0
timekagura @timekagura
「光速を基準に世界を記述せよ。」 アインシュタイン氏の提唱に従い その本質に迫れば アインシュタイン氏が ニュートンを復活させる。
timekagura @timekagura
一般相対性理論では 宇宙項というのが、 定常宇宙だ 膨張中の宇宙だ。で、 変更されたり 意味合い変わってるようだが、 それと同じようなこと。。。 特殊相対性理論仮説でも  生じてる。 貴殿が 俺の発見に 支持、参加してくれることを 期待する。
timekagura @timekagura
アインシュタイン氏の提唱本質は 「絶対慣性系」にある。 絶対慣性系。ま、適当な用語だ。 絶対空間、 絶対時間の復活  と、思ってくれればいい。
timekagura @timekagura
まずは絵図なしで 言葉だけで やってみよう。 俺はマルクスに興味ないが レーニンの封印列車のイメージ。 実際のレーニンは列車の外の風景。 隙間から見たのかもしれないが、
timekagura @timekagura
貴殿が乗ってる封印列車から 外の風景、見えないように処理されてる。 音だけが聞こえる。 ガタン、ゴトン。ガタン、ゴトン。 レールとレールの繋ぎ目を 鉄道車両の台車、 車輪が乗り越え跨(また)ぐ時の音。
timekagura @timekagura
レールの長さは、たぶん どれも同じと想定し、 ガタンゴトンの音も、等間隔の音。 一定間隔の音。 列車は 真っ直ぐ走ってるようで、 等速直線運動の客車内に居ると 貴殿は、自分の世界をイメージする。
timekagura @timekagura
「星の王子さま」の サン=テグジュペリのように 想像を膨らませよう。 貴殿の乗ってる客車は 巨大なクレーンに ぶら下げられていて 巨大な空母甲板に固定された 線路レールの上を 相対的に走ってる感じ。
timekagura @timekagura
思考実験用の ほとんど無限大の大きな惑星。 その海面を 巨大な空母の方が 動いてる。 貴殿の乗った客車は、惑星に対して相対速度0。 客車を吊るしているクレーンは、惑星に固定されている。
timekagura @timekagura
空母甲板上に固定された線路レールの レールとレールの繋ぎ目 音(おん) 聞いているのかもしれない。
timekagura @timekagura
思考実験用の ほとんど無限大 大きさの 惑星が絶対的に静止していると考えてもいいし この惑星は、公転運動していて 年周視差の光行差が生じるとしてもいい。 ともかく、動くとは どういうことだろう。
timekagura @timekagura
月は地球の周りを廻り 地球は太陽の周りを廻り 太陽は銀河の回転に 銀河の所属する銀河団の回転に。。。 神林長平のSF小説「プリズム」では 回転の話が 出ている。
timekagura @timekagura
ニュートンが力学の前提としている 絶対静止系だ 絶対空間だは アインシュタイン氏の時空連続体仮説によって 世界を記述する近似値 過去の遺物、数学上の御伽噺(おとぎばなし) とされた。
timekagura @timekagura
さあ、始めよう。 数学の知識も 現代物理学の知識も 要らない。 19世紀生まれの方々が 正確には、数学とか物理学の関係者が見過ごした イメージの世界。 イメージの世界からの ガリレオ先輩や ニュートンの復活。
timekagura @timekagura
封印列車 車窓ブラインドを上げて、 車窓ガラスも下げて 窓から 半身、身体を出そう。 貴殿は 乗ってる客車の中央あたりの 窓から半身を、窓の外へ出した。 貴殿の頬に 風が当たる。 クレーンに吊るされた列車では ないようだ。
timekagura @timekagura
風が やって来る方向の風景が 貴殿に近付く。 風がやって来る方向 遠くに見える 線路レール部分が 車窓から乗り出した 貴殿の半身の下に やって来る。 貴殿は 地面に対して 等速直線運動している列車に乗っていた。
timekagura @timekagura
貴殿の乗ってる客車 長さを2単位とし、 光速を1単位とする。 貴殿は客車中央。 貴殿の乗ってる客車前後に 長さ2単位の客車が いくつも繋がってる。
timekagura @timekagura
貴殿の乗った客車、、、 列車進行方向の 客車と客車の連結部をB(efore) 貴殿が まだ真下にBの線路位置を 見ていないから Before 列車進行反対方向の 客車と客車の連結部をA(fter) 貴殿が 既に通過したAの線路位置だから After
timekagura @timekagura
客車内から 客車と客車の連結部上の 客車と客車の通路部分を見る。 貴殿は、まず、19世紀生まれの方々と同じ 設計図頭で、判断する。 客車内の客車中央貴殿席から見た 客車と客車 繋ぎ目通路部分は 貴殿の立ち位置から 距離1。
timekagura @timekagura
列車進行方向の隣客車への通路部分 Bも 列車進行反対方向の隣客車への通路部分 Aも 貴殿の立ち位置から 距離1。 設計図頭の貴殿は 1秒前の通路部分を見ていると まずは、思い込む。
timekagura @timekagura
貴殿の立ち位置と 通路部分Aと 通路部分Bに 同期した時計が埋め込んであれば、 貴殿の時計時刻と、 瞳に見えた通路部分の時計時刻を比較できる。
timekagura @timekagura
設計図頭の貴殿は、 貴殿立ち位置から 通路部分Aと 通路部分Bに 同時に光を放てば、 1秒後に同着すると思い込んでいる。 19世紀生まれの方々と同じように。
timekagura @timekagura
通路部分Aと 通路部分Bから ボールや光子を放てば 同時に、貴殿立ち位置に 同着すると思い込んでいる。 ボールは ガリレオ相対性で 同着するだろう。だが、光子は、 電磁現象は、そうかな。
timekagura @timekagura
もう一度、 車窓の外に、半身出して 列車進行方向の連結部 B付近を見る。 そこに電信柱とか、踏切とか 家。 が、連結部 B と ほとんど0距離の 周囲の物体風景が見えた。
timekagura @timekagura
貴殿の乗ってる列車は、 いま見えたイメージ、 いま見えた連結部 Bイメージの横に見えた 列車進行方向前方に見える電信柱とか 踏切に向かってる。 貴殿の立ち位置を B位置に運んでる最中。
timekagura @timekagura
B位置からの光が貴殿に届くまでに t秒かかってるとすれば、 その間に、貴殿は t秒だけ、B位置に近付いている。 等速直線運動 列車速度の t秒だけ進んでる。 つまり、1秒より小さな時間で B位置風景から運ばれた光子群と網膜は 相互作用した。
残りを読む(17)

コメント

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする