メンタルヘルス×はたらく×パートナー パネルトーク&対話イベント

「メンタルヘルス×はたらく×パートナー」をテーマに5月11日に行われたパネルトーク&対話イベントのまとめです
7
メンタルヘルス×はたらく×パートナー 対話イベント
参加者の自己紹介です。

今回はほっしーさん( @HossyMentalHack )、錦山まるさん( @nishikiyamamaru )、松浦秀俊さん( @bipolar_peer )です。
司会はまつらさん( @tsuchinokonokoz )がつとめています。
みなさんメンタルヘルスに関して独自の観点からネット上で発信しています。

キャリーラーメン|メンタルにテクノロジーを @hungrykirby
#ほしまるまつ まず司会者のまつらさんの自己紹介です。 ネットで当事者会をやっているそうです。
キャリーラーメン|メンタルにテクノロジーを @hungrykirby
#ほしまるまつ ほっしーさんです。 Twitterとyoutubeで活動していて、本も出版しています。今後も活動をしていきます!
キャリーラーメン|メンタルにテクノロジーを @hungrykirby
#ほしまるまつ 錦山まるさんです。 順風満帆な人生が一気に崩れ去りました。もとの生活に戻れないと思って自殺をはかった経験がある。入院前の自分に向けたメッセージを発信している。18歳の時からパートナーとは一緒。ぶっちゃけトークします!

松浦さんに関してのツイートが抜けたので補足します。
双極性障害で仕事を数度休職・退職しています。今の仕事はリワーク支援を行っており、5年以上休職をせずに続けられています。結婚をしていてお子さんもいます。

キャリーラーメン|メンタルにテクノロジーを @hungrykirby
#ほしまるまつ ほっしーさん:一万人越え まるさん:一万人越え 松浦さん:8000人くらい すごいフォロワー数!!
簡単なアイスブレイク
キャリーラーメン|メンタルにテクノロジーを @hungrykirby
#ほしまるまつ いろいろみなさん参加した理由があるようですね!話もけっこう盛り上がっています。ほがらかに進行しています。
メンタルヘルス×はたらくについてのパネルトーク!

一問目!働くはゴールなの??ゴールはどこ?

キャリーラーメン|メンタルにテクノロジーを @hungrykirby
#ほしまるまつ 20個も質問をいただいたようですが、まつらさんがピックアップしています。多くの人に刺さりそうで、とがっている質問をピックアップしています!
キャリーラーメン|メンタルにテクノロジーを @hungrykirby
#ほしまるまつ 障害年金をもらっているので、働いたらもらえない…。仕事を始めたら同じ額を稼ぐのはきつい…。ゴールはどこ? 働いている三名に「働くことはどういうことで、どう考えているのか」を聞きます。
キャリーラーメン|メンタルにテクノロジーを @hungrykirby
#ほしまるまつ ほっしー「障害年金は収入があるから切られるわけじゃないよ~」
キャリーラーメン|メンタルにテクノロジーを @hungrykirby
#ほしまるまつ ほっしーさん「ゴールではない」 まるさん「ゴールではない」 松浦さん「微妙です。お金のための労働をしたくない。やりがいがある。私は今仕事がやりたいこと。その結果お金がもらえている」
キャリーラーメン|メンタルにテクノロジーを @hungrykirby
#ほしまるまつ まるさん「仕事の定義って?直接お金が発生しない労働もある。何かに貢献することも仕事」
キャリーラーメン|メンタルにテクノロジーを @hungrykirby
#ほしまるまつ ほっしーさん「一番のゴールは?自己理解が大事!義務感で仕事を選ぶとミスマッチしがち、自分が何をしたいのかを考える。その過程で年金をもらってもいい。」
キャリーラーメン|メンタルにテクノロジーを @hungrykirby
#ほしまるまつ 松浦さん「前職は傷病手当をもらっていた。当時はやりたくて現職についたわけではない。感謝とともに振り込まれるお金は特別。小さい経験を積み重ねることで何か変わってくるかも」 松浦さん「どんなところでも楽しむ工夫はできると思う。楽しもうと思えば、楽しいところもある」
キャリーラーメン|メンタルにテクノロジーを @hungrykirby
#ほしまるまつ ほっしーさん「松浦さんの意見は前提は人間関係がいいことがあるのかも。私が楽しいことをやっているうちに仕事になってきた。」
キャリーラーメン|メンタルにテクノロジーを @hungrykirby
#ほしまるまつ まるさん「目的がはっきりしていないと働けない。無職の肩書が嫌で仕事したことは続かなかった。仕事の目的がはっきりしないと仕事の選び方も難しい」 ほっしー「実はいまやりたくないこともやっている。"普通の人みたいに働いてみたい"という思いもある。」
残りを読む(72)

コメント