79
アオミドリ @alfred_2013
ファンタジー剣術について妄想・考察する時があるんだけど、ファンタジー世界だと剣で硬いモンスターの手足を切断せにゃならんから対モンスター用の武術は必然的にパワーとスピードを重視した大振りなものになるから対人戦のエキスパートが対モンスター戦では弱いということもあり得るんだよな
アオミドリ @alfred_2013
ファンタジー冒険者について突き詰めるほど専科百般スキルは必須技能なんでレンジャー技能持ちがパーティーの要になってくるよね
『ロードス島戦記』のパーンと『魔法戦士リウイ』のリウイ
きばとり 紅@なろう活動中! @kibatori2646
@alfred_2013 @tividora2 少し古い話ですが水野良氏の『ロードス島戦記』の主人公パーンと『魔法戦士リウイ』のリウイが思い当たりました。
Mr.ムッシュ@SI完結 @Mr_mussyu00
@kibatori2646 @alfred_2013 @tividora2 横から失礼いたします。私この手の考察大好き侍なんですが、多分その原点が砂漠の国の魔法戦士のリウイと王子の決闘の設定と演出だと思います……w
アオミドリ @alfred_2013
@Mr_mussyu00 リウイの剣術は対魔物(更に厳密に言うなら対魔精霊)ですからねー
てんぶろ @Tenko_Buront
@alfred_2013 魔法戦士リウイがまさに対モンスター用の剣術で…と言おうとしたら既に話題に出てた(´・ω・`) リウイ以外だと無職転生も思い出します。同じ剣術流派でも、対人特化の剣士は片刃の薄い曲剣、対魔物特化の剣士は両刃の分厚い直剣と使い分けがあるようです。
アオミドリ @alfred_2013
@Tenko_Buront いいっすよね>モンハン的な対モンスター用の巨大剣 フィクションのチート達人は剣一振りでなんでもやっちゃう(それはそれで大好きだしさそこの理屈を突き詰めるのも好き)けどそれだと考察の甲斐がありませんし、特定の相手に特化した術理も考察・妄想するの楽しいですよね
技能の使い分け
令和の塩だれ @Wald76849870
@alfred_2013 FF外から失礼 ウィッチャーなんかの銀の剣みたいな感じですね 銀の剣は魔除けの効果で怪物には強いけど銀自体が脆いので鎧を着込んだ人間相手だと威力が半減してしまうしかし鋼の剣だと怪物に効果は薄い だからウィッチャーは銀と鋼の剣両方を持ってて相手によって武器を切り替えるみたいな
アオミドリ @alfred_2013
@Wald76849870 ですねー ファンタジー世界で腕利きの冒険者のあり方について考察してくと複数の技能を使い分ける器用さは必須なんかなと
パーティの必要性
ふみなしたんたんめん @fuminasi_nane
@alfred_2013 あれでもファンタジー世界の剣の達人は木の棒で鋼を断ち切るイメージあるからそういう感じで大型モンスターも倒す印象ある(どこの刃無鋒) ただ怪物のエキスパートと対人のエキスパートは多分倒し方違うよなと ゴブスレが策を弄して倒すのと一緒で怪物を倒す方法を考えて処理する感じ?
アオミドリ @alfred_2013
@fuminasi_nane 無数の武術を状況や相手に応じてシームレスに使い分けることができる人間が最強なんでしょうが、現実的には目的に対する適性に応じてパーティー組むんでしょうねー
ふみなしたんたんめん @fuminasi_nane
@alfred_2013 そうでしょうね あれ 強いキャラなら木の棒で鋼を断ち切る剣術がつかえて指パッチンで広範囲魔法が使える(どんなチートだ) でもそれができないならパーティー組んで臨機応変に対応していくのがベターな印象 あと面白いのが一定の怪物だけに特化する能力持ちとか?
アオミドリ @alfred_2013
@fuminasi_nane まぁファンタジー世界の達人は超人化するのは避けられないことですよね そういう超人・英雄だけでなく一芸に秀でたプロフェッショナルの連携もロマンありますよね
ふみなしたんたんめん @fuminasi_nane
@alfred_2013 このあたりはバランスだなと ただどっちもただ強いだけじゃちょっと物足りないのかなーと 超人英雄も一流のパーティーも 波風って必要だなと
リース @aaabaaab222
@alfred_2013 他にも1対多数に強い人とか 味方が居て初めて強い人とか 色々な可能性がありそうですねぇ
アオミドリ @alfred_2013
@aaabaaab222 ですねぇ ファンタジー剣術だと倒す対象によって術理そのものが相反するのもザラで現実より更に多様化するような気はします>魔法の併用とか含めて考えると指数関数的に増大!
特定怪物へのハンター
HWS Mk-1 @HWShosii
@alfred_2013 屠竜の技は竜が居なくて役に立たない=汎用性がないと考えられてるように対人の技も同じくそのままではモンスターに通じないと考えるのが自然なのでしょうね 付いてるいろいろな人のリプと合わせて考えさせられます。
アオミドリ @alfred_2013
@HWShosii 汎用的な術理をベースに特化した術理複数を個別に習得してそれらをシームレスに使い分けることがファンタジーの武術の達人には必要なんでしょうねー>一芸特化では長生きできない
残りを読む(48)

コメント

@onpu_original 2019年5月4日
魔法も対人と対魔物で必要な火力が全然変わってきそうですね。ドラクエで例えたらメラゾーマは対人だと火力過多だし効果範囲も狭くてイマイチでベギラマやイオラは火力十分で範囲も広くて避け切るのが難しそう。
たつろー @eisenKono 2019年5月4日
口先だけのへっぽこ槍兵が、実は対怪物専門の武術家だった。普段は対人に適用できなかっただけで、黒幕の怪物が現れたら一騎当千の活躍をする燃える展開。昔のファンタジア文庫だったと思うが、何の作品だったか。
ヘイローキャット @Halo_nyanko 2019年5月4日
武器じゃないけどSSのスレイヤーズゲーはちゃんと対人は精霊魔法、対魔族は黒魔法使うと効率的だった。
ゑびす@漫画を描くゾンビ @webisu_vip 2019年5月4日
XBLADEって漫画で、主人公が示現流身に付けた理由も対怪物戦想定してのことだったな。
デュアルハート @haniwaras 2019年5月4日
魔物といっても色々いると思うし幽霊の類は体術は意味なさげ ベルセルクでは印のせいで周囲の人物も幽界に入ってるから切れるんだったはず 魔法使いか神官は一人は居てほしいな
シモポ @simopo 2019年5月4日
巨大な怪物を斬り殺すのにドラゴンころしが必要なように、超巨大なkaijuを倒すのにはイェーガーが必要だ、ということですね!
A- @eimainasu 2019年5月4日
空手家が動物と戦うって本なかったっけ?相原コージじゃなくて
bqex @bqex_gokigenyou 2019年5月4日
魔獣の生態や対する側の技術的な問題も考慮しないと。例えば鬼滅の刃と約束のネバーランドでは同じ人対鬼でも全然戦い方が違う。
ヽ(`Д´)ノぴゃー@少年ジャンプ+にて「告白会の少年」掲載中 @pyaapyaapyaapya 2019年5月4日
ソシャゲ運営「対人戦では微妙だが対魔獣特攻を持った剣士を出すぞ課金してね」 (1か月後) 運営「対魔獣戦では微妙だが対人特攻を持った剣士を出すぞ課金してね」 (2か月後) 運営「特攻はないけど対人戦でも魔獣戦でもクソ強い最上位レアの剣士を出すぞ課金してね」
倦怠感 @weariness 2019年5月4日
eisenKono ろくごまるに『封仙娘々追宝録』の「砕鱗槍術」ですね
ありよし/コアロン @TnrSoft 2019年5月4日
リウイは古代語魔法使う関係上、「鎧で攻撃を防ぐ」というマニューバーが使えないからじゃね?
鹿 @a_hind 2019年5月4日
武術で魔物を圧倒するっていうともうチート級の武器か肉体持ってないともうどうにもならんのだろうなあ。 マスターアジアとかプルチノフみたいな頭おかしい奴なら素手でもどうにかできるんだろうけど。
あさぎ @asagi8 2019年5月4日
そういう意味でいくとロードスのベルドはじめ超英雄クラスは全てをぶっ飛ばすし、Dはヴァンパイアハンター名乗りつつ敵は特殊能力満載の人外だったりとすることで規格外の存在であること表現してるのかなと思ったり
積雪時 有効(キュアジェノサイド) @murakumo13 2019年5月4日
eimainasu 最近のラノベに「空手バカ異世界」というのがありましてな。
jun@ ↑←↑ @sibeQ 2019年5月4日
ファンタジーじゃなくロボットSFになっちゃうけど、マブラヴも対モンスター(BETA)戦を重視する諸国と対人戦を重視する米国、みたいな話でしたね。
のなめ/鈴木耀P @CodeName_NoName 2019年5月4日
ファンタジーと毛並みは違いますが、「はたらく細胞」の各免疫細胞も対病原体・対寄生虫・対がん細胞などにそれぞれの向き不向きが描かれてましたのを見ると、特化型というものは自然に生まれるものかと考えさせられます
ヒジャチョンダラ @citabow 2019年5月4日
ガチの対モンスター戦闘を妄想すると、剣なんかは振り回さずに、罠、毒、弓、槍……といった具合に、先ずは我が身の安全を第一に考えた攻撃手段から選ぶなあ。マブラヴなんかは敵に対して圧倒的に足りない攻撃力、防御力、しかしそれが精一杯の対抗兵器、命がけで立ち向う以外の選択肢は全く無い……ってのが悲しかった!
iksk @space_sk4500 2019年5月5日
一方EDFは生身の兵士に戦車の装甲を貫くという小銃を携行させていた
よーぐる @Seto_yasu1987 2019年5月5日
ダンジョン飯なんかだとライオスのパーティに対してカブルーのパーティは魔物には強くないけど対人技術は持ってるみたいな描かれ方だったみたいな
清元ヒロキ @hiroki_dorastor 2019年5月5日
D&Dで山ほどある~スレイヤー系の微妙性能な対策職の話してる?
はるを待ちかねた人でなし @hallow_haruwo 2019年5月5日
『異世界料理道』の狩人や守護人や兵士…etcは餅は餅屋な強さの違いがうまく出てると思う。
ヘルヴォルト @hervort 2019年5月5日
space_sk4500 シールドベアラーを突破できるのは俺たちだけだ!ウォォォォォ!!ですねわかります
古橋 @FuruhasiYuu 2019年5月5日
a_hind まあ「ちょうデカくて強い魔物が居る」って事実だけで割とファンタジーなので、そこに「人間側も対抗して強くなれる」ファンタジーを積み重ねるのはそんなに変な事でもないはず。
夕凪@B級眼鏡 @yu_nagi2 2019年5月7日
砕鱗槍術の話した?と思ったらすでに言及されててしょんぼりの巻。 あの話のいいところは「対龍の槍は他のあらゆる相手との戦いに無意味だが、その技を身につけるために鍛えた体や槍さばきは有効」というところ。
キール @kir_imperial 2019年5月7日
この種の話は好きだし面白いなぁって思う反面、新石器時代が終わる頃にはモンスターなんて人類に皆狩りつくされてそうってなる。んで、家畜化できたモンスターだけ生き残ってたり、人がまだ踏み入れる事ができないような秘境とかに、ひっそり生き残ってる的な。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする