稲川淳二の『つぶやき怪談』(2019.04.24)

まとめました。
稲川淳二 怪談 ログ つぶやき
2
稲川淳二 @Junji_Inagawa

こんにちは。稲川淳二です。不定期ですが、Twitterで怪談をつぶやいています。

http://t.co/vWNsq1KrjO
稲川淳二 @Junji_Inagawa
目には青葉、風薫る令和元年。 春きたりなば、ツアー遠からじ、大好きな時節の到来となりました。
稲川淳二 @Junji_Inagawa
みなさん、お変りないですか?  稲川淳二です。
稲川淳二 @Junji_Inagawa
さて、相変らず両手の小指を除く指先の裂傷は完治せず、 これがもう痛いし、浸みるし、 で、茨城の工房に軟禁(殆ど監禁の)状態で、 独り愚痴を言ったり、呟き乍ら机に向かう日々を送っています。
稲川淳二 @Junji_Inagawa
外には一歩も出ず、ひたすら籠って、時計も見ないし、TVも観ないし、
稲川淳二 @Junji_Inagawa
夜明けとともに、鹿島灘が薄らと姿を現して、 軈て、水平線から、真っ赤な朝日が徐々に丸い輪郭を見せはじめると、
稲川淳二 @Junji_Inagawa
もう室内が壁も天井も私も、全てが赤く染ります。 と、非日常の生活を送っています。
稲川淳二 @Junji_Inagawa
みなさんが待っていて下さるから、頑張れまーす!
稲川淳二 @Junji_Inagawa
それでは、今回の「つぶやき怪談」そろそろ始めましょうか。
稲川淳二 @Junji_Inagawa
ゆったりと、くつろいで、お付き合いいただければと思います。 そんな訳で、怖ーい噺で楽しんで下さい。
稲川淳二 @Junji_Inagawa
稲川淳二の「つぶやき怪談」、怖・楽しい時間を、共有しましょうね。
稲川淳二 @Junji_Inagawa
これも不思議だったんですが。 私、最近、録音する仕事が結構多いんですよね。
稲川淳二 @Junji_Inagawa
ゲーム関係、何関係、ってのも色々あるんだけど。 でー、青山の録音スタジオで録音があって。 それが終わった。
稲川淳二 @Junji_Inagawa
「あーあっ、終わった」 と思って時計を見ると、もう8時を回ってるんですよ。
稲川淳二 @Junji_Inagawa
夜の8時っていうのは、ちょっと半端な時間なんですよね。
稲川淳二 @Junji_Inagawa
「どこか寄っていこうかな、青山だしな、一杯やりたい気もするなあ」 と思ったんです。
稲川淳二 @Junji_Inagawa
そうしたら一緒に仕事をした、仮にここではMさんとしておきましょうか。
稲川淳二 @Junji_Inagawa
若い女性、彼女が、 「おなかすいたなあ」とか言ってるんですよ。
稲川淳二 @Junji_Inagawa
私、Mさんとは前々からの知りあいなんですよね。 彼女はもと地方局のアナウンサーで、現在はフリーで活躍してるんですけど。
稲川淳二 @Junji_Inagawa
さてこの日、Mさんは、自分の友達の女性を連れてきてたんですよ、スタジオに。
稲川淳二 @Junji_Inagawa
で、「どうする? 食べに行く?」 なんて話してたので、あ、こっちも行こうと思ったから、
稲川淳二 @Junji_Inagawa
「どうしようか。食べに行こうか」 って言ったら 「ああ、いいですか」って。
稲川淳二 @Junji_Inagawa
「うん、行こうか」 っていう話になって、 で、うちのスタッフと4人でもってお店に寄ったわけだ。
稲川淳二 @Junji_Inagawa
で、食事して、何か飲んでる時にねえ、 Mさんの友達の、仮に北川さんとしましょうかね、
残りを読む(172)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする