カテゴリー機能は終了いたしました。まとめ作成時にはタグをご活用ください。
2
茂木健一郎 @kenichiromogi
連続ツイート2213回をお届けします。文章は、その場で即興で書いています。本日は、昨日の事象について。
茂木健一郎 @kenichiromogi
昨日の園長先生の記者会見における記者たちの愚かな質問は、突出したケースではなくて、つまり新聞とかテレビといったメディアの記者たちが、あまりものを考えないで、常識というものを鋭敏に働かせないで取材したり記事を書いたりしているという一部の事象(全部とは言わない)の顕れだと思う。
茂木健一郎 @kenichiromogi
読者や視聴者の成熟度を低く見積もって記事を書いたり番組をつくったりしているのである(全部とは言わない。少なくとも一部)。新聞で言えば、社会面の構成にいつもそれを感じる。読者の感性や思考なんてこんなものだろうとたかをくくって、記事の切り口を決めていることが多い。
茂木健一郎 @kenichiromogi
事件やスキャンダルが起こったときの、テレビの取材や番組の構成も、視聴者の成熟度や考えはこんなものだろう、とたかをくくってつくっているように見えるけれども(コメンテーターの発言もそう)、そのようなレベル設定と、実際の社会の成熟度の分布がずれてきているのではないかと思う。
茂木健一郎 @kenichiromogi
実際には、社会の中には成熟した人たちがいるし、いろいろ考えている人たちがいる。そのような人たちにとって、新聞やテレビが、成熟度を低く見積もって「商品」をつくっていることに対して、うんざりした気持ち、憤り、やがては商品離れ、他のところを向いて見るという流れになっていると思う。
茂木健一郎 @kenichiromogi
成熟してものをよく考えて、常識をわきまえている人たちのためのメディアが欲しいなあと思う。今の新聞やテレビの少なくとも一部はそのようなメディアを提供していない。テレビが想定している「お茶の間」なんて、今世の中のどこにあるというのだろう。
茂木健一郎 @kenichiromogi
記者クラブという既得権益に守られ、自分たちが記者会見に出るのは当然とあぐらをかいて努力をしないでいると、新聞もテレビもその取材力は地に落ちていて、何よりも大切な読者や視聴者という「お客さん」に見放されることになるのではないかと危惧する。
茂木健一郎 @kenichiromogi
以上、連続ツイート2213回「新聞やテレビは、読者や視聴者の成熟度をもう少し信じて仕事してほしい」をテーマに、6つのツイートをお届けしました。

コメント

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする