10周年のSPコンテンツ!
13
diskunion/DU BOOKS @du_books
2月新刊『ボーイズ 男の子はなぜ「男らしく」育つのか』の書影と目次を公開しました。女らしさがつくられたものなら、男らしさは生まれつきなのか?「男らしさの有毒性」が取りざたされる今だからこそ、老若男女を問わず多くの人に手に取ってもらいたい1冊です。2月22日(金)発売。 pic.twitter.com/bCrc2RQgv1
拡大
拡大
diskunion/DU BOOKS @du_books
〈目次〉 はじめに 今、男の子の育て方に何が起こっているのか? 1章 男の子らしさという名の牢獄――つくられるマスキュリニティ 2章 本当に「生まれつき」?――ジェンダーと性別の科学を考える 3章 男の子と友情――親密性の希求とホモフォビアの壁
diskunion/DU BOOKS @du_books
4章 ボーイ・クライシス――学校教育から本当に取り残されているのは誰? 5章「男」になれ――スポーツはいかにして男の子をつくりあげるのか 6章 ゲームボーイズ――男の子とポピュラーカルチャー 7章 男らしさの仮面を脱いで――男の子とセックスについて話すには 8章 終わりに――ボーイ・ボックスの外へ
Horikoshi Hidemi @fmfm_nknk
『ボーイズ 男の子はなぜ「男らしく」育つのか』の帯に推薦コメントを寄せました(わかりにくいけど『赤頭巾ちゃん気をつけて 』の帯のパロディのつもりなんですよ)。 twitter.com/du_books/statu…
Horikoshi Hidemi @fmfm_nknk
難しいジェンダー理論ではなくて、男の子の男性性への憧れは大切にしつつも差別・セクハラはしないでほしい…という素朴な保護者の願いに寄り添った実践と取材に基づく書という感じです。インスタやVineなどのSNSがオープンで広がりのある男性性表現の場になっているというポジティブな話も載ってます
Horikoshi Hidemi @fmfm_nknk
あと面白いと思ったのが9年生男子向けの性教育プログラム「ワイズガイズ」。「感覚がずれていなくて、頭が良くて話が面白い、ユーモアのセンスのある」若い男性を進行役に選んで、セックスについてオープンに話させるというもの。おばさんから教わるなんて絶対イヤ!という現場からの声に基づく人選。
diskunion/DU BOOKS @du_books
『ボーイズ 男の子はなぜ「男らしく」育つのか』の書評が共同通信にて配信されました。評者は作家の紫原明子さんです。ありがとうございます。「親として、大人として、男の子に語りかけるべきことは、少なくとも『男の子だから女の子に優しくしなさい』ではないのだ」。写真は北日本新聞(4/7)より。 pic.twitter.com/q1izNi6pqL
拡大
紫原明子(しはらあきこ) @akitect
『ボーイズ 男の子はなぜ「男らしく」育つのか』の書評を共同通信で書きました。いつかのVERYで「きちんと家のことをするなら働いてもいいよ」と言わない息子を育てるにはどうすれば…と思った方、また男らしさが苦しい男性の方も、こちらの本、ぜひ読んでみてください。 amzn.to/2uXQL9B twitter.com/du_books/statu…
ライターアケミン @AkeMin_desu
ここ数年は、女性のエンパワメントが訴えられていたけど、これからは女性だけではなく、男性の生きかたもワンセットで変えていく、という流れに。 『ボーイズ 男の子はなぜ「男らしく」育つのか』も読んでみよう。 twitter.com/ld_blogos/stat…
saebou @Cristoforou
大変よかった。どうやって男の子が社会的に作られるのかについての本。/レイチェル・ギーザ『ボーイズ 男の子はなぜ「男らしく」育つのか』 amzn.to/2XgeoX1
オク @gtgtokuba
『ボーイズ 男の子はなぜ「男らしく」育つのか』息子を育てるようになってから自分の性差別的な意識に愕然として、いかに息子を育てるべきかのヒントが欲しくて読み始めたら面白くて一気読み。 amazon.co.jp/dp/B07P8ZGH4V/…
オク @gtgtokuba
娘が性自認を男だと言い出した時に全力サポートしたフェミニスト妻とその夫が、息子がドレスを着たがったときに動揺した、という件が私の中にある差別意識はそれほど特異なものじゃないんだという安堵と、だからこそ襟を正さなきゃいけない思いをくれたね。男の子を「自分らしく」育てる社会の難しさよ
加賀美サイ◉作家ライター @psy_kagami
たった今、先週買ったレイチェル・ギーザってカナダのライターが書いた(冨田直子さん訳)の『男の子はなぜ「男らしく」育つのか』って本を読了したんだが、もう胸が熱くて熱くてたまらない。興奮してる。後でまた詳しくツイートしたいけど一言言いたい、これフェミニストなら必読の一冊だと思う。
加賀美サイ◉作家ライター @psy_kagami
フェミニストじゃなくても、今の時代に男の子を育てることに不安がある親はめっちゃ参考になるのでは? フェミニズムの本を読んでるとほぼ必ず家父長制の問題やホモフォビア、ホモソーシャルの問題に突き当たる。でも私たちはその当事者の男性がいかにしてそういう思想を内面化したり、
加賀美サイ◉作家ライター @psy_kagami
どういう「圧力」を受けてるのか殆ど知らない。 この本は男児(性)が生きてく過程で覚える不安感と従来の男らしさの問い直し、今後男児に必要な教育の提案までしてる。特に性教育の章は本当に感動した!!!とりま彼氏帰ってくるからメシ作んなきゃなんでスーパー行ってくるけど本当この本素晴らしい
加賀美サイ◉作家ライター @psy_kagami
マン・ボックスの中身を明かすことから見えてくる、男の子たちが普段抑え込んでる苦悩。 あーこんな小さい頃から男子って男らしさや家父長主義態度に圧力かけられてるんだなと。そして昨今のジェンダーフリーにも追いつけない。だからマン・ボックスの典型例をなぞろうとするけどそれもリスクが高いと pic.twitter.com/MXIbWcQcyK
拡大
拡大
拡大
拡大
加賀美サイ◉作家ライター @psy_kagami
↑の時点で知る価値が高い事が書かれてるんだが、性教育の章が凄かった。ホモフォビア的な男らしさで固まった成人男性にならないよう、愛のある健全な人間関係作りとは何かを教えて、男児が性に対して過度に抱えてるプレッシャーを性教育でちゃんとケアする事が超重要だと。 pic.twitter.com/UfFHRlsg8W
拡大
拡大
拡大
拡大
加賀美サイ◉作家ライター @psy_kagami
あとホモソーシャルが男性に与える(それも現状生まれた頃から主に外的環境から刷り込まれ続けてるという地獄)圧力、恐怖、不安って物凄いんだろうなと。こんなにもゲイかよ、オカマかよって言われる事や女を支配した経験や性的にモノにした経験がない風に見なされるのが怖いのかと。病的にすら見える pic.twitter.com/QX6Vuq5RMd
拡大
拡大
加賀美サイ◉作家ライター @psy_kagami
個人的には男らしさの方が闇が深いと思った。この本の結論としては、女の子がジェンダーロールに立ち向かい、戦うことを励ますのと全く同じ態度や言葉を男の子にも示さないと男女が解放される世界は築けないと。片一方だけ見てたら無理だと。その通りだと思う。この本はマジで良書。何度も読み返したい
加賀美サイ◉作家ライター @psy_kagami
これも参考までに…。ホモソーシャルの問題点を男性2人が語ってる構図にも説得力感じた。男性学の先生もハッキリ言ってる。 「大事なのは、今のようなホモソーシャルな社会のままだと男性自身も幸せにならないよってことだと思うんですよ」 wezz-y.com/archives/48947 wezz-y.com/archives/48746
金田謙太郎 @kentarokaneda
『 ボーイズ 男の子はなぜ「男らしく」育つのか』読了。読んでよかった。我々、特に「男」の呪縛が強いと思われる30代後半以上の男性は全員必読。可能ならこれと「82年生まれ、キム・ジヨン」も併読するといい。後者はかなりキツいけども、こっち側はまずこれを受け止めないと amazon.co.jp/dp/4866470887/…
凡さんす @academicocktail
まだ25%くらいしか読んでないけど、良書過ぎて引いてる。 レイチェル・ギーザ著 冨田直子訳『ボーイズ 男の子はなぜ「男らしく」育つのか』DU BOOKS pic.twitter.com/xNLrSV0Uwd
拡大
凡さんす @academicocktail
妊娠後期の妊婦らに胎児の動きを言葉で表現してもらった実験 胎児が女の子だとわかってる妊婦 → 「元気で、でも激しすぎることはない」など、穏やかな表現 男の子だとわかってる妊婦 → 動きを「パンチ」「地震」といった言葉で表現 性別を聞いてない妊婦 → 特定の傾向見られず (pp.70-71)
青柳美帆子 @ao8l22
飛行機の中で読んだ「ボーイズ 男の子はなぜ『男らしく』育つのか」で、マスキュリン(男性性)についての話、とりわけ男の子世代の既存の男らしさと彼らの現在の衝突の話なのですが、面白く思うと同時になぜここまでフェミニストが一種の説明責任みたいなものを負わされているのかが苦しくもあり。 pic.twitter.com/szn7WjTHVj
拡大
青柳美帆子 @ao8l22
男性性についての苦しさと、今の感覚との間に生じるジレンマ、男性が感じる「損をしている感覚」みたいなものは日本とも通じると思う。一方で「男の子は人種バイアスやアイデンティティからくる役割を背負うことを求められており、それが彼らを苦しめている」という話は日本とはちょっと異なるかも。
残りを読む(92)

コメント

九十九 @hakqq 2019年6月5日
それを全部去勢した先に何があるんすかね
本坊ゆう @homboyu 2019年6月5日
そのためにはまずは女性に自立して欲しいんですね。男の子が「男」にならざるを得ないのは究極的には妻子を養うためだから。まず、男だから女だからと目に見える形で温存されている壁を払って、絶対基準で評価して欲しい。
かぐ / 夏もお小袖 @okosode 2019年6月18日
まとめられている個所を見る限りは、理解できる部分と理解できない部分がある感じですね。「恐怖や弱さを感じたり、悲しんだり傷ついたりすることは普通だと教わっていない」……わかる。「権力、お金、ステータス、女性からの好意は生得権だと教わってきた」……わからない。後者は“生得権”ではなく、むしろ“義務”(得なければならないもの)という解釈の方が自然ではないかなと。
兵頭新児@『女災』10th years! @hyodoshinji 2019年8月11日
はい、解散。 RT女らしさがつくられたものなら、