
やし○ @kkr8612 10日前
「憐 Ren」とかも好きでしたねえ多分そんなに売れてないと思うけど。そういえばこれ挿絵がシギサワカヤだ。すっかり楽園を代表する漫画家になってるので挿絵の仕事は珍しいかも
kaworu @KaworuKaworuel 10日前
tako6502 ブラックロッド三部作はラノベBEST5に入るんだけど 、なんか受け悪いよね。呪術系サイバーパンクとか最高じゃん「圧唱(クライ)、圧唱(クライ)、圧唱(クライ)」
あひる13 @ahiru_sniper 10日前
冴木 忍さんも平成に入れてください。「卵王子」や「星の大地」など
こぐ @kogkangf 10日前
初手からブギーポップが中学の時って話で物凄い世代の隔たりを感じて、勝手にダメージ受けてる
フローライト @FluoRiteTW 10日前
懐かしい。 そして、どうやらフォーチュン・クエストがまだ続いているらしいという事に驚愕。スレイヤーズみたいな中断を挟んでいないで。 きっともうレベル20くらいになってるんだろうな、ハハハ。
フローライト @FluoRiteTW 10日前
KaworuKaworuel ほんと電撃大賞の初期作家はバケモノ揃い……
@nikoneko99 10日前
ハートレスレッド私も好き!いいよねあれ
やし○ @kkr8612 10日前
電撃ゲーム小説大賞(昔はこんな名前だった)時代の最後のほうだと沖田雅も好きなんですよね。この時は大賞と金賞がどう考えても相手が悪かった(大賞「塩の街」と金賞「我が家のお稲荷さま。」に勝つのは中々難しい)けど、「先輩とぼく」はゲラゲラ笑いましたよ(シリーズの次巻以降も面白いんだけど、内容的には1作目で出落ちとして完結しててどうしても蛇足感がある)。オオカミさんシリーズの面白さと熱さは言わずもがな #平成ラノベを振り返る
HWS Mk-1 @HWShosii 10日前
林トモアキとムシウタと川上稔が結構入ってるの嬉しいね、9Sとかカオスレギオンとかも好きでした。それはそうとA君(17)の戦争とデビル17の続きはまだですかね…? #平成ラノベを振り返る
tako @tako6502 10日前
KaworuKaworuel ガチなサイバーパンク文脈で書かれているから予備知識のない読者は咀嚼しきれないってことなんでしょうかね。自分はそういうの全くしらない中学生ぐらいの頃に初めて読みましたが、なんかあきらかにヤバいものを読んだってことだけははっきりと感じましたですね
ごんべえ @no_name_man_ 10日前
あかほりさとる、神坂一、吉岡平が印象深いなあ。ロードス島はシリーズの始まりが昭和でも、人気が高かったのは90年代なんで平成のイメージやわ。
ナコ @nako_harunatu 10日前
平成ラノベというとスレイヤーズ、ブギーポップ、ハルヒ、SAO、なろう系辺りで時代の区切りがあるイメージだなぁ。
aitsuki @aitsuki2 10日前
NIWAKA_0 平成半分くらい過ぎた頃は、まだ本屋でも「ライトノベルコーナー」という名称はあまり使われてなかった気がする(そういう言葉自体はあったが普及はしてなかった) 世間の認知ではいつ、どこでというより、過渡的だったのかと
barubaru @barubaru14 10日前
ろくごまるにが病に倒れなければラノベ史は変わっていた
磯辺焼き @isobe_iso89 10日前
Grace_ssw 妖魔夜行は「棒」が好きでなーと書いたがまさかの作者が hirorin0015  SNEというか卓ゲ系は完結する作品が少ない感じが玉に瑕
障子Δ4/28青海B タ78b @fusumagoten 10日前
ものすごく超大雑把に言うとジュブナイルは昭和、ラノベは平成って印象 ミラージュ以前の新井素子や氷室冴子あたりのコバルト文庫はまだジュブナイル小説って呼ばれてたような気がする。あと背表紙が黄緑時代のソノラマ文庫も
グレイス @Grace_ssw 9日前
isobe_iso89 妖魔夜行は俺の怪異や妖怪に対する考え方を改め、体系化してくれたものすごく大きなウェイトを持つ作品ですね。作者諸氏に感謝です。
有希猫tale @ayano_fox 9日前
紫色のクオリアがなかった
磯辺焼き @isobe_iso89 9日前
神坂一作品だと日帰りクエストが、異世界転移/転生もののテンプレ外し的作品でした。スレイヤーズも当時のハイファンタジー作品に対してそういった所があったらしいですが
Kanna☆ケンタウロス @ospf_area0 8日前
富士見ファンタジア大賞受賞作でありながら完結してなく、続編を書くことを条件に刊行されたのに続編が出なかった「風の白猿神(ハヌマーン)」は、平成ラノベの異端児。(まとめに入ってる?)
Ukat.U @t_UJ 8日前
ospf_area0 一応完結してるけど水無月ばけらも小説は受賞作の「友井町バスターズ」一作でしたね。あれも独特の雰囲気がありました。あとがきで周辺設定が色々あるような事を書いてましたが続き出ませんでしたね。
フローライト @FluoRiteTW 8日前
ジュブナイルとラノベの間にYA(ヤングアダルト)があることを忘れてはいけない。用語としては残っていても普及していないのは字面がキャッチーでは無かったせいだろう。
フローライト @FluoRiteTW 8日前
あと妖魔夜行は稀文堂を焼いた奴の罪を忘れてはいけない。誰とは言わんが。令和になっても罪は消えぬ。
御来屋水瀬@週刊少年王者はいいぞ @mikuriya_m 8日前
妖世紀水滸伝がギリギリ平成枠(1巻が平成2年/1990年2月発売)で少し安心した()
spin_out @spin_over 7日前
日日日の前後ってなんかライトノベル全体が沈んだ感があってだな(風評被害)
in @in1019269611 4日前
懐かしいの色々出てますな…。ここに出てないものをあげるとレンズと悪魔、薔薇のマリアとかも好きだったなあ。
いつき @ituki_s 4日前
大陸書房の文庫あったよね?って調べてみたらネオファンタジー文庫というのが存在してました。エフェラ&ジリオラはもとはここだったんだな。
spin_out @spin_over 3日前
大陸書房は、ライトノベル系では、茅田砂胡をメジャーデビューさせたことが最大の実績かなと。奇想天外社(SF雑誌の小説奇想天外発行元)の頃に新井素子、夢枕獏、山本弘をデビューさせてるので、ラノベに対する貢献(?)は高いよね。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする