アウトサイダーアーティストとしての三峯徹

「エロ雑誌の座敷童」こと三峯徹氏に関する、漫画家・浦嶋嶺至氏のツイートまとめ。 浦嶋さんが「アウトサイダーアーティストとしての三峯徹」をいかにして「発見」したかや、Wikipediaの項目削除に対して思ったことなど。 ▼関連 ・togetter-タグ「三峯徹」のTwitterまとめ http://tinyurl.com/65hojal ・Wikipedia-三峯徹 http://tinyurl.com/yqxu7u ※項目削除の経緯などは、「ノート」の項を参照。
wikipedia 浦嶋嶺至 三峯徹
korenkan 7986view 6コメント
29
ログインして広告を非表示にする
  • 浦嶋嶺至@充電率99% @urashima41 2011-05-12 16:05:52
    ヘンリー・ダーガー展へ。最終日は20時まで延長らしいよ。きょうはこれの前に朝から『シベールの日曜日』観てきた。なんかペドフィルな1日… これで明大の吾妻ひでお展も行けば完璧だったのだが。 http://t.co/zvLoq2u
  • 浦嶋嶺至@充電率99% @urashima41 2011-05-12 21:23:25
    ヘンリー・ダーガー展。数年前の品川でのよりも点数は圧倒的に少ないが、絵よりも生い立ちやUNREALの世界の解説に重点が置かれてたかな。俺もダーガーのように己の空想世界に埋没して一生を過ごしたいが、金を作り消費せねば世の中と折り合いをつけていけないのだ。残念。
  • 浦嶋嶺至@充電率99% @urashima41 2011-05-12 21:35:48
    ダーガーの絵をはじめてまとめて見たときに得た既視感は、三峯徹のハガキイラストから受けるそれと同じだった。そのとき、はじめて「三峯徹は日本のアウトサイダー・アーティストなんだ」と認識した。ダーガーを見ることで、僕は三峯徹を"発見"したのだ。
  • 浦嶋嶺至@充電率99% @urashima41 2011-05-12 21:43:14
    技術に一切裏打ちされない、純粋衝動だけで叩きつけられたように表出された絵。三峯徹をアウトサイダー・アートだとはまだ殆どの衆が気付いていなかった。当時はただの凡百のハガキ職人の一人という程度の認識しかされず、彼の価値を理解できない愚者がウィキペディアも削除してしまった。
  • 浦嶋嶺至@充電率99% @urashima41 2011-05-12 22:10:42
    だがウィキの三峯徹の項が削除された時点では、すでに僕は彼をトークイベントにも出演させていたし(しかもそのイベントでは三峯徹目当ての客がほとんどだった)、Tシャツも販売、アキバブログで記事にもされるほどには知名度は確率していた。編者は、己の無知で削除を実行した。
  • 浦嶋嶺至@充電率99% @urashima41 2011-05-12 22:18:29
    編者の視野の範囲に入らないものを「知名度の無いもの」「記述する価値の無いもの」というのは、明らかに間違っている。編者には今も憤りを覚える。ブログにも怒りをぶちまけた。そもそもその編者の視野が狭いのだ、ということのほうは考えが及ばないのだろうか?
  • 浦嶋嶺至@充電率99% @urashima41 2011-05-12 22:22:14
    三峯徹の項の削除理由に「経済的影響が無い」などとも書かれたが(そも、それがどうしてウィキの項目理由になるべきなのかもおかしいが)、その議論の最中にもTシャツはアキバの各店舗で店頭販売されていた。メロンブックスなどはショップ別注カラーまでも出した。既に「経済的影響」も充分あった。
  • 浦嶋嶺至@充電率99% @urashima41 2011-05-12 22:22:14
    三峯徹の項の削除理由に「経済的影響が無い」などとも書かれたが(そも、それがどうしてウィキの項目理由になるべきなのかもおかしいが)、その議論の最中にもTシャツはアキバの各店舗で店頭販売されていた。メロンブックスなどはショップ別注カラーまでも出した。既に「経済的影響」も充分あった。
  • 浦嶋嶺至@充電率99% @urashima41 2011-05-12 22:28:57
    三峯ウィキ削除事件は、結局、編者がそうした情報を知らなかった無知が起因している。その当時でも検索バーに「三峯徹」と入れれば得られる程度のことだったのに。 だが、私自身が怒りに任せ闇雲に復帰をウィキに書き込むのことはしなかった。私は別の運動で「三峯徹」の項の復活を目ざした。
  • 浦嶋嶺至@充電率99% @urashima41 2011-05-12 22:34:54
    三峯徹を、アウトサイダー・アートとして認知させること。おそらく2007年当時、そうした発言をしていたのは誰もいなかったろう。三峯徹は、エロ漫画誌界のカルトなアイコンでしかなかった。皆が気づいていないだけ。私は啓蒙をすることにした。三峯徹が稀有なる存在なのだ、ということを。
  • 浦嶋嶺至@充電率99% @urashima41 2011-05-12 22:41:52
    2008年、自分の20周年イベントに続き、翌2009年には「三峯徹20周年イベント」を開催した。開催の店始まって以来の集客、記録的売上。この瞬間、三峯徹は伝説となった。 その数日後、ウィキの「三峯徹」の項は復活した。もはや誰にも文句は言わせない形で再掲を実現させたのだ。
  • 浦嶋嶺至@充電率99% @urashima41 2011-05-12 22:46:59
    20周年イベントが三峯徹のピークになる…そう思っていたのだが、むしろそれが始まりだった。タモリ倶楽部で特集が成されるとは、誰も予想しなかっただろう。制作会社のスタッフから連絡が来たとき、僕はこう答えた。「日本人なら、一生に一度はタモリ倶楽部に出たいでしょ?」番組作り協力を受けた。
  • 浦嶋嶺至@充電率99% @urashima41 2011-05-12 22:54:54
    タモリ倶楽部で紹介された三峯徹の作品は、僕のアーカイヴから提供したものだ。前年の20周年の折に作った資料が役立った。結果、あの昨年10月15日のタモリ倶楽部は、ここ数年の中では屈指の名作になった、と手前味噌ながら思う。
  • 浦嶋嶺至@充電率99% @urashima41 2011-05-12 23:02:39
    むしろタモリ倶楽部が起爆剤となり、現在は三峯バブルが続いている。だが、それが果たして彼に幸福なのかどうかは…たしかに三峯徹の地位を上げることが私の望みだったけど。 まあ、「なんか自分が有名になったらしい」と思ってる三峯くんも見ていて微笑ましいのだけれど。
  • 浦嶋嶺至@充電率99% @urashima41 2011-05-12 23:05:29
    そうですよー。私は自他共に認める「世界一の三峯徹研究者」ですw RT:@palovetama え!?あれそうだったんですか…!?すごい…。本人が提供したのだとばかり思ってた……RT urashima41 タモリ倶楽部で(cont) http://deck.ly/~8n2N6
  • 浦嶋嶺至@充電率99% @urashima41 2011-05-12 23:07:50
    三峯徹に遅れること数年。今年、雪かきの件で私もようやくウィキの項目に加えられた。私も共に三峯バブルの恩恵に浴している。 …そうした活動が今のコミックZINなどの三峯プッシュなどに続いている、というのは、きちんと押さえておいてほしいものだ。よね?
  • 浦嶋嶺至@充電率99% @urashima41 2011-05-12 23:16:36
    三峯さん本人もコピーは保存してるらしいですが、分類整理まではしてないでしょうね RT: @Hikarin_wiz: urashima41 そうだったんですか!あの回は見ていて本当にすごかったですね。自分は、一体どうやって資料を持って来たのだろうと首を捻りましたから。
  • 浦嶋嶺至@充電率99% @urashima41 2011-05-12 23:22:10
    ですが、ピーク時は100枚/月、現在も毎月30とか40枚の投稿をしていることを考えると、私の保存しているのはたぶん1%にも満たないかと…>三峯徹イラスト

コメント

カテゴリーからまとめを探す

「ログ」に関連するカテゴリー