0
timekagura @timekagura
封印列車の客車。 8つの点で、立体として描く。 宇宙論では、ビッグバン仮説により この宇宙に大きさがあることになってるが 無視する。 pic.twitter.com/XNeRIWnwS6
 拡大
timekagura @timekagura
電磁現象世界を知るには 知識からではなく、日常空間の考察。
timekagura @timekagura
知識なんてのは、医学界が統計で 出してる、今日の健康法。 ココアが良い。一杯のワインなら良い。 明日には、統計が当てにした範囲が 1年間 観察から 10年間 観察したら  別の結果となるようなもの。恣意性。 思考視野狭窄で ド派手な結果で 日銭稼ぎする科学者の処世術。
timekagura @timekagura
日常空間は 3次元。 3次元直交空間だと 思い込んでる。 3次元とか 直交とか 空間だと 既に 数学幾何知識からのもの。
timekagura @timekagura
日常空間とは 包むとか 包まれるもの。 飴玉の甘さを感じるには 口の中で 頬張る 口の中に入れる。 舌先だけ出して  飴玉に接触というのもあるけど 唾液がなきゃかな。
timekagura @timekagura
数cm(センチ)のミニカーなら 両手で包める。 封印列車。列車は車両が複数 連なったもの。 その1車両、客車に 貴殿身体は包まれてる。 徐々に、数学幾何空間に重ねていこう。 ただし、 上下と 左右と 奥行き 前後の 日常生活での空間認識だけは、忘れないように。
timekagura @timekagura
味覚は 包む 感じかな。 聴覚や 嗅覚は 包まれる 感じかな。 味覚は、こうである。 聴覚は、こうである。って、こと したい訳、、、じゃないんだ。 思考視野拡大の感受性を確保したいだけ。
timekagura @timekagura
フロイトが オチンチンという具体的なもので なにかを述べようとしたり、 クレッチマーが 体型と性格を結び付けたり。 哲学の構造主義が、いろいろ分類分析したりは、 亀の甲羅を焼いて、亀甲占いするのと 変わらない。 まず最初は、厳密性 要らない。 なんとなくの感触で
timekagura @timekagura
電磁現象世界の構造(時刻分析)とか 映像情報の認識者が、 数学(集合論とかの非イメージ。要素数の扱い)やってるのか 数学幾何学とか設計図で、形イメージしてるのか 球技で、リアルタイムで ボール見てるのか。 その組み合わせ、 システムが 電磁現象世界の相対性概念になる。
timekagura @timekagura
舌先を口から出して、あちこち触れる感じで 情報収集。
timekagura @timekagura
やがて、思考視野拡大した貴殿の頭の中に システムが包まれ くだらん単純トリックだと わかる。 数学幾何座標イメージから 離れれば わかること。
timekagura @timekagura
ただし、単純トリックが わかれば、 その先は、現代数学最先端とか 宗教理論家が、断片を見せていた 時間とか空間。この世とか、あの世かもしれんが、 俺がやるのは、ただの単純な道理の組み合わせまで。
timekagura @timekagura
アインシュタイン氏と ミンコフスキー大先生が 既に答えを出してること。 光速を 空間座標ではなく ミンコフスキー時空図の √2長さ(座標空間での)で  すべて揃える。 アインシュタイン氏の発案を ちょい修正するだけ。 では、コツコツと 組み立て開始。
timekagura @timekagura
冒頭で、客車を8つの点 使って、 箱(はこ)、、、立方体的にイメージ してもらった。 客車、日常のは長細いイメージだけど 正方形の6つの面、立法体に簡易化する。 サイコロ イメージ。 サイコロの8つの角が、 日常空間を 外と内に 分けている。 pic.twitter.com/lXTS4pk5y7
 拡大
timekagura @timekagura
サイコロ 「単体」を画像フレーム枠内に 見ていた。 そこで、FPS first person shooting ゲームのように 画面内に 自分の手を登場させよう。 サイコロ(客車) 見ている自分と 見られている サイコロ(客車)の  非対称。 pic.twitter.com/F046rfWrDf
 拡大
timekagura @timekagura
幽体離脱したら 腕先両手だけじゃなく、 貴殿全身も、見られる対象として サイコロを見ている貴殿。 サイコロに見られてる貴殿。 貴殿を見ているサイコロ。 貴殿に見られてるサイコロ。 サイコロと貴殿が 等価になった。
timekagura @timekagura
ただし、 third person shooting ゲームじゃ、 貴殿身体の背後霊 視線だから、 同じ幽体離脱でも、 俯瞰的に 2つの対象を視野に入れての 等価的な 相対性と違う。
timekagura @timekagura
客車をイメージするとき、 客車を構成する8つの点を繋げた部分空間の 外側から、 客車をイメージしてた。 では、今度は、客車内に居る自分を イメージしてみよう。
timekagura @timekagura
地球を 点大きさにして、 地面に立って夜空を見ている貴殿身体と 一体化させる。 地球 イコール 貴殿身体。点大きさ。 カシオペア座の5つの点の4つと、 南十字星の4つの点を 客車の8つの点と見做そう。 地球(貴殿身体)は 8つの点に包囲されている。
timekagura @timekagura
大航海時代の船乗りは 恒星までの距離、地球からの 知らないけど、 光の速度も知らないけど、 光線が やって来る って、感じは、あったと思う。 遮(さえぎ)れば、見えなくなるし 手で。 だから こんな感じ。 8つの光線に 包まれている。 pic.twitter.com/iJkfnuuC4w
 拡大
timekagura @timekagura
客車内の空間を 貴殿の部屋で 代理させよう。 客車の8つ角。を、8つの点。 そこから やって来る光線が 部屋の中心あたりに居る貴殿に到着する。 8つだけじゃなく 壁や天井の 無数の点位置から 光線がやって来るけど、 簡易化して、8つに注目してただけ。
timekagura @timekagura
この写真は、カフェ。 カフェ内のスマホ カメラアイに 光線が ほとんど無数にやって来て 同着して、シャッタースピード 露光時間を瞬時と見做せば、 いま、この瞬間に たくさんの光子が カメラアイ光学素子群に ぶつかった。だけ。 pic.twitter.com/q1sHtxFK8D
 拡大
timekagura @timekagura
なのに、実際にカフェ内に居る俺も カフェの写真画像、平面画像 見ただけの貴殿も 客車内空間に 大きさが あると 思い込んでる。
timekagura @timekagura
なんとなくでいい。 空間の大きさというのを、 当然視しない感覚を 無意識に保存してくれれば パラダイムシフトに耐えられる。後でね。 で、いまは、光行差の時刻分析。
timekagura @timekagura
設計図 頭じゃ やらなかった 時刻分析を しよう。 貴殿身長 0メートル。 貴殿局所点位置、床高さ。 封印列車 貴殿 真上の天井に穴が空(あ)いたら 点大きさの。 天井高さが 単位1。 天井の穴だろうと 天井の点大きさのシミだろうと 1秒前の現場光景が 見えたことに
残りを読む(17)

コメント

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする