17

2019年2月27日に「黒いマヨネーズ」を出版

ブラマヨ吉田 @bmyoshida
【黒いマヨネーズ】2月27日に発売される俺の本のタイトルだ。わかりやす過ぎるくらいのタイトルだが、めちゃくちゃ面白いと断言できる。なので、この本が面白くなければ、俺が面白くないといえる。
ブラマヨ吉田 @bmyoshida
【黒いマヨネーズ】2月27日発売の俺が書いた本だ。コラム本。今日1冊もらった。俺は著者なので、間違い探しのように読んだ。今、同じレベルのものを書けと言われても即答で「無理だ」と言ってしまう。 pic.twitter.com/3xOq8iw5BL
 拡大
ブラマヨ吉田 @bmyoshida
【黒いマヨネーズ】2月27日発売の俺のコラム本。ひょっとしたら皆様、タレントが書くコラムってどうせテレビの仕事の合間とかにチャチャッと書くんやろ?と思っているかも知れない。そういうタレントさんがいるのか俺は知らない。ただ、俺の本に関しては違うと言い切れる。 pic.twitter.com/Ci9LDCf5aD
 拡大
ブラマヨ吉田 @bmyoshida
【黒いマヨネーズ】コラムとかエッセイって、締切りに間に合うように軽い感じで書いとんねやろ?と思う方もいるかも知れない。この本のコラムは全く違う。 pic.twitter.com/rLx0CqvGcb
 拡大
ブラマヨ吉田 @bmyoshida
【黒いマヨネーズ】ポイント稼ぎの、当てるだけのジャブみたいなコラムは1本もない。ボディへの強打狙い☆☆悔いのないパンチが詰まった本になったぜ♪♪なので、この本がつまらなかったら俺は終わりでいい。 pic.twitter.com/uvWP83nFhG
 拡大
ブラマヨ吉田 @bmyoshida
黒いマヨネーズは最初から単行本化を狙っていた。なので、各コラムのテーマはバレンタインや体罰や浮気論など、できるだけ不変的なテーマにこだわった。だから、ただ連載していたコラムを集めただけの本では絶対にない。なので、俺を面白いと思った事のある方には絶対に読んで欲しいんだ♪ pic.twitter.com/YrJs2OsYlz
 拡大

本屋に置かれていないことを嘆く

ブラマヨ吉田 @bmyoshida
【黒いマヨネーズ】2月27日に発売された俺のコラム本だ。そうそう本屋さんには置かれてないと思うし、置いてあってもタテに置かれてある場合が多いと思う。探しにくくてごめんやで。俺には現状、実績がないから仕方ない。ただ、この本のオモシロさは間違いないので。 pic.twitter.com/ff9IStgcJs
 拡大
ブラマヨ吉田 @bmyoshida
【黒いマヨネーズ】2月27日に俺が出した本です。俺は本屋さんを愛している。街に必要な存在なのは当たり前。しかし、俺の本が近所の本屋に置いてないという呟きをよくいただく。それはダメだね。
ブラマヨ吉田 @bmyoshida
【黒いマヨネーズ】別に、売れても売れなくてもいい。ただ、知らないから読まなかった。それならばさみしい。
ブラマヨ吉田 @bmyoshida
ありがとう♪僕の本は恥ずかしながらどこにでも置かれる存在ではないです。でも今回重版してもらいまして、それが出来あがったら見つけてもらえるかも知れません。その時はぜひ♪ twitter.com/katsu112/statu…
ブラマヨ吉田 @bmyoshida
本屋さんに本が置かれるという事がいかに難しい事か。痛感するわ。。 twitter.com/bmyoshida/stat…
ブラマヨ吉田 @bmyoshida
1【黒いマヨネーズ】それでも近所の本屋で買いたいんだ!という方の気持ちは超絶わかります◎その場合店員さんに言って取り寄せてもらう事になると思うのですが、いかんせん「黒いマヨネーズっていうブラマヨ吉田の本発注したいんですけど。」っていうの恥ずかしいでしょう?
ブラマヨ吉田 @bmyoshida
2【黒いマヨネーズ】 なので「幻冬舎 黒いマヨネーズ ブラックマヨネーズ吉田敬」と紙に書いて、「友達からこの本発注しといて~と頼まれたのでお願いします。」というやり方はいかがでしょうか?それ書くのめんどい~って方の為に、一応プリントアウトして使ってもらう用に写真も付けときますね! pic.twitter.com/HFPw6P3J1a
 拡大
ブラマヨ吉田 @bmyoshida
【黒いマヨネーズ】楽天でも今また在庫切れです。本屋にもないとよく聞きます。今日担当者に聞きました。やはりネット通販、そして大型チェーン書店などが購入しやすいそうです。俺の期待値が低過ぎた(*´-`)申し訳ない!でも、あんがと♪
ブラマヨ吉田 @bmyoshida
俺の本は一体どこに売っているのか?当然、担当者に聞く。「ある所にはあるし、ない所にはない」と言われる。何やねんそれ。むずかしい問題。でも俺は当然、あきらめない。なぜなら【黒いマヨネーズ】は面白い!、だけでもないと思っているから♪
ブラマヨ吉田 @bmyoshida
本めちゃくちゃ良かったと聞くと当然嬉しい♪でも、本屋さん行ったけどありませんでした。と聞くと憂鬱になる…。
ブラマヨ吉田 @bmyoshida
【黒いマヨネーズ・第4刷目】が昨日出来て、これから順次発送だそうです☆日本の隅々にまで届いて欲しいなと思っています(*´∀`) あんがと♪ pic.twitter.com/Szc80spFEf
 拡大

黒マヨが出るまで

ブラマヨ吉田 @bmyoshida
【黒マヨが出るまで・1】ガチの一流有名作家さんの連載小説もたくさん載る『パピルス』という文芸誌が創刊される時、2ヶ月に1回400字原稿用紙6枚で、コラム書いてもらえませんか?とお誘いをいただいた。コラムの苦しさは知っていたのでイヤだと言った。
ブラマヨ吉田 @bmyoshida
【黒マヨが出るまで・2】しかし当時の吉本の書籍担当女性社員は泣きそうな顔でお願いしてきた。俺らがM1前の大阪時代に、その女性社員は大阪のタレントマネジメント部で、何度もお世話になった事がある。偉そうに言うが「この方がここまで頼んでくるならば…」と受けた。約5年前だ。
ブラマヨ吉田 @bmyoshida
【黒マヨが出るまで・3】俺は連載コラムのタイトルを『紺色のカラス』にした。元々、一般的に嫌われ者のカラスの事を俺はちょっと尊敬していて、その中でも更に少し違うカラスがいたとしても、その紺色のカラスが一所懸命に生きていたら、それは素敵な事だと、自分を重ねた。
残りを読む(51)

コメント

やまぬこ @manul_0 2019年4月24日
古くは松本人志氏の「遺書」の時も刷る数で揉めてましたよね
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする