10周年のSPコンテンツ!
3
徳永基二 @tokunagamotozi
天皇制はとっとと廃止すべきだ。素直にそう思う。私は左派であるが、この問題に関しては護憲ではない。というか前から分かっていることだが、左派の護憲は右派、戦前復権派に対抗するために言ってる党派的立場で、左派が優勢な状況なら左派なりの改憲を言っているだろう。当たり前だ。
徳永基二 @tokunagamotozi
私には天皇は権力だとか天皇の聖性は部落の賤に対置するものだとかいう発想はない。国の中央に人権を持たず、政治的発言権を奪われた、ただ存続することのみに意味を持たされた存在をおくことは、ほかの部門にも波及し、法事国家の枠組みを崩してゆくことになる。だから反対だと言ってる。
徳永基二 @tokunagamotozi
例えば、研修生として入ってきた外国人が不当な労働条件で働かされていたり、労働者の労働三権が守られていなかったり、女性が「生む機械」だという糞大臣がいたり、官僚が忖度で動き、公文書が捏造され、警察が裁量で逮捕権を乱用するこれ全て国の真ん中の人権の空洞から来ている。
徳永基二 @tokunagamotozi
昭仁の象徴としての行動は善意だったとは思う。だがその根拠、その意味付けがすべて憲法外の天皇としての権威が付帯する以上、その善意はすべて超国家主義に回収されざるえない。その点からも天皇という役職とあの家族の一体性を解除し、普通の人に戻すべきだ。
徳永基二 @tokunagamotozi
昭仁はどれだけ民主主義の戦後価値を体現しようが個人的なレベルを超えておらず、裕仁の枠を超えてない。現憲法が裕仁の承認に基づく以上、米軍の永久占領、沖縄の治外法権化、戦犯の罪科の曖昧化、これらの日本国憲法の空洞を超えることはない。

コメント

こねこのゆっきー @vicy 2019年5月6日
で、コストほぼゼロで軍隊並みの影響力があるチート外交カードを破棄したら、何がよくなるの?
@izanamu 2019年5月6日
宮内庁で100億円、皇室関連で60億円以上は毎年使ってる(金額自体は妥当だと思う)。また影響力とやらもいわゆる親日国にしか通じないのであれば余り意味をなさない(それは日本の経済力と背後に控える同盟国の威力)。自分は単純に今の様な基本的人権を著しく侵害する形でしか継続できないのであれば、今すぐに天皇制は廃止すべきだと思う。
ぼいパレ新刊booth準備中キキモラ @kkmrr42 2019年5月6日
皇室の方々の基本的人権を尊重するという意味で言ってるならまずは反天連とかの連中を説き伏せてからにしな(鼻ホジ
たかのり@ @T_takanori_ 2019年5月6日
風が吹けば桶屋が儲かる。
dag @digital_dag 2019年5月6日
譲位だけであれだけ騒動になったのに…。こういう事言う人はどうやって平静に廃止させるつもりなんですかね。
羊毛くまさん @WoolBearSan 2019年5月6日
国家には中心となるものがある方が安定する。それは宗教、王家、理念、精神などいろいろあるが、日本の場合は天皇だった。明治維新、WW2の敗戦といった国家的危機も天皇という権威がある事で、どれ程助けられたのか、計り知れない。
羊毛くまさん @WoolBearSan 2019年5月6日
少なくとも、「国家に中心など要らない」という人とは議論にならないと思うし、まさか「マルクス・レーニン主義」が国家の中心になると思っているのなら、「お爺ちゃん、ちゃんとお薬飲もうね。」としか。
ぺいぺい上級大将 @peipei999 2019年5月6日
じゃあ国民投票法をきちっと整備しようぜ!
羊毛くまさん @WoolBearSan 2019年5月6日
こういう極論を述べて悦に入っている奴は、無責任の極みなんだよ。絶対に「答え合わせ」の時間は来ないので、こういう輩は自分の破茶滅茶な回答用紙をドヤ顔で晒し続けていられるのだから。
香織 @kaori_serizawa 2019年5月6日
こういった安易な衆愚感情や政治思想に流されず国や学者は結論を下してもらいたいですね。
杭打ち機 (瞬砕) @P_Pile 2019年5月6日
(ボソリ)社民党支持者ね…あっ(察し)ぐらいの感じで、えーだって「朝鮮労働党に統治して頂くザマス」みたいな人達ばっかりなんでしょ?みたいな。
緑川⋈だむ @Dam_midorikawa 2019年5月6日
P_Pile あの国のもう3代70年続いてる「王朝」って実は旧憲法の天皇制がモデルなんじゃないかなあ
しょぼんぼん(´・ω・`) @nega_syobon 2019年5月6日
いわゆる左派の人たちは護憲を叫び続けるだけで天皇制反対派の人は声をあげても何の成果も得られてきていない。それならばと象徴天皇制廃止を謳った憲法改正派が現れるんじゃないかと思ってる。 上皇陛下が生前退位の希望を出して国民の理解も多かった中で実現した実績と、皇室制度維持問題の混乱のすきを突いて、人権抑圧されてる皇族方を解放しよう!みたいな同情に訴える呼びかけをしたら、案外支持者増えちゃうのかもしれない。
バジル @dNPQyjwy2HfUdMX 2019年5月6日
改憲から逃げていない一貫性には好感が持てる 意見には賛同しないが
かにたま @kanisato 2019年5月6日
一番平静に天皇制廃止するのはどうやったって後継ぎが出来ないときじゃね?
西方政府軍兵士@ノクターンノベルズ&セルバンテス @Lkpi8dEIKmF7bi1 2019年5月6日
天皇制が消えた後、過激な左右の政治思想が飛び出た時どうやって抑制するつもりなんだ?ナチスドイツの台頭は帝政崩壊後の混乱で、ドイツ人が帝政に代わる拠り所を探した結果ナチスとヒトラーに飛びついたからだぞ
プレーンビスケット@タウイタウイ泊地 @plain_bis 2019年5月6日
まあなんと言うか、元首の扱いが軽いよね
西方政府軍兵士@ノクターンノベルズ&セルバンテス @Lkpi8dEIKmF7bi1 2019年5月6日
国家を統一、統合する神話が消えた国は大抵過激な思想や組織が生まれる。酷い場合は独裁化、虐殺が起きる。このまとめ主はその混乱状態に日本が陥らないと無邪気に信じているのか?権威が消えた事による混乱の中で滅茶苦茶になった中で「万世一系の天皇陛下!御出座しください」と後悔しても遅いのだぞ
西方政府軍兵士@ノクターンノベルズ&セルバンテス @Lkpi8dEIKmF7bi1 2019年5月6日
plain_bis 元首と言うか統合の象徴が消えたらどういうことになるのか?って想像力が欠落している
あなぐま @badger2635 2019年5月6日
天皇という制度がなくなったからと言って即座に社会が不安定になることもないだろう。経済がうまく回って国際環境が安定していれば統合の原理とか支配の正当性とかがあいまいでもまあなんとかなる。逆に統合の原理とかが過激思想の拠り所になる場合だってある。天皇や神道あたりを拠り所にしてる右翼がみんなまともかといえばそんなこともないわけで。戦時中の日本の思想的過激化の軸になったのは制度としての天皇だったし。
臼沢沙英 @Sae_anime 2019年5月6日
2000年?続いた歴史を終わらせるのが、跡継ぎがいないなんて情けない顛末で終わるのと、自らの手で終わらせるの、どっちがいいかって選択をそろそろ考えないといけない段階に入ってると思うけどね。保守(真正保守もネトウヨもどっちも)はこの問題から目をそらし続けてるけど、皇太子夫妻に内親王しか誕生しなかったその時点で考えなくちゃいけない問題だったと思う
臼沢沙英 @Sae_anime 2019年5月6日
vicy まあ日本の外交力それ自体はクソザコですから、使える武器は残さないといけませんよね
九十九 @hakqq 2019年5月6日
×昭仁 〇明仁 アカ共は漢字も打てんのか
Rogue Monk @Rogue_Monk 2019年5月7日
「でも利得のほうが大きいから存続OKじゃね?」に落ち着くのよね。人権の空洞化は昔から酷かったし。
さとう⋈ゆーすけ(日韓基本条約=竹島拿捕人質帰還条約) @USK_Sato2 2019年5月7日
意見を言うのは自由だが、実行すればほぼ確実に内戦になるので、賛成とか反対とかいう以前に実行不可能。「できないことを主張する」のは、時間の浪費であり、賢い人のやることではない。
西方政府軍兵士@ノクターンノベルズ&セルバンテス @Lkpi8dEIKmF7bi1 2019年5月7日
badger2635 経済がうまくいかなかったらどうするの?また昭和天皇の戦争責任については議論があるが、日本を太平洋戦争に導いた数多の日本の軍事行動の全てに天皇が関与していたわけでは無い。そう考えるのは田中上奏文の陰謀論の中だけだ。
西方政府軍兵士@ノクターンノベルズ&セルバンテス @Lkpi8dEIKmF7bi1 2019年5月7日
badger2635 統合の原理が過激化するとのことだが、象徴天皇制、ないし立憲君主制の場合それを抑止しやすい。これは戦前だが、2・26の時、天皇に対する忠義でこれをやってるといった反乱グループは陛下がそれを望んでいないと言った事で瓦解した。これが宗教や思想ならこううまくは抑え込むことは出来なかっただろう。 玉音放送にも同じ事が言える。あれによって我が国はナチスドイツの様な全国土が市街戦の末に制圧される破滅を回避できた
西方政府軍兵士@ノクターンノベルズ&セルバンテス @Lkpi8dEIKmF7bi1 2019年5月7日
badger2635 天皇や神道あたりを拠り所にしてる右翼が変なことを始めようとしたら、天皇陛下の御言葉で抑え込めるでしょう?例えばカトリック教会がローマ法王の発言で、信徒に同性愛者への暴力を止めろと言う様に。 これが思想、特定の総本山を持たない宗教原理主義の場合、収拾不可能になる。
西方政府軍兵士@ノクターンノベルズ&セルバンテス @Lkpi8dEIKmF7bi1 2019年5月7日
Dam_midorikawa 宗教や王と言った既存の権威を否定した共産主義国の代替物が独裁者への個人崇拝という意見もあるからな。イスラム圏でも世俗主義の独裁国は特定の指導者への個人崇拝や銅像の建立等をやってる。民主主義国のトルコも建国の父のケマル・アタテュルクへの個人崇拝と侮辱罪がある。
LINSTANT0000@ほぼ全素材不足マン @linstant0000 2019年5月7日
Lkpi8dEIKmF7bi1 アラブやアフリカの王や宗主国から独立した民族主義や個人崇拝の独裁政権を倒した結果、何が起きたかって話なんだよな。 各地で民兵の数が多い組織が広い領土を確保する非常に民族主義的な状況が生まれてるけど、彼らはそれを見なかったことにしている()
深月 慧⛅ @Key_Hukatuki 2019年5月7日
あー想像力もクソもないバカのセルフまとめか
あなぐま @badger2635 2019年5月7日
Lkpi8dEIKmF7bi1 2.26の結果過激思想が抑えられて大正デモクラシー的な穏健な政体に戻ったというならその通りだが、現実に起こったのは軍部の発言力拡大であり近衛内閣であり、支那事変の泥沼化でありついには大東亜戦争の破局であった。そしてこれらに国民の支持を動員するため、あるいは対外的武力侵略の正当化に利用されたのは制度としての天皇制の聖性であり万世一系の国体だった。そしてそれは天皇の意志とは無関係に、むしろ意志に反して展開された。
西方政府軍兵士@ノクターンノベルズ&セルバンテス @Lkpi8dEIKmF7bi1 2019年5月7日
badger2635確かに。ですが、玉音放送で日本にとってドイツや東欧よりもマシな降伏になったのは事実でしょう。天皇の意志と無関係に太平洋戦争や志那事変が勃発したのは事実ですが、それは明治の大日本帝国憲法の制度の問題、当時の国際情勢、経済、社会問題等の結果で、今の権威となった立憲君主制の日本の権威である天皇陛下と日本国で同じ事が起こるとは思えない。
あなぐま @badger2635 2019年5月7日
badger2635 終戦前後の混乱の収拾にしても、それは単に天皇という制度があったから可能だったのではなく、昭和天皇という個人の資質によるところが大きい。これは、血脈の親疎を唯一の要素として機械的に継承順位を定める現行制度にあっては大きな問題となる。仮に天皇の地位にあったのが閑院伏見の両総長宮や東久邇宮のような人物だったとしたらあれほど水際だった時局収拾は可能だったであろうか。
西方政府軍兵士@ノクターンノベルズ&セルバンテス @Lkpi8dEIKmF7bi1 2019年5月7日
あの時点で天皇陛下単独で大正デモクラシーまで民主主義を戻すのは不可能だと思う。政党政治が機能不全になって大政翼賛会とか軍部の暴走を招いたのは、軍人や政治家、メディア、国民全体の世論といった複合的問題があるわけで。
あなぐま @badger2635 2019年5月7日
badger2635 立場が人を育てるという考えもあるだろうが、逆に立場が人を潰すこともある。大正天皇や、近くは現皇后さまのように。さらにいえば、ワチラーロンコーンみたいなとんでもないのが即位する可能性だって否定できない。少なくとも現行制度では阻止できない。馬鹿だから皇位継承順位から外す訳にはいかない。人形に徹してくれればマシだが馬鹿にはそれもできない。
西方政府軍兵士@ノクターンノベルズ&セルバンテス @Lkpi8dEIKmF7bi1 2019年5月7日
badger2635 WW1のヴィルヘルム二世の行動がワイマール共和国とナチスドイツを生んだように昭和天皇だからこそ玉音放送を行えたと言うのはあるでしょう。鈴木貫太郎が内閣総理大臣になったのが、玉音放送と終戦へと繋がった様に。
あなぐま @badger2635 2019年5月7日
Lkpi8dEIKmF7bi1 その右翼を抑え込めずに大手を振って歩かせたのが戦前の歴史だ。
西方政府軍兵士@ノクターンノベルズ&セルバンテス @Lkpi8dEIKmF7bi1 2019年5月7日
badger2635 今の立憲君主制はタイも、イギリス、そして日本も、建前上も、法律上も王に国民統合、国家と議会制民主主義に権威を与える人形であってもらう前提の筈ですよ。戦前の日本の様に天皇陛下に権力があればその懸念も分かりますが
西方政府軍兵士@ノクターンノベルズ&セルバンテス @Lkpi8dEIKmF7bi1 2019年5月7日
badger2635 今はどうです? また天皇の存在があるから言い方はアレだがその程度で収まったともいえる。ドイツは皇帝に代わる権威をワイマール共和国が最後まで発見できず、ユダヤ人、スラブ人は殲滅だ!障害者は滅ぼす、アーリア人主義という恐るべき思想を掲げるナチスドイツを生みました。ロシア→ソ連はロシア帝国以上の秘密警察、抑留、民族浄化、虐殺、侵略戦争を招いた
あなぐま @badger2635 2019年5月7日
Lkpi8dEIKmF7bi1 いまの日本だって社会が不安定化すればかつてのような天皇の神性を強調する神話が復活しない保証はないし逆に天皇制を潰す方向の過激思想が再活性化しない保証もない。あらゆる思想は常に過激化する要素をはらんでいるものと考えるべきだろう。民主主義だってアメリカが気に入らん国に武力介入するためのイデオロギーになっている。
あなぐま @badger2635 2019年5月7日
Lkpi8dEIKmF7bi1 タイはそうなっていない。現にワチラーロンコーンになってから王の権限を強化する憲法改正を行なっている。繰り返す。馬鹿は人形にさえならない。延々周りにトラブルをばら撒き続けるだけだ。日本でいえば戦前の久邇宮のようなもんだ。
西方政府軍兵士@ノクターンノベルズ&セルバンテス @Lkpi8dEIKmF7bi1 2019年5月7日
badger2635 少なくとも天皇制の権威が立憲君主制という形で我が国の民主主義を支えています。今後そう言う思想が出てくれば、天皇陛下の権威が正当化する立憲君主制議会制民主主義を擁護する思想を進めればいい。 アメリカについてはあの国にとっての権威、神話はアメリカ例外主義、キリスト教でしょう。アメリカが民主主義を武力介入に使うのもアメリカが例外だという信念があるから。民主主義の問題というのは単純すぎる
西方政府軍兵士@ノクターンノベルズ&セルバンテス @Lkpi8dEIKmF7bi1 2019年5月7日
badger2635 タイは戦前の日本の様に軍が政治に容喙出来るシステムになってるからでしょう。現在の日本は文民統制が存在してます
あなぐま @badger2635 2019年5月7日
結局、立憲君主制だって過激化する時はするし、血統原理に立脚する以上その機能は個人の資質に左右される。そのような限界に目をつぶって統合の機能をやたらに持ち上げるだけのおめでたい心性は容易に君主の神性を基盤にした過激思想に転化しやすいということは認識されるべきだ。所詮不完全な人間の作った制度に完全なものなどない。
あなぐま @badger2635 2019年5月7日
Lkpi8dEIKmF7bi1 文民統制で立憲君主制なら、仮にワチラーロンコーンが天皇に収まっても天皇制は回るとお考えか?
西方政府軍兵士@ノクターンノベルズ&セルバンテス @Lkpi8dEIKmF7bi1 2019年5月7日
badger2635 ワチラロンコーンはタイ国王なのですが?物凄く言い方悪いけど、アレな人物とされていた人が天皇陛下となったケースは近代だと大正天皇が該当するのかな。一応平和ではありましたね大正時代
西方政府軍兵士@ノクターンノベルズ&セルバンテス @Lkpi8dEIKmF7bi1 2019年5月7日
badger2635 立憲君主制は不完全でしょう。チャーチル首相が民主主義を人類史上最悪だが、これまでの政治体制よりもマシと言ったように立憲君主制は他よりもまだ暴走リスクが低いと言ってるんですよ。
洗面器 @cO7gY8gbeNcoNEe 2019年5月7日
改憲はしないで俺の気に入らないとこだけ変えろ って輩よりはマシなんじゃないか 支持はしないが
あなぐま @badger2635 2019年5月7日
Lkpi8dEIKmF7bi1 大正天皇なんぞと比較してもらっては困る。ワチラーロンコーンは刺青半ケツで写真を撮られ、日本訪問の際に愛人を連れていこうとしたリアルチンピラだ。国民の人気は最悪。今の皇位継承の原理ではそんなのでも即位することを阻止できない。今はたまたま三代続いてまともな人が即位されているが、未来永劫それが続く保証はない。馬鹿な王族問題は君主制永遠の課題だ。一度馬鹿の相手すれば嫌でもわかるよ。
あなぐま @badger2635 2019年5月7日
Lkpi8dEIKmF7bi1 大東亜戦争の結末をあの程度で片付けるようでは不安は拭えないな。あの戦争では日本が滅ぶ一歩手前までいった。そして天皇にひとを得なければ日本は滅んでいただろう。そして実態はどうあれ表向きのシンボルにされたのは他でもない天皇制だ。過激化の危険性は他の政体とさして変わらない。
西方政府軍兵士@ノクターンノベルズ&セルバンテス @Lkpi8dEIKmF7bi1 2019年5月7日
badger2635 帝政の権威の崩壊後の空白から政権を奪取し、ホロコーストという近代人類史上最悪の蛮行を行い、ドイツ全土が廃墟となった上、市街戦を経験し、東西分断したドイツの破滅、ロシア帝国後のソ連の蛮行とその末路よりはマシですよ。ソ連の後継国家は今も苦しんでいる 過激化のリスク云々言い出したら民主主義だってダメになりますよ。ナチスドイツを産んだのは当時世界で一番先進的と言われた憲法を持つワイマール共和国だった。
西方政府軍兵士@ノクターンノベルズ&セルバンテス @Lkpi8dEIKmF7bi1 2019年5月7日
badger2635 少なくとも権力と権威を分離した立憲君主制は、絶対君主制、独裁制よりは馬鹿な君主の被害を局限できる。民主主義が馬鹿な政治家の被害を局限できる様に。
あなぐま @badger2635 2019年5月7日
Lkpi8dEIKmF7bi1 日本も本土決戦分断国家一歩手前までいったわけだが。そしてそれが結果として阻止されたのはあくまで昭和天皇ご自身の資質によるのであって、立憲君主制という制度の正常な機能によるわけではない。むしろ、立憲君主制が機能していたからこそ日本の対外硬路線は本土決戦一歩手前まで突き進んでしまったのではないか?軍や政府の権限が憲法を筆頭とした法体系により規定され、天皇はその枠組みの中でしか権限を有しなかったからこそ軍部の独走を防げなかったのでは?
あなぐま @badger2635 2019年5月7日
badger2635 御聖断にしても、政府の意思決定機能が機能不全に陥ったことによりはじめて可能となった訳であり、立憲君主制の制度からは外れた行いであろう。もし天皇に実質的な権限が今少し集中されていたなら、むしろ戦前の対外硬路線はもっと手前で抑制されていたのではなかろうか。
西方政府軍兵士@ノクターンノベルズ&セルバンテス @Lkpi8dEIKmF7bi1 2019年5月7日
badger2635 そもそも戦前の日本は立憲君主制とは言い難い。それに近い政治形態で選挙制度もあったが。 昭和天皇がもっと君主として立ち廻れば、大日本帝国の主権者である天皇としての権能をフル活用していたら 対米戦や日中戦争に至る破滅を回避できたかというIFは魅力的だが、その後の日本がどうなったか分からないし、どれだけ成功の可能性があったかが謎
西方政府軍兵士@ノクターンノベルズ&セルバンテス @Lkpi8dEIKmF7bi1 2019年5月7日
badger2635 戦前の日本は立憲君主制に近いが、今の日本のそれとは違う。また文民統制も存在していなかった。軍部が暴走したとはいえ、その軍部の暴走を満州事変にしろ、5・15,2・26と国民やメディアも少なからずが喝采を挙げたという事実や当時の我が国の経済状況も考えないといけない
あなぐま @badger2635 2019年5月7日
立憲君主制の強みがあるとするなら、それは非常事態に立ち至った時に時局を収拾する者がいる可能性があるというところまでで、不安定化しにくいということはない。君主の資質次第ではむしろ不安定化を促進することさえありうる。時局収拾についてもそれはあくまでも可能性に留まるものであり、君主に人を得なければ容易に崩壊する。それは滅びた王朝の歴々を顧みれば明らかだ。
あなぐま @badger2635 2019年5月7日
Lkpi8dEIKmF7bi1 経済状況や国民世論やメディアの動向により国が不安定化する現象はあらゆる政体にあてはまる。立憲君主制があれば不安定化が抑制されるのかといえばそんなことはなく、体制の正当性が問われることには変わりないし、君主の資質や体制の裏付けとなる思想いかんによっては流れに棹差す可能性もある。そのような意味で不安定化の危険性に関しては他の体制と選ぶことはない。経済が回らなくなって失業者が街に溢れるようになればあらゆる体制は不安定化し、正当性が疑われる。
あなぐま @badger2635 2019年5月7日
Lkpi8dEIKmF7bi1 立憲君主制が正常に機能していたら対米戦や日中戦争に至る破滅を(以下略
西方政府軍兵士@ノクターンノベルズ&セルバンテス @Lkpi8dEIKmF7bi1 2019年5月7日
badger2635 戦前の日本の立憲君主制はそうですな。今の日本は天皇陛下は完全に権威としての存在なんで
西方政府軍兵士@ノクターンノベルズ&セルバンテス @Lkpi8dEIKmF7bi1 2019年5月7日
badger2635 いいえ。独裁政権や共産主義、君主制よりは、権威としての立憲君主を有する議会制民主主義は不安定化に対する耐久性がありますね。
西方政府軍兵士@ノクターンノベルズ&セルバンテス @Lkpi8dEIKmF7bi1 2019年5月7日
badger2635 違います。現在の日本やイギリスのタイプの立憲君主制は、君主を権威として権力から切り離し、権力を権威から切り離すことでヒトラーの様な独裁者が生まれるのを抑止できます。
あなぐま @badger2635 2019年5月7日
Lkpi8dEIKmF7bi1 お前がそう思うんならそうなんだろう、お前ん中ではな。実例を踏まえた上でないとそうとしか言えない。それとも、正しい立憲君主制は成功している立憲君主制だけだ、とでも言っておこうか?
あなぐま @badger2635 2019年5月7日
つうか立憲君主制ってのほあくまで憲法に従って君主が統治権を行使する君主制を指すのであって、大日本帝国の体制も立憲君主制に含まれるよね。含まれない、ってのは単なる俺定義。
西方政府軍兵士@ノクターンノベルズ&セルバンテス @Lkpi8dEIKmF7bi1 2019年5月7日
badger2635 私は現在の日本やイギリスは立憲君主制でも議会制民主主義を採用して完全に権威と権力を分離しているので独裁政権化のリスクを局限していると、戦前の日本の立憲君主制と現在の日本のそれを分けてるが? まあ戦前の日本の立憲君主制でもナチスやファシスト党の様な過激化した極端な独裁政権の支配を回避していたと思うよ
西方政府軍兵士@ノクターンノベルズ&セルバンテス @Lkpi8dEIKmF7bi1 2019年5月7日
badger2635 少なくとも戦前の日本は、太平洋戦争への道を突き進んでしまったが、ナチスドイツやソ連共産党の様な独裁政権が樹立され、それに伴う独裁体制という悲劇を回避できただけマシだったと思うよ。 また戦後の日本やイギリスは冷戦期も独裁者や過激派が民主主義を破壊する事態を今日まで回避している。
あなぐま @badger2635 2019年5月7日
Lkpi8dEIKmF7bi1 随分限ってくるね。最初は「国家を統一、統合する神話が消えた国は〜」とか言ってたのに。「立憲君主制」とやらの対象が戦後日本に限られるなら、第三共和政以降のフランスだって、戦後の西ドイツだって、インドだって民主制の下で曲がりなりにも安定が実現している。少なくとも「立憲君主制」に劣るとは言えないよね。せいぜいが、地域によって相性のある政体、ない政体がある、とぐらいした言えないと思うが。
あなぐま @badger2635 2019年5月7日
badger2635 戦後の日本が曲がりなりにも安定したのは天皇制云々よりは、政府の当局者が曲がりなりにも経済を安定させて、高度経済成長を実現させて豊かな社会を作ったからでしょ。戦後の天皇制は民衆の統合の象徴と見られていたのと同様に打倒すべき旧体制の象徴とも見られていたことは忘れてはいけない。権威ってのは当然に尊重されるものではなく、時に敵対者をまとめる効果も発揮する。
西方政府軍兵士@ノクターンノベルズ&セルバンテス @Lkpi8dEIKmF7bi1 2019年5月8日
badger2635 現代の日本はどうか?と言われれば現代日本やイギリスの、権威と権力完全分離した立憲君主制を採用した議会制民主主義に話を限らざるを得なくなる
西方政府軍兵士@ノクターンノベルズ&セルバンテス @Lkpi8dEIKmF7bi1 2019年5月8日
badger2635 それ言い出したら他の安定した国々にも言えませんかね?経済的に豊かならってのは波が静かな海ならどんな船も沈まないと言うのと同じ。また高度成長期の日本を例に出すのなら、戦前の日本は貧しかったが、天皇制の打倒を叫ぶ共産党が敗戦、GHQ占領に至るまで勝利しなかったというのはどう考える?。治安維持法や軍隊を勘案しても、ロシア帝国やその他の共産主義革命が起きた国にも類似の機構があったのに旧体制は敗北した
西方政府軍兵士@ノクターンノベルズ&セルバンテス @Lkpi8dEIKmF7bi1 2019年5月8日
後俺は王制という権威がないから安定しないとは言ってないんだがな。インドについては分離独立や地域主義政党があったりするように州ごとの独自性がある。戦後の西ドイツはソ連、東ドイツという外敵、ナチス政権の反省、と言ったものが政府を正当化してるんでしょ どんな政体でも政府正当化の権威を生み出す。その中で比較的に穏当なのが立憲君主制、特に王制を権威、政府を権力に分離した体制だと考えている
西方政府軍兵士@ノクターンノベルズ&セルバンテス @Lkpi8dEIKmF7bi1 2019年5月8日
国家を統一、統合する神話が消えた国ってのは、ソ連の後押しで独立したばかりの北朝鮮やアフリカの独裁国、帝政が崩壊した後生まれたが、それに代わる権威を持たないワイマール共和国とかの事。 独裁国、王制国の中には王、独裁者という権威を否定したことが国家統合の神話、権威となり安定した地域もあるが、 個人崇拝を生み出す結果になった面もある。オスマン帝国から生まれたトルコがアタテュルクへの個人崇拝を続けている様に
西方政府軍兵士@ノクターンノベルズ&セルバンテス @Lkpi8dEIKmF7bi1 2019年5月8日
最後にこれはまとめ主への批判もあるが、私は、そういう現状の権威の代替物としての国家統合、政府の権力を正当化するものを、代案を持たないのに現在の日本の議会制民主主義、憲法に権威を与える権威を廃止しろってのはばかげているといいたいんですよ。戦前~冷戦期の共産主義者はまだ共産化という(酷い案だが)案を有していたぞ
杭打ち機 (瞬砕) @P_Pile 2019年5月9日
Dam_midorikawa こう、なんというか「天皇より社会主義を三代続けている金一族の方が価値がある!」って本気で思ってそう。
杭打ち機 (瞬砕) @P_Pile 2019年5月9日
こういう話を見るに(https://togetter.com/li/1334046)「自分が価値がないと思ったモノには敬意を払わなくていい」と考えてる奴は結構いるようだな、と。そら天皇の扱いが軽いだろと「日本人も日本社会も存続の価値がない」のだからと。
徳永基二 @tokunagamotozi 2019年5月18日
WoolBearSan 国には中心は必要だろう。それは一個人に委ねるのでなく、明文化された法という理念によるべきだろう
徳永基二 @tokunagamotozi 2019年5月18日
Lkpi8dEIKmF7bi1 昭和天皇には責任はあるさ。一番の責任は自身とお仲間の責任逃れのために、米軍の永続占領を認め、沖縄を売り渡したこと。今の天皇はその枠から一歩も出ていない。あれだけ国内外の戦地に向かっても日本軍による被害者のいる戦地後には慰霊していない。
西方政府軍兵士@ノクターンノベルズ&セルバンテス @Lkpi8dEIKmF7bi1 2019年5月18日
tokunagamotozi 法に正当性を与えるのが権威なのよ。「イスラム法」という宗教法に基づいてる国は、スーダン等いくつかあるがあれがお望み?
西方政府軍兵士@ノクターンノベルズ&セルバンテス @Lkpi8dEIKmF7bi1 2019年5月18日
tokunagamotozi で、昭和天皇が権威として戦後の平和国家日本の国民統合の象徴という責任を取らなければ、平和になったと思うの?昭和天皇が反面教師にしたというドイツのヴィルヘルム二世の退位とワイマール共和国は、ナチスドイツという恐るべき独裁国家を生み出しましたが
徳永基二 @tokunagamotozi 2019年5月18日
前にも書いたことあるが、憲法9条に関する問題は全て革命権の問題尽きる。諸外国を見てもそうだ。どの国にも革命の神話があり、国の軍隊の事始めは人民が国を相手取って武装蜂起したことに端を発する。ところが日本では知ってごとく55年に共産党が武装闘争路線を捨てて学生運動諸派と袂を分かって以後、革命権が犯罪として処罰されることになってしまった。サミットに対する平和な反対運動や沖縄米軍基地反対ですら警察により暴力的に排除される。
西方政府軍兵士@ノクターンノベルズ&セルバンテス @Lkpi8dEIKmF7bi1 2019年5月18日
tokunagamotozi 明文化された法だけ、権威が伴わなければ国民はついていかないし、それが混乱を防ぐかは分からないってのは皇帝が消えた後、左右の政党がワイマールなんぞ認めねえと私兵すら動員した抗争を繰り広げたワイマール共和国を見れば明らか
西方政府軍兵士@ノクターンノベルズ&セルバンテス @Lkpi8dEIKmF7bi1 2019年5月18日
tokunagamotozi 革命の神話がすべての国にある?立憲君主制、王制のある国は?スウェーデンやデンマーク、サウジアラビアは?日本の場合、革命と言えるのは明治維新があるではないか。左派は頑として認めたがらないが
西方政府軍兵士@ノクターンノベルズ&セルバンテス @Lkpi8dEIKmF7bi1 2019年5月18日
tokunagamotozi 革命を起こして大勢が死ぬってケースもあるよね。ロシア革命は800万が死に、スターリン体制で更に増えた。共産革命なんてのは失敗だったというのは、ソ連崩壊で明らかになったと思ってたんだけどな
徳永基二 @tokunagamotozi 2019年5月18日
本来なら、憲法9条「国権の発動たる武力行使を放棄する」→「ならどうやって国を守る?」→「民権の発動たる革命権の行使で」これが正当な左翼的答えだった。左翼的憲法ならもちろん革命権も含み、特定の個人を世襲で天皇などに祭り上げることもなくなり、外国軍の永久駐留も否定するだろう。
西方政府軍兵士@ノクターンノベルズ&セルバンテス @Lkpi8dEIKmF7bi1 2019年5月18日
ソ連は明文化された法(スターリン憲法)を有していたが、その内情は恐るべき独裁体制で、スターリンが権力と権威を独占する君主制国家さながらの状態だった。
西方政府軍兵士@ノクターンノベルズ&セルバンテス @Lkpi8dEIKmF7bi1 2019年5月18日
tokunagamotozi 革命権ねぇ。ジョン・ロック流にアメリカの様な銃社会にする気か? 左翼的憲法なら外国軍に永久中立させない?冷戦期、東ドイツやポーランド、果てはキューバにすらソ連軍が駐留軍として存在してたのは無視ですか?ハンガリー動乱やプラハの春ではこの軍隊が弾圧を行ってる。在日米軍は現在まで日本の政治に軍事力を持って介入した事はないぞ
西方政府軍兵士@ノクターンノベルズ&セルバンテス @Lkpi8dEIKmF7bi1 2019年5月18日
tokunagamotozi共産主義者が政権を握った国はどこも程度の差こそあれ指導者への個人崇拝をやってますが?それも批判者を即座に抹殺する恐るべき独裁者が。そんな伝統もない、暴力とカルト的思想に基づいている存在よりは、国王や天皇等の権威が、権力と別れて存在している方が安全だ
徳永基二 @tokunagamotozi 2019年5月18日
Lkpi8dEIKmF7bi1 別に丸山眞男史観「8/15革命論」を否定したいわけでないさ。ただ、「8/15革命」は不徹底だったといいたいわけだ。大日本帝国憲法を作り出した明治維新よりは斬進だったが、真の自由のためには不徹底だった。そういう意味ではある意味右翼が言う「押しつけ憲法」史観は間違ってない。ただ、方向は真逆だが。なるほど「東京裁判」は押しつけ正義だろう。なら、自分たちで再度戦犯を裁くべきだっただろう。60年安保は本来そういう意味だろう。
西方政府軍兵士@ノクターンノベルズ&セルバンテス @Lkpi8dEIKmF7bi1 2019年5月18日
tokunagamotozi 真の自由ね。ソ連や中国、イスラム原理主義化したスーダンは、理想を追い求めて破滅したんだけどな。戦後日本は、立憲君主制かつ議会制民主主義を持ってる。私は、理想と現実に上手く答えを出したと思うよ 北朝鮮の様に革命を叫ぶ独裁者が絶対君主となった恐怖政治やられるよりかは遥かにいい。
西方政府軍兵士@ノクターンノベルズ&セルバンテス @Lkpi8dEIKmF7bi1 2019年5月18日
追記、ここで言う「中国」ってのは毛沢東政権期の事ね。
徳永基二 @tokunagamotozi 2019年5月18日
Lkpi8dEIKmF7bi1 君は「「中国」ってのは毛沢東政権期の事」」などという注意書きを書く癖に「別に丸山眞男史観「8/15革命論」を否定したいわけでないさ。」や「60年安保本来そういう意味だろう。」を読まないね。
西方政府軍兵士@ノクターンノベルズ&セルバンテス @Lkpi8dEIKmF7bi1 2019年5月18日
tokunagamotozi 読む価値が無いからな。理想が共産主義的な物になるのなら論外だからな。共産主義がろくでもない失敗だったのは明らか、欠陥品のOSを今更手直しして使おうなんて結論は支持できない。 また共和政にしてポピュリズムや衆愚政治にどう対応するのかも抜けている。左右の過激な政治集団が抗争繰り広げた時、それを抑制し得る権威があるのか?今の日本が議会制民主主義を安定させてるのは、権威と権力とが分かれている面も大きい
西方政府軍兵士@ノクターンノベルズ&セルバンテス @Lkpi8dEIKmF7bi1 2019年5月18日
tokunagamotozi 60年安保がどうのといいますけど、あの時期、日本国の議会制民主主義と国民の生命財産を守るうえで、アメリカ軍の抑止力を日米安保条約で確保する以外に名案があったんでしょうか? 当時はソ連の脅威もあり、東欧はソ連の衛星国状態だった。北朝鮮は韓国を侵略したばかりだった。
徳永基二 @tokunagamotozi 2019年5月18日
Lkpi8dEIKmF7bi1 理想が共産主義とは一言も書いてないが、”左翼的”とは言ったがね。8/15革命史観を容認するということは「日本国憲法」の延長の社会になるということだ
徳永基二 @tokunagamotozi 2019年5月18日
。60年安保当時はまだ、冷戦中なので、革命が起こっても西側になるだろう。例えば60年安保の延長で裕仁が退位し、岸が辞職。同時に第二次東京裁判があって、何人かの戦後の重鎮が公職から飛ばされたとする。安保闘争なので地位協定は改定され、米軍は沖縄からも撤退、縮小し日米合同委員会は廃止となる。日米安保はあっても内容が相当書き換えられるだろう。首脳につくのは自民党の穏健派(宏池会とか)か社民党右派(浅沼稲次郎あたり)だろう。
西方政府軍兵士@ノクターンノベルズ&セルバンテス @Lkpi8dEIKmF7bi1 2019年5月18日
tokunagamotozi 西側でも軍事力の裏付けがなきゃソ連に攻められても不思議ではないね。 また天皇を再び立憲君主制として盛り立てようという帝政復活、王政復古派が出るのが想定できてない。 ワイマール共和国は、帝政復活の右派と、共産革命の左派の対立で滅茶苦茶になった。
西方政府軍兵士@ノクターンノベルズ&セルバンテス @Lkpi8dEIKmF7bi1 2019年5月18日
tokunagamotozi 日本国憲法に拘るが、単なる法律以上のものでしかないものが認められてるのは、政府の存在と政府の正当性ですよ。象徴としての天皇というのは、日本国憲法と日本政府にも正当性という権威を与えていると思うけど
西方政府軍兵士@ノクターンノベルズ&セルバンテス @Lkpi8dEIKmF7bi1 2019年5月18日
とりあえずまとめ主はこれを読むことをお勧めしますね。国民統合、建国の神話が消えた国が如何に苦しむのかが説明されてますので(https://togetter.com/li/1344458
徳永基二 @tokunagamotozi 2019年5月18日
当時はベトナム戦争中、アイゼンハワーの頃より台湾海峡を守るため第七艦隊を派遣してた。その第七艦隊に北ベトナムが挑発行為をしたという名目で始まったのがケネディ政権化でのベトナム戦争。一方のソ連はキューバ危機以後、逆に軟化、デタントが一時期進む。中国は文革の混乱で海外にまで目を向けていられなかった。小沢一郎の言った「第七艦隊で十分」は根拠不在ではないよ。
徳永基二 @tokunagamotozi 2019年5月18日
「国民統合、建国の神話が消えた国」先ほどから何度も書いているだろう。「憲法9条に関する問題は全て革命権の問題尽きる。諸外国を見てもそうだ。どの国にも革命の神話があり、国の軍隊の事始めは人民が国を相手取って武装蜂起したことに端を発する。と」革命=建国の神話。戦犯を自ら裁いた=国民統合の意思、共和国憲法=建国の父の理念
西方政府軍兵士@ノクターンノベルズ&セルバンテス @Lkpi8dEIKmF7bi1 2019年5月18日
そんなものが世界最古の王家 天皇家を国民統合の象徴とする立憲君主制議会制民主主義国家 日本国の代わりになるとは思えない。共産主義への対抗で隣国の大韓民国が軍事政権を樹立した様に天皇家というストッパーが消えた事で親米反共の軍事政権が出来るかもね<共和政日本
西方政府軍兵士@ノクターンノベルズ&セルバンテス @Lkpi8dEIKmF7bi1 2019年5月18日
戦犯を自ら裁いたことを特別視しているが、そんなことはフィンランドもやっている。こっちはソ連が指導部を報復裁判で処刑したりするのを避けるためだったが。
西方政府軍兵士@ノクターンノベルズ&セルバンテス @Lkpi8dEIKmF7bi1 2019年5月18日
また米軍の駐留が嫌だというが、じゃあ米軍なしで外敵から守る軍隊を編成せよというのか?革命革命いうからには、フランス革命が生み出した徴兵制でも採用するの?高度成長期が来るか疑問だな。
西方政府軍兵士@ノクターンノベルズ&セルバンテス @Lkpi8dEIKmF7bi1 2019年5月18日
革命を起こした共和政国が理想ならフランスにでも行けばいいのに
西方政府軍兵士@ノクターンノベルズ&セルバンテス @Lkpi8dEIKmF7bi1 2019年5月18日
共和政を理想化してる人はポピュリズムや衆愚政治化について考えた方が良い。権威と権力とが分立している方が独裁者を生みにくいという事も
@atelier_AO 2019年5月19日
戦争、平和、革命の終わりなき三拍子……いつまで踊り続けるつもりなのやら
眠れるミソサザイ#@中途半端な暑さで意識が飛ぶ @marumasa58 2019年5月19日
天皇に人権をって「天皇の政治活動」を許容できるのかね?
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする