編集可能

【MT東京-57】MT7ならここまでできる!事例で見えてくる新しい可能性 のイベントまとめ #mttokyo

2019/04/12に開催された、表題のイベントのツイートまとめです
AWSサイト構築 Movable Type MT インターネット ブログ シックスアパート MT7 CMS Web MT東京
1
Ai Naito @ai_n1991
#mttokyo-57がはじまりました。MT7の最新動向と事例をご紹介いただきます。 mt-tokyo.doorkeeper.jp/events/88909 pic.twitter.com/o47qNqhyBv
拡大
壽 かおり Kaori Kotobuki @kaoritter
シックス・アパート @hirata のセッション始まりました。Movable Type の強みは、高機能なStatic Site Generatorであるところ。MTMLという強力なテンプレート言語。セキュリティ重視。 #mtddc mt-tokyo.doorkeeper.jp/events/88909 pic.twitter.com/ABVNHQB8lM
拡大
壽 かおり Kaori Kotobuki @kaoritter
サービス版も提供しています。Movable Type クラウド版、@movabletypenet、Movable Type for AWS #mttokyo pic.twitter.com/wIPnkeBJ4V
拡大
壽 かおり Kaori Kotobuki @kaoritter
@movabletypenet は、マルチテナント型の本格CMSサービス。HTTPS対応、フォーム機能、ワークフローも。 #mttokyo pic.twitter.com/3JSGS3wAud
拡大
壽 かおり Kaori Kotobuki @kaoritter
Movable Type クラウド版ではすでに72%がMT7を利用。 #mttokyo pic.twitter.com/8xokk8nUYl
拡大
Ai Naito @ai_n1991
情報設計の難しさを解消したMT7。コンテンツからデザイン要素を分離。#mttokyo pic.twitter.com/Myd3LlV0Qm
拡大
拡大
MT-TOKYO @MT_TOKYO
シックスアパート平田さんのセッションがはじまってます! #mttokyo #mt #mt東京 pic.twitter.com/Tp03NGeGkD
拡大
壽 かおり Kaori Kotobuki @kaoritter
MT7の紹介。情報設計を反映できるのがコンテンツタイプ。コンテンツタイプを入れ子で使うこともできる。 #mttokyo pic.twitter.com/lVWddI0Tnp
拡大
MT-TOKYO @MT_TOKYO
続きまして、コルシスの桐田さんのセッションです! MT7の良し悪しという気になる内容です。良いところも悪いところも! #mttokyo #mt東京 #mt pic.twitter.com/do7Noe8e9I
拡大
Ai Naito @ai_n1991
実際のMT7の活用事例についてCOLSIS様にお話いただきます。#mttokyo pic.twitter.com/7wnMSjFzNy
拡大
拡大
壽 かおり Kaori Kotobuki @kaoritter
COLSIS 桐田さんセッション「構築してわかった Movable Type 7 良し悪し」。ぴあフィルムフェスティバル、美術館、1000ページ規模のサイト、多数社員のいる会社の社内報などMT7の事例多数です。だからこそわかったMT7の課題など語っていただけるそうです。 #mttokyo pic.twitter.com/ys0eDNBxmS
拡大
壽 かおり Kaori Kotobuki @kaoritter
PFFではアワード、作品、監督などのデータがありそれをコンテンツタイプとして定義。コンテンツ間の連携はやりやすくなった。同じサイトで複数のコンテンツデータが使える。MT6だとサイトやブログを分ける必要があったが、MT7だとサイト内のコンテンツタイプで完結できるのは利点。 #mttokyo pic.twitter.com/pFP73KgyoD
拡大
拡大
壽 かおり Kaori Kotobuki @kaoritter
ただしサイトをまたぐと連携できない。子サイトからは親サイトにコンテンツタイプを参照できない。サイトを横断して連携したい場合は、MTAppjQuery2が必要。 #mttokyo pic.twitter.com/Pdm7tr90dj
拡大
壽 かおり Kaori Kotobuki @kaoritter
コンテンツタイプを横断することで、検索やテンプレート出力がやりづらくなった。また、コンテンツタイプをつくりすぎると、再構築が重くなる。ブログなどはあえて別サイトにするのも必要。 #mttokyo pic.twitter.com/2gSNE71puT
拡大
Ai Naito @ai_n1991
ブロックエディタ活用Tips。ニュースリリースやブログをより作りやすくなる。#mttokyo pic.twitter.com/9EqiILs1o1
拡大
壽 かおり Kaori Kotobuki @kaoritter
ブロックエディタは大多数のお客様で部分的にでも使われていくだろう。ブロックを最初に定義するのは大変だが、リッチテキストエディタで書いた記事がスマホでずれるデメリットはなくなりそう。 #mttokyo pic.twitter.com/Y1U32DthOA
拡大
壽 かおり Kaori Kotobuki @kaoritter
ブロックエディタの難点。デフォルトのバリエーションが少ない。現時点ではMTAppjQuery2が必須。JSONで保存されるので後からの仕様変更に弱い。 #mttokyo pic.twitter.com/BY31pJiDWh
拡大
YamadaNoel @YamadaNoel
今日のイベントは視聴率高いなー #mttokyo pic.twitter.com/ZN5s1MGOhn
拡大
壽 かおり Kaori Kotobuki @kaoritter
桐田さんセッションのまとめスライドです。MT7の活用と、具体的なご意見ありがとうございました! #mttokyo pic.twitter.com/ouA77iJpOW
拡大
拡大
MT-TOKYO @MT_TOKYO
最後は #スカイアーク 上野さんから、MTPの特徴がわかるセッション! #mt #mttokyo #mt東京 pic.twitter.com/4ORDKzdENp
拡大
壽 かおり Kaori Kotobuki @kaoritter
スカイアーク上野さんセッションは「課題に向き合うMTPの機能たち」Movable Type Premium とは、スカイアークとシックス・アパート共同開発の製品。MT7をベースにコンプライアンス管理を意識した機能強化版。月額8000円から使えるクラウド版もあります。 #mttokyo pic.twitter.com/ADlxfezaLn
拡大
拡大
残りを読む(6)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする