[R-18]「六等分の花嫁」ってヤンキー六人兄弟が女を共有妻にする話かと思ってました

いや思うよなあ!? え、何その目…え…おっちゃんだけ? いや、だって…だってさ…。
26
前へ 1 2 3 ・・ 12 次へ
帽子男 @alkali_acid

「ば…ぶ」 やがて父は死んだ。母ももうこれ以上伴侶の命を引き延ばそうとはしなかった。 七男が物心つくころ、母も世を去った。 「お父さんの言いつけを忘れないように。どんな幸せも喜びも兄弟で分け合って…暮らすのですよ」

2019-04-27 23:25:30
帽子男 @alkali_acid

こうして悪魔の島には七人の兄弟だけが残った。 上の六人はまじで仲が悪かった。常に喧嘩をしており、島で岩が割れたり、木が折れたり、すり鉢状の穴ができたり、水柱がたちのぼったりするのは余波だ。 「今日こそぶっ殺してやんよくそ兄貴がよおお!!」 「てめえまじ潰すかんなクソが!!」

2019-04-27 23:27:13
帽子男 @alkali_acid

長男から六男まではあれこれ体格差こそあれだいたい成長が早く腕力もあり敏捷さもあり年齢の違いは感じさせない互角のタイマン、ゴチャマンを朝から晩までしてる。忍び山猫は気配を察するだけで逃げる。 あ、七男?完全にモヤシ。というかもうヒョロいというよりナヨい。 オーラがない。影も薄い。

2019-04-27 23:29:13
帽子男 @alkali_acid

両親の建てた小屋のそばで薬草を育てたり、糸をつむいだり、魚の骨から針を削り出したり。しみしみ暮らしてる。 「角野郎(長男)がよお…汚ぇ手使いやがってよお。こっちの動き読めるからって待ち伏せとかまじありえねえだろ。男じゃねえよあいつは」 余りひどく怪我した兄の手当てと文句も聞く。

2019-04-27 23:31:41
帽子男 @alkali_acid

「喧嘩…だめだよ…」 「は?何意見してんだテメー」 末弟のほっぺをつかんでひっぱりながら、次男は尻尾で苛立たしげに地面をえぐる。やばい。次男の尻尾はなんかこうチェーンソーみたいになってる。 怖い。ヤンキーはまじやばいって。 「あーもうやってらんねーんだよ。膝」 「え、うん」

2019-04-27 23:33:15
帽子男 @alkali_acid

末弟が膝をそろえてすっと座ると、次男はごろっと頭をのっける。 「耳」 「う、うん」 手製の耳かきをとってほじほじする七男。むすっとしたままくつろぐ次兄。 「つか嫁とかどうするよ」

2019-04-27 23:34:39
帽子男 @alkali_acid

「よめ?」 「結婚だよ結婚!父ちゃんみてえによお!母ちゃんみたいないい女と結婚しねえといくじなしだろ!男じゃねえだろ!」 「おとこじゃない?いくじがない?」 「ったくまじぼやぼやしてんなお前」 「ごめん…」 「飯は?」 「お魚のスープだけど…」 「どんぶりな。三杯いくから」

2019-04-27 23:36:40
帽子男 @alkali_acid

次男がうるさく要求しているところに、四男がすっと入って来る。 「うーっすチビ。ぶっ殺した鳥やるよ前みたいに肉団子にし…あ?俺ん家で何してんだ尻尾野郎てめえよお!!」 「ああ?いつからここテメーん家だコラ!!死なすぞ!!!」 「上等だよおもて出ろコラぁ!!!」

2019-04-27 23:38:47
帽子男 @alkali_acid

とまあ常に限界バトルを繰り広げている。 末弟はもうちょっと静かにしてほしいのとあと仲良くしてほしい。 両親のお墓に花輪を供えて煙を焚きながら溜息。 「ごはんとか皆で一緒に食べればいいのに…どうしたらいいのかな」 「嫁だな」 すっと後ろに立っている長男。一番でかい。二メートル越え。

2019-04-27 23:40:38
帽子男 @alkali_acid

「あ、角兄ちゃん…嫁って?」 「親父みたいによ。おふくろみたいなまじパネエ女と結婚すりゃうまくいくわ」 「ほんとに?」 「おう。マジ」 長男は角を伸ばしてじっと何かを感じ取る。 「クソどもが全員集まってきてっからよ。その話するわ。俺長男だしよ」 「う、うん」 「お前も来いよ」

2019-04-27 23:43:09
帽子男 @alkali_acid

「つー訳で。俺は嫁を探す旅に出っから」 長兄はあぐらをかき、上にちょこんと末弟を乗せて頭を撫でながら宣言する。 「何しきってんだコラぁ!!」 「テメー、チビもそいつにペコペコしてんじゃねえよ!!」 「チビこっちこい!そいつ今からボコにすっからよお」 「あと肉団子作れマジで」

2019-04-27 23:44:50
帽子男 @alkali_acid

「うっぜ…」 六男がぼそりと呟きまた両隣の四男と五男がにらんで一触即発。 兄六人が好きなように怒鳴り合うのを、幼い末弟は首を縮めて聞いている。末弟は北関東の育ちでもなくヤンキーの血が流れていないのかまじビビリである。 「つーか。角野郎テメーだけ嫁もらうのはいいけどよ」

2019-04-27 23:47:48
帽子男 @alkali_acid

次男が言い出す。 「だったら二度と島戻ってくんじゃねーぞ。一人だけ幸せになりてーんなら父ちゃんや母ちゃんの言いつけ破んだしよ。チビにも二度と近づくなよ」 三男、四男、五男、六男が続く。 「つか死ねよ」 「いや殺すし」 「俺がやってやるよ」 「うっぜ…」

2019-04-27 23:49:47
帽子男 @alkali_acid

長男が拳で意味もなく地面をたたき、穴をあける。 「あ?いつ俺ひとりだけ嫁もらうつったこら。親父とおふくろの言いつけ破る訳ねえだろ!テメーらクソども全員分の嫁見つけてきてやるよ!」 「どーせテメーだけいい女捕まえてあとは猿でも連れてくんだろがコラァ!」 「誰が猿だコラァ!!」

2019-04-27 23:52:20
帽子男 @alkali_acid

あまり、会話は、成り立っていない。 長男は怒りで角を伸ばして肩の筋肉を盛り上げたが、胸元にしがみついた末弟が上目遣いをしながら必死に首を横へ振るのを認めるや、最年長の貫禄で抑えた。 「ったくまじ頭わりぃなテメーらは…なら俺ら兄弟全員の花嫁になる女一人見つけりゃいいだろうが!」

2019-04-27 23:54:37
帽子男 @alkali_acid

「あ?」 「どゆこと?」 「むずかしーこと言ってごまかしてんじゃねえぞ」 「あと猿つったの忘れねえからな!」 「うっぜ…」

2019-04-27 23:56:33
帽子男 @alkali_acid

「だからよお!花嫁だよ!六等分の!六等分の花嫁!」 長男がこれだから頭悪い弟どもはだめだなみたいに見下した顔で言う。 でもおかしいから。 七等分じゃないの。七等分。ちゃんと数えて。 間違えてない?まあいいや。

2019-04-27 23:57:54
帽子男 @alkali_acid

かくして長男は大引き潮の日に浅瀬の道をつたって本土へ旅立った。 「おいおいおいあいつ死ぬわ」 「まあ食い扶持減っていいわ」 「つかお前等も死ねばもっとすっきりすんじゃね?」 「あ?お前が死ねよ」 「うっぜ」 島はあと千倍ぐらい人口増えても余裕で食えそうだが。

2019-04-27 23:59:44
帽子男 @alkali_acid

長男は角を生やすとあらゆる気配を感じ取り、さまざまな異変をいちはやく察知できる。 刺客盗賊野獣から妖怪変化の類もパツイチ。おかげで旅の途中、半里先の王様の行列に気づいてのこのこ近づいて行った。 「なんだ異形のものめ!これなるは王の御輿ぞ」 武家が脅す。 「あ?やんのか?」

2019-04-28 00:03:03
帽子男 @alkali_acid

「つかよお…俺は嫁探して忙しいからよお…まじ…そこの草むらにいる女とかでいいから嫁にくれよ」 「草むら?戯言を」 たちまち、鬨(とき)とともに草むらから剣を帯びた女とその仲間が立ち上がり王様の行列に斬りかかる。

2019-04-28 00:04:34
帽子男 @alkali_acid

「貴様!叛徒の仲間か!」 キレる武家。キレる長男。 「喧嘩売ってんのかテメー!!上等だよ買うぞコラァ!!!!」 雨あられと王様の兵隊が矢を浴びせるが、飛んでくる先をすべて事前に察知してかわしきり、鉄拳でボコボコにしていく。 「なん…なんなのだ貴様」 「るぅあああ!!」

2019-04-28 00:06:36
帽子男 @alkali_acid

王様を御輿から引きずり出す長男。 「テメーよぉ!!舎弟に喧嘩させといて後ろにひっこんのがムカつくんだよお!!」 「ま、まて!その腕前気に入った…予に仕えて」 「ザッケンナこらぁあ!!!!」

2019-04-28 00:08:02
帽子男 @alkali_acid

アンパンマンみたいになった王様を放り捨てると、さっきの女がすっとよっていって因果を含める。 「愚かな戦のために人々に重税と賦役を課し、病と飢えの広まりを捨て置き、あまつさえ諫言した我が父を殺して見せしめとした…貴様に王の資格なし」 ブスリ。

2019-04-28 00:10:15
帽子男 @alkali_acid

「力強きますらおよ…あなたのおかげで国は救われました。どんなお礼をすればよいか」 女剣士が言う。美人。賢そう。丈夫そう。嫁にぴtったり。 角の長男は拳で掌を打つ。 「お?じゃあ俺の嫁んなれよ嫁」 「まあ…」 見返す女。相手はヤンキーっぽいがしかしイケメンではある。でかいのもまあ。

2019-04-28 00:12:17
帽子男 @alkali_acid

「考えさせてください」 「おう。あと俺だけじゃなくて兄弟全員の嫁だからよ。気張れよ」 「は?」 「こう…六等分の?花嫁ってやつ」 「は?」 「だーかーら…親父がよぉ。言ったんだよ。幸せも喜びも兄弟で分け合え…わかる?」 「…」 「あ?何キレてんのお前?」 「死ね」 斬りかかる女。

2019-04-28 00:14:17
前へ 1 2 3 ・・ 12 次へ