0
timekagura @timekagura
封印列車を防音し ガタン、ゴトン。聞こえなくした。 アインシュタイン氏の画期的な鋭さは どの慣性系でも 光速は同じとする。 同じ長さで描くにある。 マックスウェル方程式からの 要請なのかもしれんが、
timekagura @timekagura
その画期的提唱の言ってることが何か。 その本質は何か。俺は3年前 2016の5月頃 やっと理解した。 俺にとっては パラダイムシフト  完成させた 最後のパーツ。から、紹介する。
timekagura @timekagura
封印列車の中で 貴殿は 目を閉じる。 音も聞こえない。 ガタン、ゴトンの音も聞こえないけど、 等速直線運動している封印列車。 頓智問題じゃないんで 封印列車の等速直線運動 進行方向は 列車が空へ上昇 列車が海底へ下降とか、 列車が カニ歩き等速直線運動するは 無し。
timekagura @timekagura
世界は独我論のような まだ貴殿しか存在しない世界。 認識者として 貴殿だけ。 その貴殿は 目を閉じて瞑想状態。 西洋に パルメニデスとゼノンあれば 東洋に 「西遊記」と「隻手音声(せきしゅおんじょう)」の公案。
timekagura @timekagura
客車は 長方体とか立方体。 客車天井の4つ角と 客車床の4つ角を 点でイメージ。 8つの点に囲われた空間内に 貴殿は 点大きさとして存在する。
timekagura @timekagura
貴殿局所点から 8つの点まで同じ長さにして 8つの点は 貴殿を中心とする球面に属することとなった。 さらに8つの点を 貴殿局所点に重ねて 球の半径を0にした。 目を閉じた貴殿は 点として存在する。
timekagura @timekagura
だが、貴殿は何に対して等速直線運動しているので あろうか。まだ不明。 まだ不明だが、貴殿は列車進行方向に対して 最大マイナス1単位速度から 最大プラス1単位速度。 何かに対し、絶対値で0から1単位で 等速直線運動している。
timekagura @timekagura
それでは アインシュタイン氏の真の鋭さ 利用しよう。 細かいことは考えないで、 x軸のマイナス方向 プラス方向を 身体感覚の左右方向で表現して、 貴殿の現在等速直線運動速度 仮に 0と見做し
timekagura @timekagura
光の半分速度で右に進む石と 光の半分速度で左に進む石が衝突し 火花を出した。
timekagura @timekagura
貴殿の宇宙で 貴殿の宇宙の あちこちで いろんな速度違いの石と石が 貴殿時刻 t=0 に衝突し あちこちで 衝突の火花を出した。 この火花、 台車に載った光源から放たれた光子と同じだ。 台車速度に関係なく、光源から放たれた光子速度は 光速C。
timekagura @timekagura
無数の衝突現場が t=0の光源となり x軸方向の左右に光子を放った。 y軸方向にも。 z軸方向にも。 あちこちで、球面波となる 局所点からの火花。 ま、実際は局所点から無限個の光子が t=0の瞬間に 全方向に出るわけじゃないんだけど いまは細かいこと無視して 発想だけ追う。 pic.twitter.com/wiX7DdoiHb
 拡大
timekagura @timekagura
t=0の瞬間。 あちこちの衝突現場と 貴殿局所点位置。 いまは何かに対して 貴殿の等速直線運動速度を0にしてるから 次の1秒後でも、 石ころの あちこち衝突現場群と 貴殿局所点位置は、相対速度0を維持し続ける。 だから、 あちこち衝突現場までの空間距離  変わらない。
timekagura @timekagura
x軸プラス方向に進む光子存在と 貴殿局所点存在は  相対速度 光速C となる。 同様に x軸マイナス方向とか y軸でも z軸でも 石ころ衝突現場 局所点から 火花は 球形で拡がる。 火花という複数光子達。
timekagura @timekagura
従来の特殊相対性理論仮説では、 列車慣性系と 線路慣性系にだけ 注目していた。 だが、光子軌跡描く 光子存在を慣性系とし、 光子が誕生した位置、 光子誕生痕跡 局所点をも、慣性系として登場させた。
timekagura @timekagura
さらに、貴殿は 何かに対して等速直線運動しているので、 まだ、貴殿が従来の列車慣性系に相当する状態なのか まだ、貴殿が従来の線路慣性系に相当する状態なのかさえ、 不明とした。 列車慣性系だの 線路慣性系だのの イメージに騙されない処置を施(ほどこ)した。
timekagura @timekagura
仮設定を外して、 貴殿は 何かに対して等速直線運動している。 何かに対しての等速直線運動している速度も不明となった。 火花となり あらゆる方向に 衝突現場から旅立った光子達は、 貴殿に対し、光速C。 この不可解さは、後で解くとして、
timekagura @timekagura
封印列車の中で 現在時刻 t=0 の、今。 貴殿は、封印列車の外の風景を妄想した。 前線司令部付き 情報将校が 担当する前線区間のあちこち現場からの 光映像が瞬時に入って来ない 銀河争奪 三国志。同様に。同等に。
timekagura @timekagura
宇宙のあちこちでの 石ころ衝突しての火花放出。 それは、恒星から光子を放出する事象と同等。
timekagura @timekagura
貴殿と 宇宙のあちこちの恒星との 相対速度不明なれど、 恒星が光子を放出した瞬間の現場位置と 貴殿局所点位置の時々刻々の等距離変化が 等速直線運動となった。
timekagura @timekagura
貴殿は 封印列車の中で妄想し、 宇宙のあちこちの恒星から光子が放たれる その位置そのもの。との、相対速度関係を得た。 いろいろな恒星との、相対速度不明なれど あちこちで、すべての恒星が光子を 時刻t=0に放った位置と 相対速度の関係であること、知った。
timekagura @timekagura
それでは、封印列車の天井に穴 空(あ)けて、 光行差で 速度を検出しよう。 そこに潜む 従来意識しなかった事柄とは。
timekagura @timekagura
恒星と地球と太陽。 これら3要素と睨めっこして 地球(封印列車)にやって来る 光子を基準慣性系にして 地球や恒星や太陽の方を 座標上で動いているとベクトルの矢印 描いて 予習するのも、おもしろいかもよ。。。
残りを読む(4)

コメント

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする