2
勝川 俊雄 @katukawa
ついに、水産庁は「放射性セシウムは蓄積されません」という表現を改めました。苦情の電話が殺到した模様。大本営発表がやりづらい時代になりましたね。 http://bit.ly/kKOvns
勝川 俊雄 @katukawa
「蓄積しつづけない」と「蓄積しません」では、意味が全く違う。「放射性セシウムは魚に蓄積しない」という安全デマを流すことで、正確な情報を知っていたら避けられたはずの内部被曝を誘発しかねない。水産庁の消費者軽視の姿勢がよくわかる。 http://bit.ly/kKOvns
ぼっちり @hhrmt
@katukawa 「蓄積しつづけない」というのはとてもわかりにくい表現ですね。「蓄積量が増え続けない」なのでしょうか。「蓄積してもそのうち排出される」なのでしょうか。
勝川 俊雄 @katukawa
海水の100倍程度に濃縮されます。蓄積されたセシウムが半分排出されるのに50日かかる。 RT @hhrmt: @katukawa 「蓄積しつづけない」というのはとてもわかりにくい表現ですね。「蓄積量が増え続けない」なのでしょうか。「蓄積してもそのうち排出される」なのでしょうか。
勝川 俊雄 @katukawa
「セシウムは蓄積されません」と主張していた水産庁の森田さんは、元は水研センターの研究者。「日本海のスケトウダラにセシウム137が生体内蓄積されるので、汚染のモニタリングに使える」という論文を2007年に発表している。 http://bit.ly/jNLnry
八面大王 @hachimen
海水中のセシウム濃度で濃縮率は変わる可能性があり、あくまで目安ですよね。また、50日で半分は、「セシウムが無い環境に置いたら」という仮定でですね? RT @katukawa: 海水の100倍程度に濃縮されます。蓄積されたセシウムが半分排出されるのに50日かかる. @hhrmt
勝川 俊雄 @katukawa
補足ありがとうございます。100倍はIAEAの推奨値 RT @hachimen: 海水中のセシウム濃度で濃縮率は変わる可能性があり、あくまで目安ですよね。また、50日で半分は、「セシウムが無い環境に置いたら」という仮定でですね? RT @katukawa:
勝川 俊雄 @katukawa
水産庁のサイトは、「わかりにくい表現を修正しました 」としているが、表現の問題ではない。「蓄積し続けない」というのは、「一時的には蓄積する」ということだから、「蓄積しません」という今までの表現は明らかに誤り。 http://bit.ly/gXsFC0
勝川 俊雄 @katukawa
国民の健康に関わる重要な問題なのだから、誤りを認めたうえで、きちんと訂正すべきだろう。「蓄積しない」から、「蓄積する」に、見解を変えたにも関わらず、蓄積期間の問題にすり替えて、表現の問題でごまかそうとしている。 http://bit.ly/kKOvns
勝川 俊雄 @katukawa
森田さんは、「蓄積しない」から、「蓄積し続けない」に表現を修正したけど、水産庁の公式見解は「たとえ放射性セシウムが魚の体内に入っても蓄積しません」のままですね。このまま「蓄積しない」で通すのだろうか? http://bit.ly/gXsFC0
勝川 俊雄 @katukawa
ストロンチウムは情報が無いけど、心配です。京都大学原子炉実験所小出裕章先生のインタビュー。9:40からストロンチウムの海洋汚染についての話がある。 http://www.youtube.com/watch?v=VEJFhnnRczg
拡大
勝川 俊雄 @katukawa
茨城でシラス漁が再開されたけど、ストロンチウムの情報が無い。シラスのような稚魚は、カルシウムやストロンチウムを活発に吸収するし、シラスは骨ごと食べるから、人間も摂取することになる。シラスのストロンチウムを、すぐにでも計るべきだと思う。

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする