10周年のSPコンテンツ!
0
やまゆう @yamayued
ファーストキャリアはベンチャー?外資?徹底討論 LITALICOの中俣さん@16yuki 元バチェラーの久保さん@hiro_takebo 元バチェラーの小柳津さん@mcrin72 #SVF2019
やまゆう @yamayued
久保さん:理系の大学院に行っていて、最初はA.T.カーニーへ入社して、いまはCLAS(クラス)ってサービスを立ち上げてます。 小柳津さん:サイバーエージェントに入社をして、その後ゲームを作らない分野を全部やっていて、最後はAbemaTVで働いてました。いまは企業に向けて準備中です。 #SVF2019
やまゆう @yamayued
久保さん:就活は正直どの会社でも良かった。でも広告代理店でインターンをしたら、個人的に違和感を感じた。広告って手段が及ぼす範囲が限定的だなと思った。そもそもその商品をどう売っていくのかが気になった。だからこそ、全体感を持って、取り組めるA.T.カーニーへ入社しました。 #SVF2019
やまゆう @yamayued
小柳津さん:当時の慶応生は、外銀、外コン、広告代理店みたいなところが多かった。でも人と違うことをやりたくて、ネットベンチャーのサイバーエージェントに入った。一個だけ大事にしてたのは、老後を良くするよりも、生涯現役でいたいとは思ってた。あとは役者にもなりたかった。 #SVF2019
やまゆう @yamayued
Q入社後はどうでしたか? 小柳津さん:マーケティングって何?ってところからスタート。簡単に結果が出る部署ではなかったけど、二年目くらいから結果が出始めて、会社の役員やらない?って言われて。キャリアプランとかも考えてなかった。とりあえず今置かれてる環境で成果出して目立つ。 #SVF2019
やまゆう @yamayued
久保さん:僕もキャリアプランは考えたこと無い。新卒の同期は6人。いちおう結果も出してたから、キャリアアップはしていたけど、それは狙っていない。若手の頃は、寝ずにアウトプットをしまくってましたね。 #SVF2019
やまゆう @yamayued
Q起業しようと思ったきっかけは? 久保さん:起業をしようと思ったのも数ヶ月前。それも声をかけられたご縁。偶発的に起業した。起業に準備とかいらないし、どのキャリアも関係ない。経営者は専門職なので、経営者として経験を積んでいかないといけない。心構えは、チャンスがあれば飛び込む #SVF2019
やまゆう @yamayued
Q いま就活をするとすればどうする?(起業はなし) 小柳津さん:就活はエンジェル投資と一緒。自分の時間を出して、やるところなので投資先を探すように。あとは経営者と狙っているマーケット。会社の規模は見ない。 久保さん:育てるためのリソースがないとダメ。その受け皿がある会社。 #SVF2019
やまゆう @yamayued
小柳津さん:でもそれを踏まえて、リソースがない会社でも「俺絶対ここに入る」って言うやつがいい。新卒採用してるかどうかとか、関係ない。後はプライベートで飲みに行きたいやつ。 久保さん:いまうちの会社に来るんだったら、自走できる人がいい。 #SVF2019
やまゆう @yamayued
久保さん:商社は凄いなって思う。教育システムとか、自分たちでビジネスをやることもできる。市場の環境に応じて、やってるから。でもリスクは取らないし取れない。 小柳津さん:ベンチャーだったら、キングダムで言う贏政みたいな人が社長の会社。ビジョンを本気で語れる人か。 #SVF2019
やまゆう @yamayued
久保さん:ビジョンを明確に語れるかは大事。でもそれにプラスして、きちんとシステムを作っていこうとしてるかは見たほうがいい。志+システムを作ろうとしてる会社。 #SVF2019
やまゆう @yamayued
小柳津さん:いまサイバーエージェントに入るのと、13年前は違う。今のほうが競争が激しい。役員を目指していたけど、途中でめんどくさくなってきて、オンリーワンを目指しつつも、独自路線を走っていった。だからバチェラーも出た。本業は好きな仲間と、好きなことをやっていたい。 #SVF2019
やまゆう @yamayued
Qバチェラーを終わってすぐに起業したのはなんで? 久保さん:バチェラーを出て、企業顧問もやっていて、お金周りはむちゃくちゃ良かった。会社を立ち上げたい気持ちはあった。けど大変だよなぁと思ってた。80%は辛い時。ハッピーな時間は少ない。でも経営や起業はしたくて縁があった。 #SVF2019
やまゆう @yamayued
久保さん:起業でも何でもそうだけど、良いタイミングが来た時は、リスク度外視で踏み込むのがいいんじゃないかな? #SVF2019
やまゆう @yamayued
Q 王道の道から、いきなり起業をした理由は? 久保さん:ぼくはもともと一貫性を持つつもりはなかった。物事なれてきちゃうと、成長がなくなってくる。だから挑戦をしている。 小柳津さん:起業に対して思うのは、あくまで手段なので、自分が何をしたいのか?僕は爪痕を残したい #SVF2019
やまゆう @yamayued
Q 産業や社会の変化とともに、考え方は変わりましたか? 久保さん:そもそも新聞とか見てなくて「気になるニュースは?」と聞かれてもわからない笑。情報への感度の建て方だと思ってて、僕のスタンスは必要に迫られたら収集する。自分の思考パターンを踏まえて考えれば良いんじゃないかな? #SVF2019
やまゆう @yamayued
久保さん:必要なのは、自分のアンテナの建て方、そしてインプットからのアウトプット。 小柳津さん:バチェラーやってた時は、恋と愛しか考えてなかった。これは大学時代の演劇に熱中してたときと同じ。一つのことだけに集中できるのは大学生時代だけかなと。一つに集中してやってみよう。 #SVF2019
やまゆう @yamayued
Q 成功するために必要な一つのことを上げるとすると 久保さん:関わる人を幸せにするのが、成功だとすると、考え続けること。どうやったらこの人が幸せになるのか? 小柳津さん:見返りを求めずに、GIVE GIVE GIVE。恋愛においては、こいつを幸せにするぞって決める。 #SVF2019
やまゆう @yamayued
Q 起業する際に、顧客のニーズにこたえるためには? 久保さん:ビジネスは世の中の誰かの課題を解決するためにあるもの。その課題は「誰にとっての課題?」って考えるのが一番。そしてそれは身近な人ほどやりやすい。だからこそマーケットではなくて、自分がターゲットでビジネスを作ろう #SVF2019
やまゆう @yamayued
Q 答えがない問題に対しての向き合い方 久保さん:21歳のタイミングだったら、今までやってきたことの過程にしか答えはない。何が楽しくて、かっこよくて、幸せでみたいなことを3つずつくらい言語化して、ありたい像を見つけるのが良いかな。何がしたいか?とかは考えなくていい。 #SVF2019
やまゆう @yamayued
小柳津さん:最後に、キャリアプランとか聞かれたら「分からない」って答えたほうが良い。ニュートラルに企業と向き合って行くのが大切。既定路線に縛られないでね。 #SVF2019
やまゆう @yamayued
久保さん:面接官も、キャリアプランとか考えてない人多いよね。んで、大事なことは主体性を捨てないこと。時代は変わるから、それに対してしなやかに、主体的に向き合っていくこと。辛い作業だけど、大切だなと。 #SVF2019

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする