カテゴリー機能は終了いたしました。まとめ作成時にはタグをご活用ください。
403
愛湖 @Ako_Kiyomizu
アヘンっていうかモルヒネの鎮静作用でぐずる子どもを寝かしつけるとか力技にも程があるな!
Kagaribi@低浮上 @Kagaribi9
@moltke18641866 ロボトミーって、「障がい者は脳みその一部取り除いて改善しちゃおう!」とか言う、人権も倫理もガン無視の狂気に満ちたあの…?
瀬戸際秘書 @setogiwahisyo
瀉血って血を抜きまくれば病気治るぜ!って容赦なく抜きまくって患者死亡したやつだよな… めっちゃ本見たい探そう twitter.com/moltke18641866…
きのこのこ @kin0k0n0k0
現在から見たら立派に狂気の沙汰であるのに残念の一言で済ます所に趣を感じる
みらぐ @mirag32
気になってアマゾンでみたら紹介文に >ルイ14世……生涯に2000回も浣腸を行ない、フランスに浣腸ブームをもたらす ダメだ笑う twitter.com/moltke18641866…
黒羽 @non_atori
ロボトミーは一度調べたけど本当人類って恐ろしいってなる
リンク コトバンク ロボトミーとは - コトバンク ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - ロボトミーの用語解説 - 脳葉(→大脳)の神経回路を脳のほかの部分から切り離す外科手術。前頭葉白質切断術ともいう。かつては,統合失調症,双極性障害(→うつ病),その他の精神疾患をもつ重篤患者に対する抜本的な治療法として実施された。1935年ポルトガルの神経...
イガイガ @rakuda1980
@moltke18641866 @NekoMur 恐ろしいのはこの帯のうちいくつかは、ノーベル賞を受賞している事。 「ロボトミーして脳減るノーベル賞や!」。
こんな感じだそう↓
まさむね @mmmichy
『世にも危険な医療の世界史』、歴史上実際にあったトンデモ医療がまとめられてる。ロボトミーや瀉血は有名だと思うけど、この表紙裏見るだけで傑作としか思えない。尻にタバコ!ブランデー注射!粘土を食べる!ヤギの睾丸! pic.twitter.com/NOMDfQqjsz
 拡大
masayus @Book_1st
『世にも危険な医療の世界史』L ケイン文藝春秋。この手の医学/科学物はとりあえず買ってしまう。単純にこんなエピソード面白いから。今の進歩は先人たちの無茶の成果。 pic.twitter.com/4M5WDF038t
 拡大
 拡大
本ノ猪 @honnoinosisi555
おそろしい内容だが、読み進めてしまう……。 「一四〇〇年代から二〇世紀まで、教科書にも子どもの夜泣きや歯ぐずりにはアヘンとモルヒネの調合薬が効くと書いてあった」 (『世にも危険な医療の世界史』文藝春秋、2019、P87⇨amzn.to/2PqFoQL
リンク HONZ - 読みたい本が、きっと見つかる! 279 users 199 何でも治ることを売りにした最悪の治療法の歴史──『世にも危険な医療の世界史』 - HONZ 現代でもインチキ医療、危険な医療はいくらでも見つけることができるが、過去の医療の多くは現代の比ではなくに危険で、同時に無理解の上に成り立っていた! 本書『世にも危険な医療の世界史』はそんな危険な医療史を...
Cook⚡入院中詳細固定ツイ。突然消えたら端末死亡。私じゃないよ! @CookDrake
honz.jp/articles/-/451… “本書で紹介されている治療法には/それっぽい理屈は通っていることが多い/だからこそ人々はそれを信じ/我々は今でも似たような理屈や治療法を信じる可能性がある/「今でも身の回りにこうした最悪の治療法は根付く可能性がある」と危機感と猜疑心の眼を育たせてくれる本”

翻訳者さんからも

福井久美子 @gumigon
久しぶりにツイッターを更新したと思いきや、新刊の宣伝ですみません💦 『世にも危険な医療の世界史』(文藝春秋)新発売です! 科学が未発達だった頃の医療の仰天エピソードが満載。グロいのが好きな方も、そうでない方も、お楽しみいただける内容となっております(本当か?) 画像は紀伊國屋書店 pic.twitter.com/NwDH7NKvFR
 拡大
残りを読む(8)

コメント

瑞樹 @mizuki_windlow 2019年4月29日
「ラドンが溶け込んだ放射性飲料水をがぶ飲み!」って……今でもラドン温泉の飲泉は健康に良いってあっちこっちの温泉でやってるよね。どういうつもりでこれを書いたのかは知らないけど、誤解を招く表現だよね?
Mo @mo9534156 2019年4月29日
無知(というか未知故の錯誤?)を今の基準で「野蛮」と評してしまう事に抵抗を覚える。その「野蛮」がなければ洗練は生まれなかったんだし
さえば @saeba_1250 2019年4月29日
インパクトのあるタイトルや帯にもしたくなるけど、単なる「笑いモノ」じゃなくて色んなことが科学史の流れの中に位置付けることができる本だとしたらきっと良書。
おちゃづけ @kusarechazuke 2019年4月29日
鎮静にアヘンとか精神疾患にロボトミーとかの、「まぁ実際効果はあるよね、その効果以上にデメリットやばいけど」みたいなのはやっちゃうのわからなくもないんだけど、水銀に浸かったり飲んだりの「いや死ぬだろ」としか言えない、一瞬の好転すら見られなさそうなのはなんで流行ったのかマジでわからん
Licorice @Licorice_90 2019年4月29日
載ってるかは知らんが、医者たちに感染予防のための手洗いを推奨したセンメルヴェイスの話は闇が深い。
🐾96狗🐾 @96dog666 2019年4月29日
紹介文と目次をアマゾンで読んだら欲しくなった
ろんどん @lawtomol 2019年4月29日
「健康のため」ルイ14世は歯を全部引っこ抜かれておりました
ろんどん @lawtomol 2019年4月29日
浣腸しまくってた=しょっちゅうトイレに行きたくなってた…けどヴェルサイユ宮殿はトイレが全然ない、という事でルイ14世はかなり(自粛)ある貴族曰く「陛下の手にキスを許されるのは最高の栄誉であると同時に、最悪の苦痛である」とかなんとか
manaju @junakabaroru 2019年4月29日
医療とは関係無いけど、昔自動車の衝突安全性の確認に使ってたのは人形じゃ無くて人間の遺体だった。って記事昔見た事思い出した。日本メーカーでは無く海外メーカーの事例として紹介されてたけどな。
mobarpg @mobarpg 2019年4月29日
現代医学でも「何でそれを治療に使おうと思った?」的な物はあるよね
あゆあ @ayua_3 2019年4月29日
現代に生まれてよかった。
FX-702P @fx702p 2019年4月29日
梅毒の治療に塩化第二水銀が使われていた時代もあるから、そういうのと何か関係あるんかな>水銀風呂。でも比重的に浸かるの大変そうではある。
ぱぱぱ @nekosanmomokan 2019年4月29日
今だったらEM菌、レメディ、水素水とかかしら?危険度はだいぶ下がるけど…。
16TONS@最近ゲームやってねえ @moonintears16t 2019年4月29日
未来には「21世紀では刃物で身体を切り裂いて腫瘍を摘出してた」とか「数時間以内なら回復できるはずの脳波・心肺停止が死亡と見なされていた」までありそう
nanasiyzyz @aabyyz_ 2019年4月29日
最も怖いのは、今現代の医療も、簡単にそっち側に行く可能性があるってことだよ。 遠い未来からみたらな。
TD-M18もっこㄘん @Mokko_Chin 2019年4月29日
かつて販売されていた奇妙な8つの放射線物質入り商品 : カラパイア http://karapaia.com/archives/51748543.html
悟りを壊すもの @satoriwokowasu 2019年4月29日
延命治療とか現代でも賛否両論あるし
BIRD @BIRD_448 2019年4月29日
moonintears16t 「乳児のうつぶせ寝」が日本で流行したのは、すでに海外で下火になってた1989年~1994年ごろなんだぞ…「体にいい」なんてすぐ変化するよ?
ねるにあ†Ridill @nelnia 2019年4月29日
他の人のコメントにもあるけど、数百年後に今の常識がどれほど残っているのか考えると、科学(化学や医学も)の進歩って大事だし、こういう経験と実験の積み重ねなんだなぁと
TD-M18もっこㄘん @Mokko_Chin 2019年4月29日
確か良い声を出すためにナメクジを飲み込むなんてのもあったな。勿論寄生虫が居るのでやってはいけない。
* @romiromidondon 2019年4月29日
現代医療のなにがしかも、将来この本の仲間入りするんだろうなあ
TD-M18もっこㄘん @Mokko_Chin 2019年4月29日
医療とは違うが、それまで食用だったスギヒラタケが実は毒キノコで有る事が判明したのも比較的最近(2004~)であるし、ある日突然常識が覆る事は十分有り得るやな。
辻マリ@もなか&まさむね @tsujiml 2019年4月29日
百年ちょっと前まで処置ごとの手洗いが非常識とされてた話も載ってますかね?
fudomyoho @Fudomyoho55 2019年4月29日
臓器移植とかも将来は野蛮と呼ばれると予想する。脳死が不可欠という点が痛い。
ヘイローキャット @Halo_nyanko 2019年4月29日
未来の人から癌なんて飲み薬ですぐ治るのに放射線治療や切除なんて危険なことしてた!とかになるかもしれないしなぁ
トッリ(白SIRO) @SIRO4i8SATO 2019年4月29日
未来は臓器も歯も培養するものになっていて、クローンを本体が勝手にどうこうのってSFを「野蛮」って言っちゃいそう
Naruhito Ootaki @_Nekojarashi_ 2019年4月29日
こういうの好きな人にはEテレの「フランケンシュタインの誘惑E+」を勧めとこう。人体蘇生の回もあったし、このあいだはロボトミーの話だったよ。
LR @LR_ery 2019年4月29日
科学よ医学よありがとう…昔病気して生還した人は、現代人より運がよくてタフだったんだな
トッリ(白SIRO) @SIRO4i8SATO 2019年4月29日
消毒不十分の遠因はパラケルスス先生にあるんだそうで、後の消毒推奨な方のノストラダムス先生が苦労した模様。話は普通なんだけど、面子がムーとかMMR臭いような気がする
緑川⋈だむ @Dam_midorikawa 2019年4月29日
moonintears16t 「死んだばかりの死体から臓器を取り出して病人に移植していた」も培養技術が実用化したら未来のこういう本に一緒に載るのかも
吉田D @Yoshida2014 2019年4月29日
戦後でも歯科だとブレードタイプや骨膜下のインプラント(今のインプラントとは全くの別物)とかヤバのがあったりしたし。とりあえず今の標準医療は治験とかで結果を確認してやってるからそこまでヤバいのはないと思う。
はくまに・アーチボルト @haku_mania_P 2019年4月29日
あげられてる例を見るだけでも、全身が痒くなってきた…
ユイ @yui_Angelica 2019年4月29日
医療じゃないけど医療と割と密接なところに有る栄養学に関する知識、それこそ『健康にいい食べ物』の常識なんて現代でもガンガン変わっていきますしねえ……。
しもウサ△ @shimousasougou 2019年4月29日
技術の進歩は日進月歩。出たばかりのデジタル一眼レフカメラ(の写真)よりフィルムの方が画質良かった時期は続いたし、ミラーレスカメラは現在進行形で改良中。自動運転なんかもそうですよね。
アギト @murasame1198 2019年4月29日
ウォッカもあるんだろうか あれはまた別かなw
Mill=O=Wisp @millowisp 2019年4月29日
コレを「科学を知らない」って言うのはちょっと違うかなと思う。こういう蛮行まがいの実験から失敗に失敗を重ねて、正しいものと間違ったものの選別を重ねていった結果が今の科学よ。多分、数百年後には今の我々の常識も変わってるぜ。
Tsuyoshi CHO @tsuyoshi_cho 2019年4月29日
lawtomol あと、玉座(というか執務の椅子か)がおまるだったらしいとか話があったけど、実際どれくらいの比率でおまる上にいたんだろう
Tsuyoshi CHO @tsuyoshi_cho 2019年4月29日
科学かどうかというより、その時点で得られている知見と比べて馬鹿をしていなければ「賢い」医療だろうとは思う、逆に時代的に明かにニセ医療だろも含まれてるかもしれないけど。 そんで、それを改善できているか、というのがある、ジャンルにもよるが、古い時代の治療法でも見識がたまって、こうしよう、とか改善してるなら別に必要な犠牲だったでいいんだけど、そうじゃないと若干悲しいことになってる感。
からくさ @Karakusa21 2019年4月29日
「害虫どもを一掃できるDDT最高や!発明者にはノーベル賞贈ろう!」→「シラミ退治なんかのために、健康被害が発生するDDTを散布された、戦後の日本の子どもたちかわいそう」→「DDTの毒性はこれまで言われてきた程ではないしコスパも良いから、使用を認めたほうが多くの命を救える」…みたいに、2回覆っている案件もあるのが難しいところ。
kacchi8345 @kacchi8345 2019年4月29日
始皇帝もそうなんだけど、何故昔の人達は水銀に無限の可能性を感じてしまうのか。
ろんどん @lawtomol 2019年4月29日
百年後にはさらに優れた治療法が確立しているかもしれん、だからといって、トンデモ治療法は許せん。皆様は「今はまだこの治療法の正しさが証明されてないだけ!」みたいなことをのたまうバカどもに騙されないように
Fox(E) @foxe2205 2019年4月29日
水銀が梅毒の特効薬という認識が広まったのは、医師・錬金術師として有名なパラケルススの「功績」の一つだったはず。あと、水銀は「液体のような金属(通常の金属のように砕けない)」「銀のように輝く」という特性から、古代から不老不死・美容と関連付けられることが多かったと聞いたことがある。
ポポイ @p0poi 2019年4月29日
鉛由来の防腐剤/甘味料の話はもっと知られていい。一説によるとベートーベンの死因。異世界ファンタジーでは,ワンピース以外で見た事無いが。
朝雑炊 @Jingisukan512 2019年4月29日
水銀を使った梅毒の治療効果は一応あるんじゃなかったっけ? 中毒は気にするな。
六面サイコロ@MeWeにもいます @rokumen_saikoro 2019年4月29日
Karakusa21 そういえばサリドマイドも別な薬効が見つかって再評価されたりしました
有象無三 @Uzoumuzou1467 2019年4月29日
kacchi8345 確か、水銀は液体にも固体にもなるので、それに古代の人は永遠性を見出したからと聞いた事が
Mill=O=Wisp @millowisp 2019年4月29日
kacchi8345 まず常温で液体の金属という希少性に加えて、「辰砂」で画像検索していただけると分かると思いますが、結構綺麗な結晶として産出されるんですよね。人間の血の色も連想させますし、生命力に繋がる神秘性を見出す連想は自然に思えます。
有象無三 @Uzoumuzou1467 2019年4月29日
今はぐずる子にはスマホを見せてるけど、後世でどう評価されるんだろうね。少なくとも視力はめちゃくちゃ悪くなりそうだけど
BIRD @BIRD_448 2019年4月29日
p0poi マイナーだけど、なろうの「異世界薬局」が鉛中毒を取り上げてるよ。単行本範囲に載ってるかは知らぬ。
トッリ(白SIRO) @SIRO4i8SATO 2019年4月29日
やっぱダザイさんやイササカ先生んちの、ヒロポンやらモルヒネが強烈過ぎます。当時の薬局。あの…
緑川⋈だむ @Dam_midorikawa 2019年4月29日
p0poi 鉛糖で狂い死にした例は、やはりローマ帝国が一番多いな
緑川⋈だむ @Dam_midorikawa 2019年4月29日
思い出したが、覚醒剤を疲労回復薬として気軽に販売していたほんの何十年か前のこの国
agegomoku @nekofurio 2019年4月29日
まぁ今でも解熱キャベツだの精油一気飲みだの信じて疑わない人いますし
すいか @pear00234 2019年4月29日
ま。日本でも半世紀前までは「ヒロポン」という名前の覚せい剤が、それこそユンケルだのチョコラBBぐらいの勢いで使われてたからねぇ。確か日本軍の前線にいる兵士に与える滋養強壮剤だったがゆえに、副作用が全く知られることがなかったんだよね。「副作用のふの字が出る前に戦死」とか「あの人は戦争から帰ってきてキチガイになっちゃった」で済まされてたとかで。
すいか @pear00234 2019年4月29日
あ、先越された。ちっ。
トッリ(白SIRO) @SIRO4i8SATO 2019年4月29日
ルートビアは、リコリス入ってる味覚的なヤバさはあるけど、普通の薬草系ポーション清涼飲料。ドクターペッパーは、ここから飲み易くしたタイプ。ルートビアが薬草系と考えれば、昔のコカ・k…あ、こんな時間に誰が
dag @digital_dag 2019年4月29日
foxe2205 武器軟膏なんかもパラケルススだったか。 当時科学的な検証なんて困難な時代だしなぁ
こま @comamikan 2019年4月29日
22世紀になったら、21世紀ではこんなトンデモ医療をしてたんですよ!!とか言われるのかなーって歯の治療してる時はよく思う。
ぽんぽん @apocalypse1706 2019年4月29日
kusarechazuke 機序を重視しない、ないしは機序の内容を理解できない状態なので、「たまたまうまくいったように見える」治療方法が一気に広まったんでしょうな。
アオカビさん @Penicillium_ch 2019年4月29日
医療に限らず、科学や歴史の「常識」はどんどん更新されていく。そしてこのように更新されていった事実と経緯を知ることができること、それこそが、知の蓄積だと思う。
さかべあらと(うさぜんざい) @sakabe_arato 2019年4月29日
ヨーロッパじゃ19世紀くらいまで、アヘンチンキは万能薬としてご家庭に常備されてたくらいだからなぁ。痛み止め、咳止め、挙げ句にはぐずる赤子の疳の虫もこれを飲ませりゃピタリと止まる、なんてノリで。なお今でも中東辺りじゃ赤子に与えてるとこあるらしいですよ、お忙しいお母さんが家事や他の子の子守の時間を見繕う為に
シーライオンneo @sealion_neo 2019年4月29日
ほんの120年程前まで、洋の東西を問わず上等なお白粉は水銀と鉛から作られていて、上流階級の人々や役者、遊郭や高級娼婦たちに水銀と鉛中毒が多かったとか。
さかべあらと(うさぜんざい) @sakabe_arato 2019年4月29日
当然、赤子の麻薬中毒者、及びそれによる死亡事例も後を絶たなかったとか
シルバニアファミリー若頭 @kYEQ7E5qhAlvGBl 2019年4月29日
お前ら笑ってるけど水素水とか有難がたがってる時点で現代人も同じだよ
Bぼたん@伊26一発ツモ @omega_b 2019年4月29日
戦前の日本ではヒルが薬局で売られていて、肩こりの時なんかに血を吸わせてた、って話を聞いたことがあるけどホントなんだろうか
Rogue Monk @Rogue_Monk 2019年4月29日
種痘も最初期は水銀を飲用させてたとか。なんで水銀、そんなにスーパースタァだったんだ?  まあ現在の最先端の医療ですら1世紀も経てば、「なんて意味不明なことやってたの」と言われるんだろうけど。
シーライオンneo @sealion_neo 2019年4月29日
sakabe_arato 「忙しい日の子守唄」という名前で南アジアで昔から使われていた、乳幼児を大人しくさせる丸薬(主成分は阿片と大麻)があり、飲まされた子供の死が後を絶たなかったと聞きます。
BIRD @BIRD_448 2019年4月29日
赤チンことマーキュロクロム液は「有機水銀化合物の水溶液」なのに、まだ国内で製造販売されてるんだぞ…(2020年に生産終了予定である)
はげはげちゃびん @hagehagechabin 2019年4月29日
医療の歴史はトライ&エラーの連続、10000歩進んで9999歩下がるの繰り返しというのが良く分かる >RT
海雫 @gonlimo 2019年4月29日
p0poi ゴブリンスレイヤーに少しだけサパが出ていました ハイエルフに「金気臭いから嫌」人間に「鉛は毒では?」と言われながらドワーフが飲んでいるシーンがありました
らっともんきー @ratmonkey36 2019年4月29日
kusarechazuke 病気で死ぬ前に水銀中毒で死ぬからセーフ(セーフとは言ってない)
七枝七夏 @7eda7ca 2019年4月29日
始皇帝「水銀はやめといたほうがいいぞ」
q.sc @qsc33531617 2019年4月29日
当時の医療知識の中からなんとか絞り出した一応ほっとくよりは好転する治療法なのか、単に悪い方向にしか行かない呪い的なものなのかは区別されていてほしいところ。
にゃお @gasket4 2019年4月29日
もし将来、副作用がない癌治療薬ができたら、抗癌剤治療はトンデモと呼ばれたりするのだろうか・・・。
読書 @kkkzzzt 2019年4月29日
鉛中毒を取り上げたなろう系…。 主人公が元の時代とは全く別のところに飛ばされて、現代の知識で無双する作品…鉛中毒…。 『仁』かな?
豆崎豆太 @qwerty_misp 2019年4月29日
ヤギの睾丸移植で若返りはどこからどういう発想で発生したの……
ハムハム8/10(土)南ツ26b @8ham6ham8ham6 2019年4月29日
乱用してた時代のアヘンの万能感を考えると、ファンタジーで出て来る「万能薬」って覚せい剤とかアヘンじゃないかと思ってしまう。MP回復させるのは幻覚系のやつ。
F @hehe3000 2019年4月29日
水銀風呂って入れるんです?なんかの漫画で金すら浮くって書いてあったような
山下238(内閣調査室) @Yamashita238 2019年4月29日
「少しの飲酒は体にいい」が実は「もともと体が弱くて酒が全く飲めない人がいる」だった?って話が最近なかったっけ?
すいか @pear00234 2019年4月29日
hehe3000 金はさすがに浮かないと思います。鉄じゃないすかね。
オタクモドキと化したぜるたん @the_no_plan 2019年4月29日
武器軟膏の話とかも出てたりするんかね
TD-M18もっこㄘん @Mokko_Chin 2019年4月29日
餓鬼の頃、小児科で水銀体温計割ってしまった時、中の水銀がコロコロして不思議で面白かったので神秘的に見えるのはわかる。
クリスセドン @sedooooooon 2019年4月29日
100年後の人は今の似非科学に笑ってそう
かしわ天 @kashiwaten6mai 2019年4月29日
「現代の医療もそのうち...」みたいなコメントあるけど、恐ろしくおぞましいのは「わかんないけど絶対こうだ(確信)」っていうものであって、「わかんないけど現状こうするしかない / "分かってる範囲では"これが最善手・次善の策」ってのを馬鹿にしたり否定したりはどうかと思う。「よりよい(改善できる)方法があるのではないか」って意味で恐れるのはまぁ悪くないが、これが「究極の最善手ではないだろうから、その方法は選ばない」ってのを拗らせると変な代替医療とかにハマってくんだろうと。
マシン語P @mashingoP 2019年4月29日
自分が子供の頃は「老人は肉や脂を摂ってはいけない。乳製品などもってのほか」と言われていた。古い話になると古代ギリシャでは果物は万病の元と言われていたりとか。
本の犬 @31040_32 2019年4月29日
庶民と違い、将軍家の乳母は胸元までおしろい(当時のおしろいは水銀を含んでいる)を塗っていたので、将軍家の子供は死にやすかったって見たことある。金があるゆえの皮肉だなと。
ketsuro @ketsuro 2019年4月29日
moonintears16t でもちょっと前まで日本でも乳がんになったら乳房、ぶちぃーでしたからね。怖い話ですわ。
neologcutter @neologcut_er 2019年4月29日
でも、今でも蜂や蚊に刺された後で小便かけちゃう人おるからなあ…(実は危険です https://www.asagei.com/excerpt/88462)
ketsuro @ketsuro 2019年4月29日
Yamashita238 タバコの次は酒でしょうなぁ。酒の毒性はホントヤバイ。大麻、タバコよりもヤバイのは間違いない。
アオカビさん @Penicillium_ch 2019年4月30日
ketsuro 酒は砂糖水ほっておくとできちゃったりするくらい、どこでも誰でも簡単に作れちゃうからねぇ(なお酒税法違反) あと法律で禁酒することの無意味さは歴史が証明してるし。
みま🐬⛰🏕 @mimarisu 2019年4月30日
今もアメリカじゃ覚せい剤を使って働いてるって記事あったなぁ
信太さん @shino_da 2019年4月30日
水素水がどうこうとかそういう話ではなく、2100年版では「特効薬のある現代と違い、2000年台初頭ではなんと癌を物理的に切除するという野蛮な方法で対処していました。当然患者にかかる負担は重く、転移もするのでキリがなく、患者の身体は傷付いていきました…」となるだろうし、それがわかっていても現代ではそうするしかない、という話なんだと思うなあ。
へんなもの @hen_na_mono 2019年4月30日
正直今やってる副作用ある医療行為も時代が進めば「野蛮」とか言われるのだろうなぁと
Masaki☆ @masaki_kkmt 2019年4月30日
昔のトンデモ医療ってほんとやばいよね……ロボトミーだってものすごく昔の話ってわけじゃないんだし。 気になるから買ってみようかな……
愚者@ C96土南ソ37b @fool_0 2019年4月30日
EM菌もそろそろトンデモに正式登録してほしいんですが……
しろの @zoshirono 2019年4月30日
今の医学も後にありえねーwwwと言われるものがあるのだろうか
アロイジア @aloisia530 2019年4月30日
中国では「公開処刑された人の血を饅頭(具なしのお饅頭)に染み込ませて食べる」という民間療法もありましたね。魯迅の小説に「結核患者の治療法」として行われた描写がある他、映画「南京の基督」で富田靖子さん演じるヒロイン(性病に罹患)がこれを行う場面がありましたね。
ヒロセジロウ✏️ @denjiro13 2019年4月30日
Dam_midorikawa 「まだ死んでもいない(蘇生できる)他人の臓器を」かも
cocoon @cocoonP 2019年4月30日
ナノマシンが前提の医療の世の中が来たら医薬品ベースな今の医療なんて軒並み野蛮なものでしょう。医薬品や抗体の作用機序をナノマシンがすべて担うことができる(上に手術とかもできる)のだから。
cocoon @cocoonP 2019年4月30日
BIRD_448 ああ、「マーキュロ」の部分が水銀なんですね。なるほど。
cocoon @cocoonP 2019年4月30日
白血球の代わりをナノマシンが担うようになるってある意味血液サイボーグであり不老不死ですよね……。でもそうなったら機械の体にしても別にいいような気がするし、そうなるとその頃のロボットと人間は「知能が人間由来かコンピュータ由来か」の違いしかなくなり、生命とは何かという定義が変わりそう。
犬の茶碗蒸し @Inuchawan 2019年4月30日
ロボトミーはさ、確かに無茶苦茶な医療手術ではあったんだけど、じゃあ当時の精神疾患の患者がどう扱われてたかというとね…。人間性を認められずに動物と同等レベルと見なされて、社会から隔離され、ろくな権利も保障されずに閉鎖的な場所で一生を過ごすという状況だったからなぁ。どうにかして症状を治してあげたい、人間として扱われる状態になってほしいって気持ちが当時の人にはあったんだよ。
磯辺焼き @isobe_iso89 2019年4月30日
アヘンとモルヒネは確かに夜泣きに効くだろうけど…
転倒小心 @tentousho 2019年4月30日
薬にせよ治療にせよ健康法にせよ、最初は理屈などなく経験から理屈が生まれたので振り返ればそりゃ仕方ない事も沢山あるですよ。あれですよ散歩だってもともとは滋養強壮剤として飲まれてた薬が熱をいっぱい出させるからそれ発散するためにフラフラ歩くとこから来てたりしますしね。 #散歩の語源で検索するといいですよ
HWS Mk-1 @HWShosii 2019年4月30日
今でも咳止めにはコデイン系のオピオイドを含有したものが使われてるのでアヘンチンキはよりかは洗練されたがそこまでおかしいことじゃなかったのかなって技術と治療法はセットで進化して行っているので将来またどのように変化するのかが見てみたいね
茗荷昇紘 @masilite 2019年4月30日
包丁で手を切った?→包丁に傷薬を塗れば治る。
騎士☆スクリーム⋈ @pkskf396 2019年4月30日
昔読んだ「ロビンソン・クルーソー」で風邪薬の代わりに、ラムだかブランデーだかに葉巻を浸してニコチンが染み出した「それ」を一気飲みするシーンがあったんですが。最近の版ではどうなってるんだろう?子供が真似しないように改変されてるのかしら?
茗荷昇紘 @masilite 2019年4月30日
体を鍛えたい時は、ジョッキ一杯の生卵を一気飲みしましょう。
茗荷昇紘 @masilite 2019年4月30日
正露丸も遠い将来は民間療法扱いされそう。虫歯に詰めるやつとか。
ジョルジ=フェルナンデ@流川市民 @JorujiF 2019年4月30日
現代のまっとうな医療は効果の有無とか副作用の有無とかちゃんと検証してるから、未来人にトンデモ扱いされる可能性は低い…と思う。稚拙扱いされるのはしょうがないとしても。あ、検証なんかしてない疑似科学とか民間療法は未来人というか現代人にもバカにされとけ。
茗荷昇紘 @masilite 2019年4月30日
cocoonP 人格を機械の体にダウンロードして本体はカプセルで保存しよう
フローライト @FluoRiteTW 2019年4月30日
「ワクチンは悪」「アトピーの幼児はヴィーガン食で治る」「だいじょうぶ好転反応だから」というコンボも弱った者を効率よく殺すことにかけては負けていないだろう。
フローライト @FluoRiteTW 2019年4月30日
「その当時の技術で出来るベストを尽くしていた」と「その当時の技術で明らかに科学的に間違ったことをやっていた」を混同するウィットのわからん馬鹿が数名いる模様。
しぇりりん(平成ジャンプ無限大組) @m_sheririn 2019年4月30日
でも実際江戸時代まででも死罪、でなくても合戦とかで遺体がゴロゴロしてたのに、解剖して身体の中の構造を見るのに蘭学の本を読んだ後でそれを確認する為にやってみた、ってのがあるあたりなんかの穢れ的なのあったのかも(書に記されてないだけでそれ以前にやった人もいるかもだけど
しぇりりん(平成ジャンプ無限大組) @m_sheririn 2019年4月30日
「お酒の中に目薬」ってネタも昔はありましたね。目薬の成分がどーとかで。最近は流石に見ませんが
hagebouzu @hage1969 2019年4月30日
一度水銀プールで寝てみたい
春野秋 @rakiharu1 2019年4月30日
AIが進歩すれば、「人間が診断をしていた」という帯が付くようになるだろう。
ephemera @ephemerawww 2019年4月30日
全人類に対するロボトミーは特定の表現や言論、思想の「内心の自由」自体の禁止を求めるフェミや性嫌悪主義者、左翼が熱望していることだ。あの界隈には「考えることすらいけないこと」などと、しれっと発言する連中がゴロゴロいるだろう。そんな彼らの願望を実現するにはロボトミーしか無い。ロボトミーは未だに彼らの唯一の光明、希望なのだ
フルバ @furubakou1 2019年4月30日
masilite ゴーナフライハーイ!
フルバ @furubakou1 2019年4月30日
さすがにここに書かれてる内容と水素水やらを混同するのはどうなのよ。前者は当時は正しいと言われてたことだし、医療を発展もさせたからね?
ぼんじゅ〜る・Fカップ @France_syoin 2019年4月30日
お腹が痛くなったらコカイン入りのコーラを!w
もどき @Fake5LL 2019年4月30日
恐ろしいことにこれらが最先端医療だった時期というのが確実に存在するという 現在主流の医術だって令和が終わる頃にはこうしてネタにされてるものもあるかもしれない
伊達川(一) @Datekawa 2019年4月30日
水銀はその物質としての異質性から不死の妙薬だと思われてたこともあったからな……なお実態はヤバイ毒
巳堂鷺之丞 @saginojoh 2019年4月30日
p0poi 鉛は「薬屋のひとりごと」と「異世界居酒屋「のぶ」」で葡萄酒を甘くするとして登場してますね。薬屋のひとりごとのほうは白粉でも使われてました。
ぢゃいける@厚真町 @jaikel 2019年4月30日
ラドン飲料ってあったっけ?ラジウム飲料なら知ってるのだが。毎日飲んでた富豪の下あごの骨が腐り落ちたやつ。
ぢゃいける@厚真町 @jaikel 2019年4月30日
p0poi ローマでも鉛のワインカップがワインの味を良くすると重用されて、中毒者を大量に出してますね。
ケロちゃん@釜 @xenon122 2019年4月30日
最終的には「2200年頃まで人類は非常に低速で信頼性も低い蛋白質ベースの筐体上で動作していた」となりそう。
風呂メタルP @hurometal 2019年4月30日
ロボトミ-成功した人もいるんだっけな。
googoo2525 @gg25252525 2019年4月30日
ロボトミーの開発者なんかノーベル賞受けてなかったっけ?
arvante @in_Vixen 2019年4月30日
ラドン温泉の飲泉も、この本に載ってる事例と同等の代替医療というだけなのでは。
ミキオタナカ @maniaxpace_mt 2019年4月30日
修羅場まとめ系で赤ん坊に睡眠薬飲ませておとなしくさせてた父親の話があったな
フルバ @furubakou1 2019年4月30日
gg25252525 エガス・モニスだっけ?当時は画期的な治療法だったからねぇ。ノーベル賞取り消せ、って運動も起きてはいたみたい。
けっけけ @kekkekkekei 2019年4月30日
傷口には人間の脂肪ってのは感染さえなければ効きそう。なんなら馬油より美容によさそう。あと頭痛に焼きゴテみたいなそれどころじゃなくなる療法は現代にもまだあるよね
ɐɥuıɥsnoʇʇɐɥ @hattoushinha 2019年4月30日
LR_ery タフだったからこそ生き延びられたとも言えるね……
凄い栗 @superkurisan 2019年4月30日
よく似たタイトルの世にも奇妙な人体実験の歴史も面白いぞ。医学の発展のために自分を実験台にした医者の話ぞ
˚✧₊⁎脳胃腸˚✧₊⁎⁺˳✧༚ @uDs8MWqLWFzHbPL 2019年4月30日
未来では肉体を持つことへのリスクとしてひとまとめになりそう。
ちはや(葱風) @candyvisu 2019年4月30日
昭和も後半頃にオタマジャクシを丸呑みする健康法や自分の尿を飲む健康法もあったな、そういや。
トッリ(白SIRO) @SIRO4i8SATO 2019年4月30日
伝統の医療かつ今も有用でも、マゴットセラピーは強烈。よくぞ効能に気付いて…
sukebenayaroudana @Sukebenayarouda 2019年4月30日
Inuchawan 最初期の精神科病棟は「見世物小屋」でしたしね。それがヒューマニズムにもとづく、とされていたそうです。なぜなら入館料で患者たちに飯を食わせてやれるから
sukebenayaroudana @Sukebenayarouda 2019年4月30日
maniaxpace_mt それは欧米では今でも行われていて、医学的にとくに問題はないそうで。
sukebenayaroudana @Sukebenayarouda 2019年4月30日
「英雄的医療」をキーワードにぐぐられるのも一興ですぞ
社長(仮) @smichie1221 2019年4月30日
医学系学会誌のランセットは瀉血に使うカミソリ※から来てる。これ豆な。 ※中世ヨーロッパでは床屋さんが医療行為を行っていました。床屋の前にある赤と青のサインポールは動脈と静脈。
anony_mous @anony__mous 2019年4月30日
金$ポチった雨損ベゾスのつるっ禿げ親父め! https://amzn.to/2Wgobfp
anony_mous @anony__mous 2019年4月30日
実は私母譲り自己免疫症候有り赤チン被れ…アクリノール http://bit.ly/2ZKgVe7 ガーゼは平気なのに…
anony_mous @anony__mous 2019年4月30日
昔の水銀体温計割って http://bit.ly/2DG48zV 畳だったから慌てた!表面張力で球形だったケド今は赤外線で乳幼児でも安心安全 http://bit.ly/2Vvc55a
skon @skonn96 2019年4月30日
Uzoumuzou1467 視力なんてすぐ回復させられるじゃん?だと思う。
シーライオンneo @sealion_neo 2019年4月30日
shino_da ほんの100年前の「結核」と現在の「ガン」が同じような経過になればいいな、と思います。100年前には特効薬がなく手術で病巣を抉りとるしかなく再発すれば助からなかった結核も、抗生物質のおかげで治る病気になった(耐性菌の問題も昨今はありますが)。ガンも同じようになればなぁ
巳堂鷺之丞 @saginojoh 2019年5月1日
SIRO4i8SATO 戦場で見つかったんじゃ無いかなぁと。水木しげるさんのまんがで腕の治癒の描写にそんなのがあったような…
ジェリーブレイク @TruthorDare1984 2019年5月2日
moonintears16t そんな未来がくると良いなあ・・・
awawa @awawawada 2019年5月3日
日本でも江戸時代とかは梅毒には水銀の軽いやつ?を少量飲ませる治療法だったらしいね あと戦国時代の戦で負った傷の治療法とかもすごい 馬の糞を飲むとか塗るとか人間の尿を飲むとか…
たいらあおば @Logue_0707 2019年5月3日
masilite 海外では卵の洗浄が充分でなく、食中毒の恐れがあるので生食には適さない。「ロッキー」のアレは実は命懸けだったりする…
ポポイ @p0poi 2019年5月5日
gonlimo 読んでみます。(アンテナ低いな,己……)。