2
Ryusuke IMURA @tigers_1964
なんか、ちょっと暴走気味だな。いきなりハードル上げすぎじゃないかな?最悪を想定(私の最悪とは異なる)した訓練をしていれば、普通のものは対応できると思ったら大間違いだよ。大は小を兼ねない。 桜島大規模噴火13万人が市外へ|NHK 鹿児島県のニュース www3.nhk.or.jp/lnews/kagoshim…
早川由紀夫 @HayakawaYukio
@tigers_1964 鹿児島市はね、そのとき火砕流に直撃される心配をいましておいたほうがよいよ。9キロなんて、プリニー式軽石噴火のときに火砕流がやすやすと届く距離だ。海面は火砕流にとってかっこうのすべり台。 kipuka.blog70.fc2.com/blog-entry-731… pic.twitter.com/AfwPCB0rox
 拡大
Ryusuke IMURA @tigers_1964
あー、ほら、怖い事を言い出した人がいる。 twitter.com/hayakawayukio/…
早川由紀夫 @HayakawaYukio
こんなに近いのに火砕流は来ないと思ってることこそ、どうかしてる。正常性バイアスに毒されている。 pic.twitter.com/I9XpiTqtSO
 拡大
早川由紀夫 @HayakawaYukio
次のカルデラ破局噴火(シラス噴火の再来)で川内原発が火砕流に飲み込まれる心配より、次のプリニー式軽石噴火(大正噴火の再来)で鹿児島県庁が火砕流に飲み込まれる心配のほうがずっと深刻だ。
早川由紀夫 @HayakawaYukio
おおざっぱに言って、前者は3万年に1回の確率。後者は3000年に1回の確率。
早川由紀夫 @HayakawaYukio
大正噴火のとき火砕流が海まで達したということは、もうちょっと勢いよく出れば海を渡って対岸まで届くということです。
Ryusuke IMURA @tigers_1964
@HayakawaYukio 途中に海があるから桜島が噴火しても大丈夫と鹿児島市の人は思ってる。まあ、そう思ってるのは、鹿児島市の人たちだけではないけどね。
早川由紀夫 @HayakawaYukio
@tigers_1964 1991年6月3日前夜の島原市と同じ。未経験かつ不勉強による重大な誤認。これを事前に正すのが専門家の役目だ。
Ryusuke IMURA @tigers_1964
@HayakawaYukio それはそう。コツコツやってる。学生への講義の感想でも、海を渡る火砕流の映像は衝撃的らしい事がわかる。

コメント

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする