10周年のSPコンテンツ!
1
もっふる通り@DD!EXTRA観てね @moffurudohri
文ステ『黒の時代』BD・DVD発売記念イベント第二部、無事に終了しました! 主演の谷口賢志さんはじめキャストの皆さまの愛に満ちた幸せな時間でござった…。谷口さん「舞台『文豪ストレイドッグス』は世界一の格好良い舞台だと思っています。『黒の時代』はその中でも一番だと俺は信じています!」
もっふる通り@DD!EXTRA観てね @moffurudohri
今回は最前から2列目で、ステージまで僅か数メートルという至近距離でござった。長いおみ足を豪快&スタイリッシュに展開する谷口さん、両脚をきちんと揃えて膝に手を置き穏やかに微笑む多和田さん、終始さりげなくツッコむ窪寺さん、司会を頑張る長江さんと、皆さまの個性を間近に感じる1時間でした✨
もっふる通り@DD!EXTRA観てね @moffurudohri
谷口さん「舞台・黒の時代で2つだけ俺が無理言って通してもらった所があって。その一つが、最後に太宰の頭をポン!とする場面。当初は俺と多和田君と荒木君の3人が舞台に立って、メインビジュアルのようにポーズを取るはずだったんです。でも「どうしても太宰と二人だけになりたい。荒木、ごめん」と」
もっふる通り@DD!EXTRA観てね @moffurudohri
谷口さん「そしたら、ルパンのセットも最後にもう一度出してくれることになって。あの最後の『太宰の頭をポン!』はそうやって出来上がったシーンなんです。」
もっふる通り@DD!EXTRA観てね @moffurudohri
窪寺さん「二つ目はあの叫ぶ場面ね」谷口さん「そう。俺は悪い奴だから、演出の中屋敷さんが「ここの叫び声は録音で」と言うのを「はい」と。で、通し稽古でいきなり「アアアアッ!!」と叫んだんです。もうプロデューサーは号泣するし、全員が涙、涙で。「俺、毎回叫びます!」と皆を納得させました」
もっふる通り@DD!EXTRA観てね @moffurudohri
窪寺さん「みんな谷口君の喉も心配してたんだよね。あれ、毎回叫ぶのって凄く負担が掛かるから」谷口さん「そう、中屋敷さんも最後まで「色々考えると録音の方が… ううむ…」と首を捻ってましたね。でも、俺は叫びたかった。」
もっふる通り@DD!EXTRA観てね @moffurudohri
谷口さん「長江君の乱歩が傘を織田作に差し掛けるのは、俺が提案したんだったね。「こうすることで、二人の関係性がより明確になるんじゃないか?」って。で、大阪千秋楽では傘が転がって行ってしまって」多和田さん「収録される回でしたね」谷口さん「乱歩も俺も、傘が無いからびしょ濡れだったの」
もっふる通り@DD!EXTRA観てね @moffurudohri
長江さん「谷口さんは口数がそんなに多くないけど、凄くしっかり僕たちを見てくださっていて。東京の初日、一番最初に舞台袖へ捌けた後、そこで待っていて、キャスト全員に「よっしゃぁ!盛り上げて行こうな!」ってハイタッチしてくれたんです。「あぁぁもうずっと付いていきますっ!」となりました」
もっふる通り@DD!EXTRA観てね @moffurudohri
多和田さん「すごく良く解ります!」(大きく頷きながら) 窪寺さん「あれっ、いまの長江君、ちょっとジェンダーレスになった? それぐらい谷口君はみんなをガッシリまとめていたんだよね。谷口君が織田作として座長を務めてくれて、本当に舞台『黒の時代』にとって良かったなぁと思う」
もっふる通り@DD!EXTRA観てね @moffurudohri
谷口さん「傘の件とか首領のグリコポーズとか色々あったけど、公演通して大っきなミスは無かったなぁ…」多和田さん「僕がコートの裾をルパンの椅子に引っ掛けて倒した事がありました」谷口さん「あれね!俺も2〜3回倒したな。舞台が斜めになってて、椅子の脚は普通に真っ直ぐだから倒れやすいよね」
もっふる通り@DD!EXTRA観てね @moffurudohri
谷口さん「中屋敷君の演出は通し稽古を徹底してやるから、黒の時代も全公演数と同じくらい通して稽古したなぁ。だから本番で大きなミスはあんまり出ないんだね」窪寺さん「毎回死んでたもんね、谷口君」谷口さん「そう、毎回死んで生き返って。最後は「もうラストシーンはいいよ!」って」
もっふる通り@DD!EXTRA観てね @moffurudohri
キャスト陣からのビデオレターも愛が詰まってました。『文ステは… そう… とても良いものです…』と不思議ムードを漂わせつつじっくり語る荒木宏文さん。多和田さん「荒木ワールドですね!?」谷口さん「これ、何言ってるか分かんないよ〜! インタビューでも荒木君は毎回こんな感じで長かったなぁ」
もっふる通り@DD!EXTRA観てね @moffurudohri
ジイド役の林野健志さんは『世界ふしぎ発見』の音楽に乗せて「ミステリコマンダー、林野です」と登場。織田作とジイドが邂逅する横浜美術館の玄関前から現地レポ。「ここで問題です。黒の時代の舞台の床は何度傾いていたでしょうか?」15度、いや8度かな、と答える窪寺さん達に「正解は、4度です!」
もっふる通り@DD!EXTRA観てね @moffurudohri
谷口さん「4度…! それであんなに傾いてるって感じるんだね。ルパンのシーンは俺たち、太ももに物凄く力を入れて中腰になってたもんなぁ。それにしても林野君、ビデオの中でずっと『文豪ストレイトドッグス』って言ってるんだけど☆」窪寺さん「ストレイトだと『文豪まっすぐ犬』になっちゃう」
もっふる通り@DD!EXTRA観てね @moffurudohri
ビデオレター3人目は種田長官&カレー屋フリイダムの店主を演じた熊野利哉さん。「谷口さんが稽古の時に皆を集めて『とても濃密な舞台だからしっかり作って行こう』と仰ったので、俺も頑張らなきゃ!と気合いを入れて翌日の稽古に入ったら、谷口さんがビートたけしさんの真似をして『コラァ!』って」
もっふる通り@DD!EXTRA観てね @moffurudohri
谷口さん「あれは熊野君の緊張をほぐそうと思ったの。彼すごく真面目だから、俺の言葉で『頑張らなきゃ!』って考えちゃって、翌日の稽古に血走った目で来たんですよ。カレー屋の店主が血走った目をしてたらヤバいでしょ、だからたけしさんの真似して肩をしゃくって『コラァ!』って」優しい谷口さん…
もっふる通り@DD!EXTRA観てね @moffurudohri
キャストの皆さん全員の頼もしい兄貴的存在で、命懸けで織田作さんの人生を生きてくださった谷口さん。素晴らしい黒の時代を魅せてくださり、本当にありがとうございました!! きっとまたいつか会える日が来るって信じています。 #文ステ pic.twitter.com/KnfVbGc54D
拡大
拡大

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?