6
たむりん@お金とは? @TamurinMoney
@wankonyankorick @motidukinoyoru 政府の徴税債権が債券のような券面になっていたとして、「統合政府が保有する徴税債券は統合政府にとって紙切れにしか見えない」と言ったら同意してもらえますか?
望月夜 @motidukinoyoru
@TamurinMoney @wankonyankorick 「ただの紙切れ」というのがどういう意味かは分かりかねますが、もし徴税債権が債券として発行されるとしたら、統合政府負債発行時に対応して同額発行されて、徴税時に相殺されて消失するものになるのではないでしょうか。
たむりん@お金とは? @TamurinMoney
@motidukinoyoru @wankonyankorick 債券として発行して外に出すということではなく、統合政府が保有している状態で、統合政府にとって“経済的資源”に見えるか見えないかという話です。
望月夜 @motidukinoyoru
@TamurinMoney @wankonyankorick 国民が統合政府負債(通貨)を供出できない場合は、何らかの経済資源を徴収できるので、その意味では政府にとっての経済資源に他ならないのではないでしょうか。 もちろん、統合政府負債による相殺取引を受けるのが通常になりますが。
たむりん@お金とは? @TamurinMoney
@motidukinoyoru @wankonyankorick 国民が通貨を供出できる場合は、徴税債券(=徴税債権)は統合政府にとって経済的資源に見えない(紙切れ同然に見える)ということでいいですか?
たむりん@お金とは? @TamurinMoney
@motidukinoyoru @wankonyankorick 企業Aが負っている負債が消えることで企業Aは経済的利益を感じますが、統合政府が負っている“負債”が消えることで統合政府は経済的利益を感じないのではないですか?
たむりん@お金とは? @TamurinMoney
@rigid_designat @motidukinoyoru @wankonyankorick 「使えることを認める」のは債務の履行には当たらないんじゃないですかね。認めた後も依然として債権・債務が存続しますし。
たむりん@お金とは? @TamurinMoney
@motidukinoyoru @wankonyankorick 私の言う「経済的利益を"感じる"」の意味を説明します。 企業Aの百万円分の負債が単純に消滅した場合、企業Aは「百万円分得をした」と感じます。よって、この負債を消滅させることができる企業Bに対する債権には百万円分の価値があると企業Aは感じます。
たむりん@お金とは? @TamurinMoney
@motidukinoyoru @wankonyankorick それと同様に、政府の百万円分の負債(通貨)が単純に消滅した場合に政府は「百万円分得をした」と感じるのか? この負債を消滅させることができる百万円分の徴税債権には百万円分の価値があると政府は感じるのか?という話です。
たむりん@お金とは? @TamurinMoney
@motidukinoyoru @wankonyankorick 政府の百万円分の負債(通貨)が単純に消滅した場合に政府が「百万円分得をした」と感じるとしたら、この負債を消滅させることができる百万円分の徴税債権には百万円分の価値があると政府は感じることになります。そうすると、政府にとって徴税債権は増えたら嬉しい(財政が楽になる)、減ったら悲しい
たむりん@お金とは? @TamurinMoney
@motidukinoyoru @wankonyankorick (財政が苦しくなる)ものになってしまいますよね。これはMMTの「税は財源ではない」という主張と整合しないでしょう。 したがって、MMTerとしては「政府の負債が単純に消滅しても政府は得をしたと感じない」と言うしかないはずです。
たむりん@お金とは? @TamurinMoney
@motidukinoyoru @wankonyankorick 私が言いたいのは、なぜこの「消滅しても得になるわけでもなく、増加しても苦しくなる(負担が増える)わけでもないもの」を“負債”というネガティブな言葉で呼ぶのか?“負債”と呼ぶから皆返済の心配をするんじゃないのか?ということです。
望月夜 @motidukinoyoru
@TamurinMoney @wankonyankorick 返答するのを忘れていましたが、逆で考えてみた方がわかりやすいと思います。 つまり、企業Aにとって自身の債権が自身の負債によって相殺されてしまうという形で経済資源の減少に直面するのと同様に、統合政府は、自身の徴税権が、自身の負債(通貨)によって相殺され、実物の徴収が生じなくなる。
望月夜 @motidukinoyoru
@TamurinMoney @wankonyankorick 統合政府がそれを望ましいと感じるかどうかは全く別問題ですが、経済的事実として、本来起こり得た実物・経済的資源の徴収・移動が、通貨の提出によって起こらなくなる、つまり統合政府が保有する債権に対して相殺的に(”負”に)働いたという意味で、これは紛れもなく負債以外の何者でもないわけです。
望月夜 @motidukinoyoru
@TamurinMoney @wankonyankorick 「望ましいと感じるかどうかは全く別問題」と留保したのは何故か、ということですが、既に散々論じたように、統合政府の方は、自己の発行した通貨が流通するように租税貨幣システムという(たむりんさんに言わせればマッチポンプ的な)仕組みをわざわざ作ったわけで、
望月夜 @motidukinoyoru
@TamurinMoney @wankonyankorick 仮に徴税債権に対して通貨が提出されず、実物・経済資源の徴収が追加で発生したからといって、統合政府的には(もちろん、経済的資源の純増という意味での”得”はあるものの)通貨流通を目的とする上で、全く望ましい事態ではないからです。
たむりん@お金とは? @TamurinMoney
@motidukinoyoru @wankonyankorick 統合政府にとって自身の徴税権は“経済資源”なんですか? (この質問は私としては「統合政府にとって税は財源なんですか?」と聞いてるのと同じことなんですが) twitter.com/motidukinoyoru…
望月夜 @motidukinoyoru
@TamurinMoney @wankonyankorick 「徴税権によって国民から政府へと経済資源(実物)が移動し得る」ということと、「政府財政上、税は財源ではない」という話は、全く別個に両立します。 「財政上で税は財源ではない」というのは、単に「通貨は発行された後に回収・破壊されるのであって、その逆ではない」という意味に過ぎない。
たむりん@お金とは? @TamurinMoney
@motidukinoyoru @wankonyankorick ・統合政府にとって徴税権は“経済資源”である ・MMTの「税は財源ではない」という主張はそれとは別の意味(回収して使うのではなく、発行・支出してから回収・破壊するのだという順序性にのみ言及している) ということですね。
たむりん@お金とは? @TamurinMoney
@motidukinoyoru @wankonyankorick 私はMMTの「税は財源ではない」という主張をこんな風に捉えていました。 (1)政府は極端な話、財源無し(通貨を発行するだけ)で支出することが出来る (2)税によって通貨を回収するのは、通貨システムを駆動することと、通貨が増えすぎないようにすることが目的
たむりん@お金とは? @TamurinMoney
@motidukinoyoru @wankonyankorick (3)支出した通貨を回収して事後的に(最初の支出の)財源とすることが徴税の目的ではない 私は勘違いをしていたのでしょうか?
望月夜 @motidukinoyoru
@TamurinMoney @wankonyankorick 税によって通貨を駆動する、というのは、通貨を政府に対する支払い手段として受容するということであり、それは会計的には、まさしく通貨を政府負債として扱うことに他なりません。
望月夜 @motidukinoyoru
@TamurinMoney @wankonyankorick 「誰かの黒字は誰かの赤字の原則」はここでもまさしく例外なく成り立つわけでして、財政が赤字を計上する(負債を発行する)から、民間に純金融資産が積み立てられるのです。
望月夜 @motidukinoyoru
@TamurinMoney @wankonyankorick 勘違いがあるとすれば(2)から(3)にかけてですかね。 「税が通貨を駆動する」ということが、「通貨が統合政府の負債として機能する」ということと経済的に同値である、ということが了解されていなかったという意味で。
残りを読む(62)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする