1
永井均 @hitoshinagai1
前にも言ったような気がするが、「優れたれた者にとっては」と「べきだ」は要らないのでは? 「人生は比較を拒絶する夢である。」で十分真実だろうから。人に言う場合、何か付け加えたければ、「誰にとっても」しかないと思う。 twitter.com/FPessoa_b/stat…
永井均 @hitoshinagai1
しかし、これはじつはとてもいい話だ。なぜ「比較を拒絶する」のかといえば、この夢を他の夢(=他の人々が見る夢)と比較する方法がないからなのだが、なぜそうなのかといえば、他の人々とはすべてこの夢(=私のこの人生)に登場する人々であるほかはないからなのだ。まさにその通りだろう。
永井均 @hitoshinagai1
それなのに、なぜペソアはあのように言ったのかと言えば、それはもちろん、多くの(優れていない)人々はあたかも比較ができるかのような錯覚を抱いて生きているから。
halching @halching1
重要なのは「夢を他の夢と比較する方法がない」「なぜそうなのかといえば、他の人々とはすべてこの夢(=私のこの人生)に登場する人々であるほかはないから」に、累進と組み込み合いを読み取ることができるかどうか
halching @halching1
寄せられたコメントを拝読する限り、そこに言及できている方は残念ながらいらっしゃらない。永井氏が指摘するように「あたかも比較ができるかのような錯覚を抱いて生きている」から。
halching @halching1
また、「優れた」は単なるメタファーで、優れているという価値をそこに読み取ってはいけない、ということに気が付けるかどうかでもある。

コメント

rainy season @jkgkikllh 9日前
夢って言ってるってことは「優れた者」も実際には他人との比較から逃れられない、自分で思い込むしかないってことで、願望を言ってる。
rainy season @jkgkikllh 9日前
「優れた者」という言葉がすでに他者と比較しないと出ない言葉。文が矛盾している。それを解消するツールとしての「夢」。
Tの人@アホの子 @Aho_The_T 8日前
夢であっても夢に生きて社会として集合している以上順列としての比較は発生せざるを得ないのでは。人間の知覚はもともと参照点依存性ですし
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする