10周年のSPコンテンツ!
57
竹中平蔵 @HeizoTakenaka
30年で大地震の確率は87%・・浜岡停止の最大の理由だ。確率計算のプロセスは不明だが、あえて単純計算すると、この1年で起こる確率は2.9%、この一カ月の確率は0.2%だ。原発停止の様々な社会経済的コストを試算するために1カ月かけても、その間に地震が起こる確率は極めて低いはずだ。
funuu @funuu5
なるほど RT @HeizoTakenaka: 30年で大地震の確率は87%・・浜岡停止の最大の理由だ。確率計算のプロセスは不明だが、あえて単純計算すると、この1年で起こる確率は2.9%、この一カ月の確率は0.2%だ。原発停止の様々な社会経済的コストを試算するために1カ月かけても
@ideadokan
@HeizoTakenaka いや、今すぐ停止すべきです。人の命はお金に変えれません。
yui @rottyoppa
@HeizoTakenaka 災害を確率で語る方がどうかしている。政府の批判ばかり。
ikeuchi masato @ikeuchimasato
@HeizoTakenaka #saigai #seiji単純計算過ぎます。RT:30年で大地震の確率は87%・・浜岡停止の最大の理由だ。確率計算のプロセスは不明だが、あえて単純計算すると、この1年で... http://tinymsg.appspot.com/0D91
kk @k2fht
@HeizoTakenaka 確率が減価償却されてますよ 笑
yota murotani @muroyanyan
@HeizoTakenaka え、そんな高確率な予想がでてたの、、
sakura23go @sakura23go
@HeizoTakenaka 竹中さん、福島原発処理の作業員が足りないのに87%の確率で危険な浜岡を停止させえない理由などありません。経済学者は、数字が気になりませんか。地震学者は当然のこと。経済学者は、福島原発の処理を手伝いにいってあげてください。
t.t.t.t.t.t. @T3tryt
凄いことをおっしゃいますな。 RT @HeizoTakenaka 30年で大地震の確率は87%・・浜岡停止の最大の理由だ。確率計算のプロセスは不明だが、あえて単純計算すると、この1年で起こる確率は2.9%、この一カ月の確… (cont) http://deck.ly/~zyMd8
石原俊行 @itoshi555
[竹中平蔵氏] 人口問題と貧困や食糧の問題はどうなるのか? http://wis.to/iALU0A 2100年には世界人口101億人の推測もあるが、この記事に考える軸が示されていた。人口は資産か負債か?マルサルの人口と食糧の増加率の違いに着目する見方
とーるちゃん @zepp_123
@HeizoTakenaka 失礼します。その計算はおかしいのではないでしょうか? 確率は今日でも明日でも30年後も同じかと。先生の論には100%同意なのですが
細川栄一 未来創造志塾長 @hosokawaeiichi1
計算式がおかしい。 87%を30年で割るー理屈に合わない! RT @HeizoTakenaka http://tl.gd/ac29or
@masamifujimaki
愚かな経済学者が言いそうなゴタク。では福島原発の災害が発生する確率は何パーセントだったのでしょう? RT @HeizoTakenaka この一カ月の確率は0.2%だ。原発停止の様々な社会経済的コストを試算するために1カ月かけても、その間に地震が起こる確率は極めて低いはずだ。
無限への憧憬 @livelylifeline
数字だして国民を不幸にするな。 売国奴。 RT @HeizoTakenaka: 30年で大地震の確率は87%・・浜岡停止の最大の理由だ。確率計算のプロセスは不明だが、あえて単純計算すると、この1年で起こる確率は2.9%、この一カ月の確率は0.2%だ。原発停止の様
@ibaichi10
@HeizoTakenaka 無意味な計算。バッターはシーズン終了間際にヒットを打てばよいと言っているようなもの。
稲場圭信 @inabakeishin
@HeizoTakenaka 危機管理の観点から賛同できない。87%を30年さらに12カ月に分節化することの問題。このようなリスク管理の発想ならば常にリスクは極めて低いとされ放置される。それが今までのあり方だ。
ドラゴンブルー @takky40
あのね、明日起きることもあるんだよ RT @heizotakenaka:...
ごいけんばん @iinooffice
えええ!竹中氏ともあろう人がそんなめちゃくちゃな計算していいの? RT @HeizoTakenaka: 30年で大地震の確率は87%・・浜岡停止の最大の理由だ。確率計算のプロセスは不明だが、あえて単純計算すると、この1年で起こる確率は2.9%、この一カ月の確率は0.2%だ。
shu-h @silvermane27
@HeizoTakenaka  おはようございます。取りあえずの安心が及ぼす経済効果も在ると想うんですよねぇ。
MBA Designer Tomoyuki Nakayama / 中山兮智是 @happybongo
仮に、スマトラ島沖地震を例に挙げるならば、M9.1の3ヶ月後にM8.6、その後1年おきに大震災クラスの地震が頻発しています。プレート型地震は他のプレートに影響を齎すことを考慮するならば、緊急的な措置は妥当であると私は考えます。 RT @HeizoTakenaka 30年で大地震の
はせちゃん先生(しげぞう先生) @hasechan6253
しかもこの数字自体の確からしさが疑問です。 RT @HeizoTakenaka: 30年で大地震の確率は87%・・浜岡停止の最大の理由だ。確率計算のプロセスは不明だが、あえて単純計算すると、この1年で起こる確率は2.9%、この一カ月の確率は0.2%だ。原発停止の様々な社会経済的コ
@datemenitter
@HeizoTakenaka 確率を日数で割るのは論理的ではない。算数習いましたか?というかわざとこんな事を書くのは嘘つきと同じです。地震が起こるまで毎日87%という意味です。※現時点で。しかも0.2を少ない可能性として見る事は政治にあってはならない。
lanikai @la2kai
@HeizoTakenaka 経済学者が、そんな稚拙な計算してて良いのですか?素人でも計算がおかしいことは分かりますよ。
残りを読む(235)

コメント

@higuma2130 2011年5月10日
くそわろた。経済学者の元経済財政政策担当、金融担当大臣様が87%のリスクを30年で割ってさらに12ヶ月で割るとか、家賃の日割りじゃあるまいしw
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado 2011年5月10日
この竹中アカウント、ツイッター始めたころからフォローしているけど、成り済ましアカウントにしか見えないんだけど。
🍁momijipan🍞 @momijipan 2011年5月10日
で、結局正しい答えはどうなの?
本中生一 @ymn 2011年5月10日
なりすましって誰かいってくれよwww
magunajio@日本の財政再建完了 IMF公認 統合政府資産1450兆円 負債1450兆円 @magunajio 2011年5月10日
30年内に87%って、30年内はいつでも87%の確率ですが。 30年内以内なら時間の経過は、確率を変動させません。 竹中、恥ずかし過ぎる。
高千穂 伊織 @t_iori 2011年5月10日
日割り計算もおかしいけど、「地震が起こるまで毎日87%」「87%のリスクが30年間続く」もおかしい。「30年で87%」であって「明日87%」じゃない
サミュエル・L・ブロンコヴィッツ @dragon_smile 2011年5月10日
デジパチ打って喰ってる人に笑われるレベルの確率論。
magunajio@日本の財政再建完了 IMF公認 統合政府資産1450兆円 負債1450兆円 @magunajio 2011年5月10日
竹中先生「あえて単純に」と逃げを打っていたが、逃げ道にはならない。 残念w
高千穂 伊織 @t_iori 2011年5月10日
30年以内に8割の可能性で自身が来るから対策をと言うのは分かるけど、明日にも8割の確率で自身が発生するんだぞ、というのはただの煽り。いつでも87%じゃなくて30年以内で87%のはず。
高千穂 伊織 @t_iori 2011年5月10日
@magunajio 時間の経過は確率を変動させます。明日発生の確率が87%なわけがない。
Takayoshi Urushio @urushio 2011年5月10日
そもそも「30年で大地震の確率は87%」が元々どういう意味で言われているのか分からないとdisりようもないんだけど…違うの?
まえしん @maesh1n 2011年5月10日
なんで竹中氏 @heizotakenaka がアホ呼ばわりされるのかさっぱり分からん。「ひと月しっかり議論をしたとして、そのひと月伸びた間に東海地震が起きる確立は極小だ」っていう話に何故か発狂中のツイ民(笑
Toru KAWAMURA @tkawa 2011年5月10日
結論がどうあれ、過程でアホのような間違いをしていたらアホ呼ばわりされるのは当然です
高千穂 伊織 @t_iori 2011年5月10日
最初の日割り計算に吹いたらツッコミの方の計算がフラットで余計に吹くという稀有な体験。「87%が毎日」だったら、1―(23%*23%)で明後日には94%越えない?
udnkui @udnkui 2011年5月10日
30年以内に地震が起こる確率が87%なら30年一度も地震がおこらない確率は13%。一年に換算すると0.13=x^30でx=約0.93。一年以内に地震が起こる確率は約7%です。ただし時間によって確率分布が均一だったら。
sironekotoro @sironekotoro 2011年5月10日
確率ってこういうふうに計算するものだっけ・・・?脱税とか自身の専門分野だけ語ればいいのになぁ・・・
江尻イプール牛之輔 @YPOOLcoKug 2011年5月10日
何かつぶやきに自著の宣伝混ぜてる人が「竹中平蔵って、ゆとり教育世代?」とか言ってるけど、ゆとり教育世代に失礼だ。
udnkui @udnkui 2011年5月10日
地震が起こる確率が毎年1.1倍になるとした時、1年以内に地震が起こる確率は約1.2%。毎年1.5倍になるとしたら1年以内に起こる確率は約0.0004%。
荒牧護 @arainmonk 2011年5月10日
元の計算が良くわからんからなんとも言えないはずなんだけどなぁ。
udnkui @udnkui 2011年5月10日
地震の確率分布はポアソン分布を使ってるらしい。めんどくさ。やめた。
鞘次郎(sayajirao) @sayajir 2011年5月10日
ポアソン分布はおいといて、できるだけ単純に計算してみよう。87/100 = 1-(1-6.57/100)^30 = 1-(1-0.57/100)^360 よって、1年では6.57%、1ヶ月では0.57%となる。で、仮にこの確率で地震が起こり、地震が起こると5%の確率で100兆円の負債が発生するとすると、1ヶ月運転しながら考えるのは285億の損失。この数字を安いと見るか高いとみるかだ、と竹中平蔵センセは仰りたかったのだと思う、たぶん←←
Takayoshi Urushio @urushio 2011年5月10日
親切なしとに教えてもらって納得した。確率分布が一定なら直近1ヶ月以内に発生する確率は約0.6%。時間が立つほど確率が高くなっていく想定ならもっと低くなる、と。
inazakira @inazakira 2011年5月10日
sayajirさんに先をこされちゃった(笑)。でも折角なので…。 あくまで地震の発生確率が一定と仮定した場合の話。その確率をxとするとn期間で一度も地震が発生しない確率は(1-x)^nとなる。30年間で一度でも地震が発生する確率が87%であるのだから、1-(1-x)^30=0.87となる。これより1年あたりの地震発生確率はx=約0.066(6.6%)。同様に1ヶ月あたりの地震発生確率はx=0.0057(0.6%)。しかし地震は地盤が動いたエネルギーが蓄積されて発生するというメカニズムからこの仮定は成り立た
ぶんぶく @darkveil777 2011年5月10日
突っ込みを入れてる殆どの人が正しい計算を示せてないことに苦笑すべきか?
@tkstf_artemis 2011年5月10日
極端にいって「1年のあいだで大地震が起こる確率が100%のとき明日大地震が起こる確率(大地震は1回しか起きないとする)」みたいな事が言いたかったんじゃないのか
石井 亮人 @akitoishii 2011年5月10日
こんな奴を国家の要職に就いている事自体間違い。 さっさとクビにするべき。
@okazu_ja 2011年5月10日
1年間に地震が発生する確率を実際に計算してみたけど、2割近くあった。
Jun Окаdа @ojunn 2011年5月10日
近似計算なら30で割るのはそんなにおかしくない。pが十分小さくてnが十分大きいなら (1-p)^n≒1-np だから。「あえて単純計算」というのはそういうことなんだろう。
さいたまさいたま(色々システム作ってるよ) @saitamasaitama 2011年5月10日
累乗平均なら一カ月0.56%だけど、2011年5月と2031年5月の地震発生確率が同じなわけないので、適当に角度をつけてやるとすると割と0.2ってのは正しそうな数値として機能すると思うんだけどね。
infobloga @infobloga 2011年5月10日
本題(確率の評価)はさておき数字についてだけ言うと、1年で6.6%、1カ月で0.57%。3倍くらい違うんだけど…。高校1年生レベルの計算です。
nwoyoshi @nwoyoshi 2011年5月10日
論旨を外して確率計算の話ばかりになっているのは何かの意図なんだろうか?元発言はどう見ても1ヶ月ぐらい時間掛けてリスク査定する話にしか見えないのだが・・・
@miwamuku 2011年5月10日
「無知な人同士が互いに勘違いを肯定しあって不思議コンセンサスが形成されていく」という現象の典型的な一例。30年以内に大地震が発生する確率87%で、発生確率が時間に対して独立なら、竹中氏の計算で十分近似可能。興味がある人はポワソン分布で検索しましょう。
ゴイスー @goisup 2011年5月10日
原発が「一瞬で」完全廃炉出来ない限りこの計算は何の意味も持たないよ。停止中もリスクはあるんだぜ? 1年単位で確率計算する事には全く意味が無いでしょうが。
Tatsuro @ttrtzr 2011年5月10日
竹中平蔵の計算のトンデモさはともかく、地震(に限らず自然現象)の起こる確率は正規分布ではなく、べき分布であるという話。 http://openblog.meblog.biz/article/4465640.html
Tatsuro @ttrtzr 2011年5月10日
東海地震は100年から150年周期で規則的におきていて、前回は1854年。今すぐに起こってもおかしくない地震ではある。
柴犬大勲位 @sbinnn21 2011年5月10日
次の東海地震が、「2041年までに発生する確率」=87%、「2041年以降に発生する確率」=13% という話なので、「単純計算で、2011~2012年に発生する確率は2.7%ってとこか」という竹中氏の単純計算は、そう間違っていない。むしろ、「30年間に1度も地震が発生しない確率が…」とか、複利計算を始めちゃう方が間違い。
A.C.✨NCC1710hh2 @AerospaceCadet 2011年5月10日
日本の中・高等教育とそれに沿った試験制度って国民の教養と能力の工場に何も寄与していない事を知って暗澹たる気分になった。竹中嫌いだけど。
カズマ[OTAFK-FORCE] @OtafkForce 2011年5月10日
31年以降は地震発生の確率0%って事でおk?(鼻くそをほじりながら)
雑草スレイヤー@ディーゼルサイクル学習中 @gc_cic 2011年5月10日
確率密度関数などを考慮せず、単純に均等割しただけの計算は経済学者が最も得意とするところでありまして、竹中氏ご本人でしょうね。 しかも、一番肝心な停めても稼動させてもリスクは変わらないということには一言も触れていないのも経済学者らしいです。
甲賀志 @hiroujin 2011年5月10日
さすが2005年に「フリーターこそ終身雇用!!雇用概念の消滅!! これこそ、一般常識を180度ひっくりかえす革命的発想といえるでしょう」などと喚き、若者の雇用環境・労働環境・セーフティネットを破壊しつくした竹中平蔵だけの事はあるねえ。詭弁ばかりだよ。
こぱやじたけじ @toranosuke_ko 2011年5月10日
サイコロを6回降ると6回とも必ず目がバラバラにでるという、そういう世界に生きてるのですね。
斎藤学 @manaby_s 2011年5月10日
笑えるけど笑えない。
👑ゴゴ山 @Gg_Yama_ 2011年5月10日
ネタにマジレス的な臭いしかしないw
だるま@鍵島3参加予定 @KurzweilMaster 2011年5月10日
こっちにも書くが「ある一つの地震」が「現在から30年後までに起きる確率が87%」で「その確率は連続一様分布である」ときに「現在から1ヶ月でそれが起きる確率」は竹中氏の計算で正解でしょう。
だるま@鍵島3参加予定 @KurzweilMaster 2011年5月10日
30年で87%という数字を信用し、累積分布関数が連続であるという仮定で最初の1/360や1/30という区間の値を求めるにはそれほどデタラメでもないモデルだと思います。
川村賢一 @kkawa01 2011年5月10日
確率って、明日起きる確率も30年後に起きる確率も87%じゃないの?なんで日割り計算できるの?あのさ、利息計算じゃないんだよ?馬鹿なの?死ぬの?
だるま@鍵島3参加予定 @KurzweilMaster 2011年5月10日
今日はもう残り少ないけれど、例えば今から24時間で問題としている一つの地震が発生する確率が87%であるならば、まあどんなモデルでも30年どころか1年後でも確率はほぼ100%でしょうね。ならば30年で87%という数字は嘘ということになる。
水瀬秋(えるマーク付き)【#消費税は廃止 #山本太郎を総理大臣に】 @biac_ac 2011年5月10日
公表されてる東海地震の発生確率分布グラフ http://twitpic.com/4vv6yh を見ると、竹中氏 @HeizoTakenaka の概算法(直線近似)じゃ確率が低めになってしまうんじゃ?
inazakira @inazakira 2011年5月10日
ojunnさんがコメントしている、(1-p)^n=1-pnという近似式って意外と知られていない?竹中センセの言いたいことはこの一つ前のヤツでしょ(http://twitter.com/#!/HeizoTakenaka/status/67577048188723200)。木を見て森を見ずって印象。
Mitsu Itakura @itarex 2011年5月10日
数倍のUnderestimateになっちゃうけどオーダー合ってんだからまあ許せよ。それよりリスクを定量評価することへアレルギーが強い人多いな。PSAが一般に受け入れられる日は来るのか
だるま@鍵島3参加予定 @KurzweilMaster 2011年5月10日
指数分布やガンマ分布のようなモデルだと、すでに前回の東海地震から平均間隔以上の時間が過ぎているので、単位時間辺りの発生確率はむしろ下がるのでは?
wassy @snckit 2011年5月10日
ojunnさんのコメントどおり 1-0.87=(1-p)^n≒1-np ここで、pは1年での発生確率、nは年数(30年)とすると1年当たりの発生確率は0.87÷30でいいんじゃないでしょうか?なんでこんなに叩かれてるのかわからない。。。
watnao @watnao 2011年5月10日
「竹中平蔵はアメリカの手先」な陰謀論者「菅も民主も嫌いだが竹中も嫌い」な人達はどう反応するんだろ。さあ困ったぞ
こぱやじたけじ @toranosuke_ko 2011年5月10日
1年目で起きようが30年目で起きようが、確率は変わらない。最初の1年、1ヶ月が安心だという理屈がそもそも間違い。むしろ不安定要因から考えれば、今が一番高い。
中野九世@駆け出しもけんちゅ(㍼) @9sei 2011年5月10日
最近「話の論点そっちのけで重箱の隅を突付く事に心血を注ぐヤツ多いなぁ~」と思っていたけど、まさかここまでとは…(;´Д`)
Mitsu Itakura @itarex 2011年5月10日
じゃあ、一ヶ月以内に地震が1起こる2起こらない、で競馬みたいにしてオッズで確率を出そう
@ragion 2011年5月10日
て言うか一か月で0.2パーセントだろうがなんだろうが、当たるときは当たるしね。1/500。ぜんぜん「天文学的な低さ」とかじゃないんだし。普通に高い……。
高千穂 伊織 @t_iori 2011年5月11日
@kkawa01 「確率って、明日起きる確率も30年後に起きる確率も87%じゃないの?」→違います。地震発生確率が「今から30年後までの間に87%」は、「今から明日までの間に87%」にはなりません。
高千穂 伊織 @t_iori 2011年5月11日
なんにせよ確率こねくりまわすより「浜岡原発は安全基準を満たしているから地震が来ても大丈夫」か、「安全基準がおかしい」で話せばいいとおもうんだけど。
フレーバー @stflaver 2011年5月11日
そもそも確率論で語る問題じゃないような… こうしている間にも現実的な危険が存在しているわけで、それは確率という事とは異にすべき問題じゃない?
高千穂 伊織 @t_iori 2011年5月11日
それからBPT分布にしろポアソン過程にせよ、横軸に期間をとった上で計算するから期間が長いほど確率は大きく、短いほど低くなるのは変わらない。
高千穂 伊織 @t_iori 2011年5月11日
言ってしまえば30年間で87%なんてハッタリで一ヶ月の余裕もなく止める意味がいまいち分からない。 「停止中と稼働中でどれほど危険度が変わるのか」のほうがよっぽど重要だと思う
みかにゃー🍀 @mikana 2011年5月11日
確率って別に学校で勉強しなくてもある程度直感的に理解できるものだと思っていたのですけど、意外と世の中にはそうでない人がたくさんいるのですね。
Uchida Masatoshi(シン石丸) @S_Ishimaru 2011年5月11日
小泉政権で重用されてた、この人がこんな確立計算してていいのか。ガッカリすぎる。経済学って確率統計重要だよね?
水瀬秋(えるマーク付き)【#消費税は廃止 #山本太郎を総理大臣に】 @biac_ac 2011年5月11日
東海地震の発生確率、論文とかだと「参考値」って付いてることが多い。なんでだろと思ったら、こういうことであった > 「想定東海地震については、単独の発生事例は過去にないので、地震調査委員会の長期評価の手法を当てはめることができません」 http://tinyurl.com/3pa9l9d
Masa Okumura @mokumura 2011年5月11日
科学的理論も根拠も何も無い、ただ数字を示す事で本当らしく見せかけた政治パフォーマンス
コロン @collontei 2011年5月11日
この件、計算の問題以前に、地震予測を信頼できない事が本質。M9.0の地震を全く予測できなかった予測技術を元にするのではなく、あらゆる所で巨大地震が来ると考えるべき。
そうせいじ @souseiji 2011年5月11日
87%というのは30年間という期間の積分(面積)の話だから、竹中さんの発言はそれほど間違ってないような?
岡部 健 / Ken OKABE @kenokabe 2011年5月11日
RT @HeizoTakenaka: RT @LunarModule7: 『Togetter - 「竹中平蔵(笑)」』 http://bit.ly/jUz1jA これはあまりにお粗末。正解は→http://bit.ly/jbeM01 http://bit.ly/jc7cMk
高千穂 伊織 @t_iori 2011年5月11日
地震発生確立*損害額で高いって計算している人がいるけど、その概算なら、地震発生確率*(稼働中損害額-停止中損害額) じゃないと話がおかしくならないか。妄想だけどたぶん金額あんまり変わらない気がするけど
高千穂 伊織 @t_iori 2011年5月11日
だからどうせ概算するなら、稼動→停止によるリスク減少度とか、損害減少度出してくれたほうがよっぽど合理的だと思うんだけどな 「東電によると、4号機は地震発生時は定期点検中で停止中」読売新聞 http://tinyurl.com/68tjlqv
でき @dekijp 2011年5月11日
東海地震の30年以内は、50年以上前から言われている話。 前提条件の87%自体怪しい。
へすた! @Hesta 2011年5月11日
確率ってホントに数字のマジック起こしやすいよなあ……。東日本と西日本の二つに分けて考えれば確率は二倍だから15年以内に87%だ!(黙れよ)
へすた! @Hesta 2011年5月11日
確率ってホントに数字のマジック起こしやすいよなあ……。東日本と西日本の二つに分けて考えれば確率は二倍だから15年以内に87%だ!(黙れよ)
酸化石®酒野郎🌸 @sankaseki 2011年5月11日
たまにいるよね「確率の時だけアホになる」人
and_walk @and_walk 2011年5月11日
叩いてる人のほうが盛大に間違えてるというのは本気で笑えないな…
☆* @stella_stellata 2011年5月11日
毎日87%だ、と言う人にはこれから先10000年とかに大地震が一回でも起こる確率を提示して、それでも毎日××%と言えるか、を聞いてみたい気もする。というか、最初に「30年で87%」と言われた時から今まで、何%の確率で起きるはずなのかとか考えたら言っていることがおかしいと気付くと思うんだけどなぁ
Nasato @nasato_pikapi 2011年5月11日
均一に単純計算をするなら毎年6.6%で、毎年2.9%だと30年の間に大地震が来る確率が59%になってしまっています。BPTモデルの計算式そのものでも今年の確率は6%ほどあり、来年以降の確率は更に上昇していくのではないのですか。
雑草スレイヤー@ディーゼルサイクル学習中 @gc_cic 2011年5月12日
新制大学になってから、現在までに授与してきた経済学の学位をすべて取り消した上で、改めて基本的な数学(代数、解析、統計)の履修と中間・期末試験を課して合格した者にだけ経済学の学位を与えるのはどうだろうか? 現在在学中の皆さんには、基本的な数学が出来ないと卒業できないようにするとか。
雑草スレイヤー@ディーゼルサイクル学習中 @gc_cic 2011年5月12日
経済学士および経済学部の在学生に数学を教える費用は大学持ちで、教員に職にあぶれている博士らを採用すれば、一挙両得だな。
虹色のアルファルド @alphard_P 2011年5月12日
これ竹中さんを叩いてる人って、数学以前に日本語分かってないだろww
南の者 @minaminohito 2011年5月12日
脊髄反射で返すのは絶対してはいけない事ってのがよく分かるtogetterですね。
Nasato @nasato_pikapi 2011年5月13日
実際の地震が100%の予測が立てられないように、実際の計算式も時間で徐々に確率が100%に近づいていくものの100%に届きません。来年以降のことも、3年後も4年後も、そこから30年の確率を計算して30で割れば、2.9より少し大きくなるが同様に小さい数字が評価されます。この計算式では、今後東海地震がないままどれだけ時間が経っても、常にそこから30年で測るとリスクは最高で年3.3%未満に評価されるので、やはり間違っていると思います。この手の地震はいつ来るか分からないけれど、いつか来るのは100%です。
dadame @daeme 2011年5月13日
これは歴史に名を残す名言ではないか。ところで「アキレスと亀」って英語では、Achilles and the tortoise というのですね。勉強になりました。
kartis56 @kartis56 2011年5月13日
30年で9割近い確率で地震が来るなら、15年以内には対策立てる必要があるということか
Hiromu Sugawara @romoo_sarah 2011年5月13日
誤解が無いよう、単純計算すると、ではなく、地震発生確率の確率分布が今後30年一定と仮定して計算すると、というように表記すべきだったんだろうな。地質学的な根拠によって時期による確率の違いはある程度わかっているんだろうけど、政府にとって重要視するのはそこではないだろうから議論の際は一様分布でいいんじゃないのかな。
どりドリ @d_doridori 2011年5月13日
結局、30年間で大地震の確率が87%の場合、直近1年間に地震が起こる確率は何%?
Satoru Inoue @Inoueian 2011年5月14日
ちなみに、「今日も明日も30年後も87%」と言う人への正しい反論は、「じゃあ、明日起こるかどうか賭けますか?」
水瀬秋(えるマーク付き)【#消費税は廃止 #山本太郎を総理大臣に】 @biac_ac 2011年5月14日
「30年87%」を議論したい人は、「30年87%」の話の元になる国土技術政策総合研究所が公表した地震発生確率のグラフを、まずは見てから議論すべきだと思うんだ http://twitpic.com/4vv6yh http://twitpic.com/4xavaf
水瀬秋(えるマーク付き)【#消費税は廃止 #山本太郎を総理大臣に】 @biac_ac 2011年5月14日
地震発生確率のグラフを見た上で、「毎日87%」とか「ポアソン分布や二項分布ならこうだ」とか言いたい人は、竹中さんじゃなくてグラフを作った学者さんに文句を言うべき。
ばと @burt1991 2011年5月14日
これは「バカばっか」と言わざるを……。くだらない揚げ足とって喜ぶ典型か。概算ならそれで間違ってないだろう、もともと地震の発生確率なんてかなり適当なあたいなんだし。彼は「今間違った判断されるのと一ヶ月待って正しい判断させるのどっちがいい?」って話をしてるわけで。
フレーバー @stflaver 2011年5月15日
この主張って、「何としても原発を止めてはいけない」という意志が透けて見えるから、理論的に合っていようが全く賛同できないわけね。確率論はそうだろうけど、それではじゃあ実際に30年の間のいつ起こるか、そして起こったときの為の対策はしてないといけない、それだけの話。
Nasato @nasato_pikapi 2011年5月15日
地震調査委は04年、東海の発生確率84%と公表して今年は8年目。今年1月現在で87%の初年目。1996年~2025年の確率で評価すれば今年は半ば、1982年~2011年の確率で測れば最終年。毎年その年を最初の年として30年評価して30で割れば決して3.3%/年を超えない。前の東海地震の間隔は107年・102年・147年、現在は安政東海地震から157年。同じ計算式を当てはめたら前の地震は1年の確率が今よりもっと低いときに起きている。30年評価のほうが確率は実際起きている周期にも近づく。
水瀬秋(えるマーク付き)【#消費税は廃止 #山本太郎を総理大臣に】 @biac_ac 2011年5月15日
国土技術政策総合研究所が公表してる30年間で84%のグラフ http://twitpic.com/4vv6yh 原点が2002年1月1日だから、今(2011年5月現在)はグラフ上の9年40%近辺の所に居る …と読み取ったら大間違いだからね。今現在を基準にして再計算してグラフを描き直さなきゃいけない。そして原点は(=今現在は)常に0%。
Nasato @nasato_pikapi 2011年5月16日
BPT分布の計算であったとしても、30年で87%とだしても、10年で50%だとしても、地震前は常にグラフを更新していたら、この先地震が起きない限り、いつもこの数年に早急の対策は必要なしになる気がします。阪神淡路や中越や東北地震の福島連動は計算上は確率が非常に低かったわけで、プレート地震の規模は無限ではなく、原発以外の建造物へも全て対応して欲しいと要求している訳でもないので設計士や着工した技師が恐れない程度の作りにはして欲しいです。
らぃりる-A列車PCオススメ! @Liriru 2011年5月16日
100年後までに死ぬ確率は100%なので今年死ぬ確率は1%です?
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする