バーチャルYouTuberが切り開くコンテンツビジネスの新たな可能性/VTuberのミライ/コンテンツ東京2019 簡易まとめ(2019/04/05)

https://appllio.com/content-tokyo-2019-vtuber https://www.inside-games.jp/article/2019/04/10/121657.html 今もなお盛り上がりをみせるVTuber市場のキープレイヤー4社による 最新コンテンツビジネスに関する事例を用いながらバーチャルタレントの可能性を語る 【公演名】#Vtuber のミライ 【日時】2019年4月5日(金) 【登壇者】 (株)360Channel 中島 健登氏(モデレーター) Activ8(株)大坂 武史氏 グリー(株)/(株)Wright Flyer Live Entertainment 荒木 英士氏 サントリーコミュニケーションズ(株)前田 真太郎氏
VR Activ8 キズナアイ 大坂武史 コンテンツ東京 VTuberのミライ VTuber
12
のっさんΩ@観測 @vr_nossan
#コンテンツ東京2019 の最終日に行ってきました! VTUBERのミライについてのセミナーで #燦鳥ノム ちゃんの話が聞けたのが面白かったな〜 今後の展望については1ファンとして期待が高まりましたね〜 そして #キズナアイ ちゃんは可愛い pic.twitter.com/bx5FEtXlz8
拡大
Mitsunori SATOMI @gravitino
#先端デジタルコンテンツ展 VTuberのミライ に来ました。撮影不可とな..orz
もぶだもぶお🍆🌷@めぐるーまー @Mobuo_Mobda
※自分用メモ コンテンツ東京 【公演名】#Vtuber のミライ 【日時】2019年4月5日(金) 【登壇者】 (株)360Channel 中島 健登氏(モデレーター) Activ8(株)大坂 武史氏 グリー(株)/(株)Wright Flyer Live Entertainment 荒木 英士氏 サントリーコミュニケーションズ(株)前田 真太郎氏 pic.twitter.com/Ynipj0cerC
拡大
拡大
とみぃ@グラブルFGO @tommy68701
Vtuberのミライって講演を聞きに来たよ
丹治吉順 a.k.a. 朝P @tanji_y
昨日・一昨日と忙殺されていたので、ようやく今日になってコンテンツ東京/AIエキスポ。来たとたんにF岡さんとかずひろさんに遭遇するという、何なのこの導線の重なり。 とりあえずセミナー「バーチャルYouTuberが切り開くコンテンツビジネスの新たな可能性」に滑り込む。
Mitsunori SATOMI @gravitino
VTuberのミライ、始まった。先ずは、Activ8の大阪さん
中野人史(Nakano Hitoshi) @TokyoVR_ToAhn
#VTuberのミライ ですが 配置が3列目登壇者目の前なので 個人的に大変嬉しい反面 緊張で胃がかなり痛いです #コンテンツ東京
丹治吉順 a.k.a. 朝P @tanji_y
キズナアイのActiv8大坂代表のお話が一番の目当てというのはここだけの話。キズナアイはバーチャルYouTuber→バーチャルタレントへとシフト。「完全に一人のタレント」と位置付ける。 モーションキャプチャのスタジオもActiv8で用意している。
セラ@NekoHacker @sera1250
コンテンツ東京で「VTuberのミライ」っていうセミナー聞いてきた🤝 2000人くらい聴講してたらしくスゲーってなったのと、IMAGINATION vol.1とかキズナアイちゃんとかKMNZの話も出てきて普通にめちゃくちゃテンションあがっちゃった pic.twitter.com/Ujkp0uxQ76
拡大
丹治吉順 a.k.a. 朝P @tanji_y
「今後5Gなどが普及してくると、フルデジタルということが強みになってくる。中国や北米でもバーチャルタレントが広がっている」 この先は、あとのパネルディスカッションで。
丹治吉順 a.k.a. 朝P @tanji_y
前々から言っているように、「バーチャル+YouTuber」の、後半の「YouTuber」は、あくまでも「いまいちばん普及しているプラットフォームだから」という理由にすぎなくて、キズナアイが「バーチャルタレント」になったように、「バーチャル+α」のαはいろいろ代わる。絶対的な確信。
丹治吉順 a.k.a. 朝P @tanji_y
「これから先、人々はデジタルの体をもって活動するようになる」──グリーの荒木英士さん。 REALITYの紹介。全然使ったことないのでどんなものか知らないんだけど、「何かしらのパフォーマンス」が求められるプラットフォームだと、万人に行き渡ることはないと私としては確信してます。
丹治吉順 a.k.a. 朝P @tanji_y
ビジネスモデル。ライブ、TV出演、既存のタレントや企業とのコラボ、海外展開(中国ではbilibiliが重要)。VTuberのアルバムがiTunesの1位を獲得。 「営業」として企業向けの提案。キャラクターを生かしたいという相談が最近多い。キャラクター作りから広告を作るところまで一気通貫でできるよ!と。
丹治吉順 a.k.a. 朝P @tanji_y
サントリー・燦鳥ノムの紹介。デジタルソリューションを考えている中で、キズナアイを知り、そこからプロジェクトが始まった。年齢がいま120歳(サントリーの社歴と同じ)。 …建築の「金剛組」は創業が西暦578年(世界最古)なので、金剛組のVTuberが登場すれば、年齢1440歳を超えるね。
丹治吉順 a.k.a. 朝P @tanji_y
燦鳥ノム、VTuber活動、タレント活動、コミュニケーション活用の3軸が中心。最後が「活用」という用語がポイント。 で、YouTuberとしてのコンテンツがトーク・歌ってみた・ゲーム実況というのが、結局のところは、さっきから言っている「パフォーマンス」にとどまるんだよなあ…
丹治吉順 a.k.a. 朝P @tanji_y
「KPIをどこに置いてるの?」というツッコミはキツイなw 「シンプルにこれだというのはないが、YouTubeを企業がきちんとオウンドメディアとして運営できているのはあまり例がないはず」というのはいいポイント。
丹治吉順 a.k.a. 朝P @tanji_y
「YouTubeの広告の多くはノイズでしかない」と、これは壇上の誰が言ったのかな? それに対して、燦鳥ノムはコンテンツとしてファンがつき、企業PRになっているという答えもいい形のソリューション。
丹治吉順 a.k.a. 朝P @tanji_y
音楽興行のお話。CDが売れない時代に収益を上げるにはライブが重要だが、黒字にできるようなハコは埋まっていることが多い。そういう中、バーチャルライブは、これからのマネタイズにとって大きな鍵になる──これもポイント。 これなあ、バックヤード設備の費用対効果を知りたいんだよなあ…
丹治吉順 a.k.a. 朝P @tanji_y
ツイッターのフォロワーを分析すると、ジャニーズのバーチャルタレントのファンと、他のVTuberファンとは、クラスタが全く異なる。ファン層の広がり、二次元(か?)への認識の変化、バーチャルライブなどへの導線などに大きな効果があった&あり続けている。
丹治吉順 a.k.a. 朝P @tanji_y
燦鳥ノムの続き。コーポレートコミュニケーション案件で活用。サントリーがeスポーツを後援(かな?)しているが、公式eスポーツアンバサダーとして活動。 企業メセナのスポークスマン(スポークスウーマン)としては非常によいですね。
丹治吉順 a.k.a. 朝P @tanji_y
「東京オリンピックに(VTuberで)誰かが出るでしょうか?」という話題。 出るとすれば、そりゃミクに決まってるでしょ(とふんぞり返る) …それはともかく、ずらりと並ぶと日本ぽいなという方向に。
丹治吉順 a.k.a. 朝P @tanji_y
「キズナアイのこれまでとこれから」 バーチャルYouTuberを名乗り始めた最初。100を超す企業とコラボ。音楽アーティストであり、タレントであり、という存在になってきた。その過程で、海外から予想外の反響があり、これからは海外との接点を増やしていきたい。
丹治吉順 a.k.a. 朝P @tanji_y
キズナアイのこれから。 「バーチャルタレントのいいところは、見た目を自在に変えられること。つながるコミュニティに対して外見を最適化することが可能。またキズナアイはAIなので、外国語も話せる」と大坂さん。
丹治吉順 a.k.a. 朝P @tanji_y
「1企業1VTuberの時代になるのでは?」という問い。 「人としての顔を持っていた方がコミュニケーションを取れる。それが企業にとってのメリット。認知された公式VTuberがいると強い」 「企業VTuberが音楽ライブで収益を上げるとか」──KPIだw
残りを読む(2)

コメント

mikumiku_aloha @mikumiku_aloha 2019年4月17日
VTuberの技術を提供する側ではなく、企業の宣伝活動の一環として利用する側のサントリーの話が訊けたのは貴重ではないかと思う。
りょーいち @alphabeta2099 2019年4月17日
芸能界化するVTuber界の中で、DIY精神でやってるガレージパンクみたいなのがマシーナリーとも子とそのチルドレンたちだよな
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする