10周年のSPコンテンツ!
62

判決が判例検索ソフトに掲載される前の安孫子先生による解説

ツイートまとめ 岡崎支部の準強制性交無罪について、弁護士安孫子先生の解説。 どうぞ。 55750 pv 1843 286 users 255

判決が判例検索ソフトに掲載される前ですが、現在の性犯罪の関係についてわかりやすく図にした寺町先生のツイート 

寺町東子 @teramachi_toko
@kyoshimine @amneris84 取材用に作った図を添付します。 原則形が177,178で、暴行脅迫又は心神喪失・抗拒不能が必要 例外刑として、177Ⅱの13歳未満、179の18歳未満までの監護者性交 そして、いずれの類型においても故意が必要(刑38) 現行法に照らして、解釈適用の問題と立法論があり、常に現在位置を確認して議論する必要 pic.twitter.com/m4UIzdXo8c
拡大

判例検索ソフトに判決が掲載されました。

リンク 児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp@okumura-tanaka-law.com) 32 users 14 準強制性交等被告事件(無罪) 岡崎支部H31.3.26 - 児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp@o 準強制性交等被告事件(無罪) 岡崎支部H31.3.26 westlawが一番乗りか。 判決批判するには、「その程度が法律上抗拒不能の状態に至っていると認められるかどうかについては,なお合理的な疑いが残る」としている点を、お手持ちの経験則とか新証拠をもって論難して下さい。 裁判年月日 平成31年 3月26日 裁判所名 名古屋地裁岡崎支部 裁判区分 判決 事件番号 平29(わ)549号 ・ 平2..
ねこパスタ(外道釣り部) @abcabcabc999666
やっぱり「自白」させられてた 取調べの録音録画は大事だね
やぎ @ora3298
なお,以上の当裁判所の判断は,Aが被告人に対して抵抗し難い心理状態にあったことを前提としつつも,その程度が法律上抗拒不能の状態に至っていると認められるかどうかについては,なお合理的な疑いが残るというものであって,かかる判断はE鑑定の結果と矛盾するものではない。
やぎ @ora3298
本来あるべき無罪推定に立ち戻ったよい判断だと思う twitter.com/ora3298/status…
やぎ @ora3298
しかしながら,各供述調書に係る取調べの様子を録音録画したDVD(甲35,37,39,41,44,45)を検討すると,上記供述部分については,同供述部分に対応する被告人の供述が見当たらないか,取調べを担当した検察官が断定的に問い質した内容に対して被告人が明示的に否定しなかったこと
やぎ @ora3298
をもって被告人が供述したかのような内容として記載されていることが確認できるところであり,このような調書作成状況からすれば,本件におけるAの心理状態及びこれに関する被告人の認識を検討するに当たり,前記乙9,10の各供述部分は判断の資料とすることはできないと考える。
やぎ @ora3298
可視化が生かされたよい例
やぎ @ora3298
可視化されてないと無罪にならなかったかもな
やぎ @ora3298
「判決批判するには、「その程度が法律上抗拒不能の状態に至っていると認められるかどうかについては,なお合理的な疑いが残る」としている点を、お手持ちの経験則とか新証拠をもって論難して下さい」 奥村コメント
ʇɐɯɐɹnɯʞ @kmuramatsu
岡崎の判決を読むなど。。。。 これは。。。DVDのところで、それまで読んでいろいろ思ったことが吹っ飛びますね。。。
井上雄樹 @yinoue1975
岡崎支部の判決読んだ。事実認定も事実の評価も手堅い。高裁でも無罪の結論が維持される可能性は高いと思った。
あわわ @bubblinkace
おいおいおい検察官。。
あわわ @bubblinkace
各供述調書に係る取調の状況を録画したDVDを検討すると,「上記供述部分については,同供述部分に対応する被告人の供述が見当たらないか,取調べを担当した検察官が断定的に問い質した内容に対して被告人が明示的に否定しなかったことをもって被告人が供述したかのような内容として記載されている」
ʇɐɯɐɹnɯʞ @kmuramatsu
木谷先生が説得力がないっていってたの岡崎だっけ? うーん。。。
やぎ @ora3298
@kmuramatsu 暴行脅迫がない以上、暴行脅迫による抗拒不能状態と等しい(かそれ以上)状態が要求されるのは当然のことで、それに忠実なよい判断をしていると思うよ
モトケン @motoken_tw
「例えば,性交に応じなければ生命・身体等に重大な危害を加えられるおそれがあるという恐怖心から抵抗することができなかったような場合や,(中略)などの心理的抗拒不能の場合とは異なり,抗拒不能の状態にまで至っていたと断定するには,なお合理的な疑いが残るというべきである」(続く) twitter.com/okumuraosaka/s…
モトケン @motoken_tw
世の中の数多の意に反する性交被害を受けた被害女性が絶望するような判決。 命に関わる程度の恐怖感さえ与えないようにすれば男は女を言いなりにできるぞ、というお墨付きを与えたように読める。 さて、控訴審はどう判断するだろうか? この判決が確定するとすれば、法改正の必要を強く感じる。
漂う蛸 @k1e8i1k5o2k2e29
判決を読んだ印象としては、監護者性交等罪(18歳未満)であれば問題なく「影響力があることに乗じて」は認定できそうな事案で、法改正で対処するとすれば同罪の適用年齢の引上げだろうな。もっとも、精神科医の意見の評価については、高裁で判断が変わる余地はありそう。
小倉秀夫 @Hideo_Ogura
鑑定意見の扱いについては想像通りでした。RT @kmuramatsu: 岡崎の判決を読むなど。。。。 これは。。。DVDのところで、それまで読んでいろいろ思ったことが吹っ飛びますね。。。
漂う蛸 @k1e8i1k5o2k2e29
ただ、心理的抗拒不能って、偽計・錯誤事例でないと、牧師が信者の少女に指示に従わなければ地獄に落ちて永遠に苦しむと洗脳みたいにしていた事例(京都地判平成18.2.21)のような極端な状態でないと、なかなか難しいように思う。だからこそ、監護者性交等罪が立法されたわけだけど。
残りを読む(188)

コメント

ʇɐɯɐ @kmuramatsu 2019年5月9日
まとめを更新しました。
okoo @okoo20 2019年5月10日
ああ。やっぱり伊藤弁護士肝心なところを出さなかったか。
ムグフォー(MG4) @MG4BqOMSNc 2019年5月10日
なお書きとはいえ、最後の最後に取り調べの問題点が指摘されていてゲンナリする。検察…
ʇɐɯɐ @kmuramatsu 2019年5月10日
まとめを更新しました。
マレー糸蜥蜴 @suppaimosuku 2019年5月10日
コメントⅣ2読むに、性的暴行と暴力で被告人に対して抵抗する意思・意欲を奪われた状態と認められるとしつつ、経済的負い目から「被告人のAに対する支配状態は従前よりも強まっていたものともする」としても抗拒不能とは認めないってハードルの高さ上げすぎに思える。中学生を大きなアザ作るほど暴力ふるって抵抗する意志奪って犯す状況「より」支配的でもスルーって逆説的に犯しのライセンスでは
影のふくかいちょー。 @kage_fukukaicho 2019年6月15日
親(被告)の反対を押し切って大学や専門学校への進学を決めた、月々の返済額を減らすように交渉ができた、(借金返済のために)家事を手伝うように言われていたのに充分にしなかった、だから性交も拒否できる状態にあったのにしなかった(抗拒不能ではなかった)、というロジックが無視されがち。