限定公開でまとめを作れば、相互フォローやフォロワー限定でまとめを共有できます!

民主党・原発事故影響対策PT総会での東京電力処理スキームの議論

平成23年5月10日(火曜日)午後3時30分から民主党・原発事故影響対策PT総会で、東京電力の今後の処理スキームについての討議が行われました(中村哲治参議院議員のツイート)。 冒頭、鈴木寛参議院議員(原子力発電所事故による経済被害対応本部事務局長、http://bit.ly/gQznjy)から「賠償をサポートする「機構」を作るスキーム」が提案され、活発な質疑応答がなされた模様です。 中村哲治参議院議員は、「このように急いで処理策を決めていくことには相変わらず疑問が残る」とコメントされています。
原発 福島 東京電力 原発事故 民主党
3842view 1コメント
このまとめをお気に入りにして応援しよう!
0
中村てつじ @NakamuraTetsuji
今日の15時30分からは民主党・原発事故影響対策PT総会。鈴木寛「原子力発電所事故による経済被害対応本部事務局長」から説明。予定時間を30分以上も延長して白熱した議論がなされた。鈴木事務局長からは賠償をサポートする「機構」を作るスキームが提案された。
中村てつじ @NakamuraTetsuji
私の他にも法的整理を主張する人が数名。鈴木事務局長は法的整理の場合には賠償債権・賃金債権・支払債権が劣後して支払いが止まってしまう問題点を指摘。それゆえ任意整理しか方法はない、「機構」スキームも実質的には国有化スキームだと説明。
中村てつじ @NakamuraTetsuji
私は新会社設立により債権も新会社に移せば良いと主張。鈴木事務局長はそれだと設立まで何ヶ月かかるか分からないしそれまでに被害者が請求する相手先が倒産でなくなってしまうリスクがあると反論。この辺りに来るとどちらが正しいということではなく立場の違いに。
中村てつじ @NakamuraTetsuji
質問者が多くこれ以上のやり取りはできなかった。会議後に確認すると一定の株主責任は問うていくと鈴木事務局長。ただこのように急いで処理策を決めていくことには相変わらず疑問が残る。17時15分から閣僚懇談会がなされたようだ。結果は報道で確認することに。
中村てつじ @NakamuraTetsuji
PTで質問なさった吉田治代議士が指摘していたことだが、問題はこのスキームの特別立法が衆参の国会議論で持つのかという点。見通しは立っていないと思われる。政府与党一体化の中では「実質的な国有化」という点について引き続き監視し、その上で野党に協力を呼びかけて行くしかない。
サウスモール @south_mall
事務局長のご懸念は法的には簡単に解決可能です。 @NakamuraTetsuji RT私は新会社設立により債権も新会社に移せば良いと主張。鈴木事務局長はそれだと設立まで何ヶ月かかるか分からないしそれまでに被害者が請求する相手先が倒産でなくなってしまうリスクがあると反論。
中村てつじ @NakamuraTetsuji
RT @south_mall: 短いものですが、倒産手続と損害賠償債務の全額保護を両立する方法です→「倒産手続による一般担保社債・ローンのカットと原子力災害被害者の損害賠償債務の100%保護が両立できるか? 」http://bit.ly/jLT0uT @NakamuraTetsuji
中村てつじ @NakamuraTetsuji
RT @south_mall: 10兆円近い株社債ローン投資家の損失を全額増税電気料金値上げで損失補填するか一定額カットするかで国民負担は数兆円の違い http://bit.ly/krKzlJ http://bit.ly/iB4waI http://bit.ly/kbFXPl @NakamuraTetsuji
中村てつじ @NakamuraTetsuji
PT会議後に仲間と意見交換。国による仮払いの先行は前例を作るのを嫌がる財務省の反対があったのではないかと聞かせてもらう。なるほど。こういうことこそ政治主導でやるべきことなのに、とお互いに残念な気持ちを共有。
中村てつじ @NakamuraTetsuji
RT @south_mall: 政府が損害賠償債務を保証又は債務引き受けすれば、主債務者東電の支払能力が危なくなっても損害賠償債務は100%保護され寧ろ原子力災害被害者の保護が完全に実現できます。http://bit.ly/kZ8KPY http://bit.ly/lsXrdJ @NakamuraTetsuji

コメント

かっぱ @kunndakunda 2011年5月11日
相変わらず密室で行ってるな
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする