3
茂木健一郎 @kenichiromogi
連続ツイート2218回をお届けします。文章はその場で即興で書いています。本日は、最近のニュースについて。
茂木健一郎 @kenichiromogi
北方領土は、戦争して取り戻すしかないという趣旨の発言を議員さんがされたというニュースがあった。ふつうに考えて、核兵器を持っている大国と戦争して領土を取り戻すということの意味がわからないし、実効支配が向こうにある土地を通常兵器で取り返すと言っても、たいへん難しいのはすぐわかる。
茂木健一郎 @kenichiromogi
だから、この議員さんのご発言は(しかも実際に北方領土に行かれてのご発言だったようだ)現実的でもないし適切でもないのだけれども、一方で、社会の中を見渡すと、この議員さんのような発言を、お酒に酔われたときに少し気がおおきくなってやってしまう、という方はそれなりに散見される。
茂木健一郎 @kenichiromogi
このような案件が起こるたびに、なぜそのような方が議員に選ばれるのかとか、政党の見識を問う、みたいな論が起こるけれども、もともと、私の認識では、日本の国会議員さんを選ぶプロセスは、その政治家としての能力(政策立案能力や、問題把握能力、演説、議論をする能力、判断力)では選ばれてない。
茂木健一郎 @kenichiromogi
「地盤看板カバン」だっけ、世襲議員さんが有利になっていることを当たり前のようにとらえる世情があるし、世襲ではない場合でも、その人の政治家としての資質はある程度は反映されるのだろうけれども、それ以上の厳しい精査が行われているという話は聞かない。つまりはランダムなプロセスに近い。
茂木健一郎 @kenichiromogi
国会議員さんが、というよりもむしろ各党の候補を選ぶ過程が、その諸々の能力を指標にした「コンテスト」になっていない以上、今回お酒に酔って北方領土を戦争で取り戻す、という趣旨のご発言をされた方のような議員さんが誕生するのは仕方がないのかと思う。だから私はこのようなニュースで驚かない。
茂木健一郎 @kenichiromogi
日本の国会議員さんは、さまざまな能力によって精査された「選良」というよりは、世の中には確かにこのような方もいらっしゃるよね、という世間の縮図であるように以前から感じている。そのような意味では、確かに国民の(統計的)代表なのだろうけれども、果たしてそのままでいいのかとは思う。
茂木健一郎 @kenichiromogi
以上、連続ツイート2218回「日本の国会議員さんは、統計的な意味での国民の代表」をテーマに、6つのツイートをお届けしました。

コメント

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする