10周年のSPコンテンツ!
9
岡田憲治@「なぜリベラルは敗け続けるのか」発売中 @ganaha22
自称ロッケンローラーが逮捕された。真っ先に頭に浮かんだのは氏の細君の顔である。この期に及んでまたぞろエラい迷惑をかけられている。細君の狙いは何があっても氏を見放さない事であり、それが最も過酷な復讐である事を知るこの男は、死ぬまでこの出鱈目を止めるわけにいかない。恐るべし樹木希林。
岡田憲治@「なぜリベラルは敗け続けるのか」発売中 @ganaha22
内田裕也的構造とは、言うまでもなく内田裕也による主体的構造構築とは無縁のものである。それは50年もの間、内田を特に根拠もなく「ロックンローラー」という体の良い周縁に放置する事で、ロックを「反逆の証」という出来の悪い話にする、すべての音楽評論の堕落を表すものである。
岡田憲治@「なぜリベラルは敗け続けるのか」発売中 @ganaha22
樹木希林は、久世光彦の御乱行を絶対に許さなかった。彼女は高々無頼のドラマ・ディレクターの社会権力など屁とも思わない、信念の人間である。そしてそういう妖怪系の女性は、か弱きロッケンローラーとやらを抱きしめ続けて、無言で殴り続けるのだ。内田裕也は、ただひたすら不憫な男なのである。
岡田憲治@「なぜリベラルは敗け続けるのか」発売中 @ganaha22
内田裕也は、トランプ・カードの「隙間」のような存在であり、実は存在すらしていないかもしれない。我々は、内田裕也を契機に、樹木希林という「真の恐怖」について語りうるにすぎない。つまり我々の世界は、あらゆる内田裕也的なるものの犠牲の上に胡座をかいているのである。
orcajump @orcajump
先生どんな怖いパートナーと暮らしていらっしゃるのでしょうか^^。RT @ganaha22: つまり我々の世界は、あらゆる内田裕也的なるものの犠牲の上に胡座をかいているのである。
岡田憲治@「なぜリベラルは敗け続けるのか」発売中 @ganaha22
いやいや我が家は天使の歌声が響き渡っております。しかし、注意を怠ってはならんのです。@orcajump 先生どんな怖いパートナーと暮らしていらっしゃるのでしょうか^^。RT @ganaha22: つまり我々の世界は、あらゆる内田裕也的なるものの犠牲の上に胡座をかいているのである。
岡田憲治@「なぜリベラルは敗け続けるのか」発売中 @ganaha22
内田裕也が勝手に鍵交換をしたことが報じられているが、何度彼が新しい鍵を付け替えたところで、所詮は鍵が付けられた扉は謎の迷宮のような経路を通じ、必ず樹木希林へとつながっている。内田にはどこかでそれをわかっている節があるが、でも愚かな男は今回もまた自分が解放されると錯覚したのだった。
岡田憲治@「なぜリベラルは敗け続けるのか」発売中 @ganaha22
少なくとも内田裕也の件に関しては、鍵をロックすることと、ロックンロール云々との間にある、一切の微細なる親和性すら、すべて見て見ぬふりをするのが礼節を失しない立ち振る舞いである。しかし、人間が持つ愛すべき迂闊さによって、すでに言及してしまった過去完了については仕方あるまい。
岡田憲治@「なぜリベラルは敗け続けるのか」発売中 @ganaha22
不死身の妖怪である樹木希林は、70歳を超えてもなお自分から逃れようともがく内田裕也に詰め腹を切らせ、自ら退路を断たせるような残酷な仕打ちをしたのだった。つまり周到な準備として、樹木希林は「直喩としての樹木希林」としか呼びようのない娘をこの世に送り出した。仕打ちとはこのことを指す。
岡田憲治@「なぜリベラルは敗け続けるのか」発売中 @ganaha22
何かの不安を振り払うかのように、内田裕也と樹木希林に関するツイートをし続ける13日の金曜日である。
岡田憲治@「なぜリベラルは敗け続けるのか」発売中 @ganaha22
これはもう事実上、小生が疑似内田裕也構造に取り込まれつつあることを意味しているのかもしれません。男の人生のなんたる脆弱さよ、そしてなんたる深みのなさよ。@Desisimasima あの二人については…。もう、語ってはなりませぬ…。それ以上、狂気の深淵を観測してはなりませぬ…。
岡田憲治@「なぜリベラルは敗け続けるのか」発売中 @ganaha22
樹木希林を前にして、たかがロックンロールなどというものは、苔草ほどの価値すらありますまい。@selfbehind 政治学者による、物凄い内田裕也論・・・いや、樹木希林論なのか?重厚な内容、「政治はロックだ」というのはこういうことなのだろうか。

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする