10周年のSPコンテンツ!
24

2016.2.27のこのツイートの後、しばらくツイートしていなかったが、

花村萬月 @bubiwohanamura
昨日からの続きで、自作を数えてみた。数え間違いがあるかもしれないが、文庫海外出版諸々含めて227冊だった。けっこう仕事をしているなあ──と他人事のように感心。
リンク Wikipedia 1 user 5 花村萬月 花村 萬月(はなむら まんげつ、本名:吉川一郎、1955年(昭和30年)2月5日 - )は、日本の男性作家。東京都出身。現在、京都府在住。 東京都生まれ。父親は明治の生まれで、母親とは30歳ほど離れていた。生まれて間もなく蒸発した父親が小学校入学後に戻り、旧仮名遣いの本で読書を強制される。父親の方針により小学校を休みがちになったが、様々な学問の基礎を父親から教わる。問題行..

作家の津原泰水(やすみ)さんが百田尚樹さんの著書「日本国紀」(幻冬舎)に意見したら
幻冬舎から文庫本を出す話がなくなったとツイート

津原泰水=やすみ @tsuharayasumi
冗談じゃない。俺、幻冬舎から文庫出せなくなったんだぞ。 twitter.com/nakamayukai/st…
津原泰水=やすみ @tsuharayasumi

◆よみうりカルチャー恵比寿にて文章講座を開講中。https://t.co/JKoRqSyLh0 ◆ウェブ連載『飼育とその技能』https://t.co/hP25NPycrl

https://t.co/kmDDxgtxsE
津原泰水=やすみ @tsuharayasumi
@nakano0316 正月あけ、担当を通じ、『日本国紀』販売のモチベーションを下げている者の著作に営業部は協力できない、と通達されました。「どうしろと?」という問いに返答を得られることなく、その日のうちに出さない判断をしたとのメール。それ以前の忠告警告はありません。それどころか話に頷いてたくせに。
リンク 毎日新聞 227 users 907 百田尚樹さんの「日本国紀」批判で出版中止 作家が幻冬舎を批判 - 毎日新聞 作家・百田尚樹さんの著書「日本国紀」(幻冬舎)を批判する投稿をツイッターでしたことで、「幻冬舎から刊行予定だった文庫本を出せなくなった」と作家の津原泰水(やすみ)さん(54)が訴えている。既に幻冬舎から単行本で発売されている津原さんの小説が今春、同社から文庫化される予定だった。が、作業が大詰めとな

それを見てツイートを再開

花村萬月 @bubiwohanamura
SNSに興味をなくして、まったく触れていなかった。ツイッターもやめてしまおうと久々に覗いたら、津原泰水と幻冬舎のことが目についた。 俺からすれば津原もじつに面倒臭い奴だが、それは津原の繊細な美意識がもたらすものだから、そして俺は編集者じゃないから付き合わなければよいだけのこと。
花村萬月 @bubiwohanamura
俺が駆け出しのころだ。見城がまだ角川書店にいた時代だ。角川書店担当Sに上司の見城を紹介された。編集者なのにチープな文学意識の抜けていない薄気味悪いマッチョだった。自費でつくったらしい阿部薫の本をわたされた。ま、それはいい。
花村萬月 @bubiwohanamura
見城は仰有った。 ボクは小説は最後しか読まない。
花村萬月 @bubiwohanamura
それは文字通り、小説のラストだけ目を通して、すべてを決めるということで、雑念が入らぬぶん、当たりを出せるということ──らしい。
花村萬月 @bubiwohanamura
俺がまっさらの新人だったから口を滑らせたのだろう。
花村萬月 @bubiwohanamura
俺、角川書店との仕事をやめようと思った。でも、まあ、見城は俺の担当じゃないし、担当Sとはとても馬が合うので、思いとどまった。
花村萬月 @bubiwohanamura
当時、見城に靡いている作家がたくさんいた。バカじゃねえの。最後しか読まねえ編集者にお世辞を大量にぶち込まれて、とてもよい気分。なにせ、あなたの作品が大好きっていう手紙を書くのが特技のすばらしい編集者だからね。最後しか読まないけれど。
花村萬月 @bubiwohanamura
俺は一切幻冬舎と仕事をしていない。だからなんでも書ける。幻冬舎と仕事をしない理由は、もちろん最後しか読まない編集者の会社から本を出したくないからだ。
花村萬月 @bubiwohanamura
幻冬舎には、俺の担当もいたが、幻冬舎の仕事は一切しないと告げた。徳間書店から幻冬舎に移った某編集者が次の担当になったが、そしてとても仲のよい編集者だったが、彼にも言った。幻冬舎とは仕事をしない──と。彼は、もろ涙ぐんでいた。
花村萬月 @bubiwohanamura
彼には悪いことをしたが、詐欺師の会社から本を出すわけにはいかない。
花村萬月 @bubiwohanamura
ボクは小説は最後しか読まない。
花村萬月 @bubiwohanamura
まったくすばらしい処世だ。
花村萬月 @bubiwohanamura
山周賞の選考をしていたとき、〈天国への階段〉を読まされた。亡くなった方のことを悪く言うのではない。この本、増刷を重ねているのに(わたされたものはずいぶん版を重ねていたものだ)、凄まじい誤植の数に呆れ果ててしまった。
花村萬月 @bubiwohanamura
こんな雑なつくりの本屋から本を出さないと決めた俺は正しいと確信した。
残りを読む(74)

コメント

影山影司 @apto117 2019年5月21日
花村萬月、良いよね。
紫嶋桜花🌤️❤️➕固定でヘルプマーク関連アンケート中 @as_wwwit 2019年5月21日
Cobaltの花村萬月さんの連載(新人賞だったかの批評)好きだったなあ。浮いてたけど、文学に対する真摯な姿勢が輝いてたし、
紫嶋桜花🌤️❤️➕固定でヘルプマーク関連アンケート中 @as_wwwit 2019年5月21日
as_wwwit コバルト側の「誌面やレーベルをよくしていこう」という意気込みも感じられた。浮いてたけど。誌面のまんまの人だったんだなあ。
A3ノビ @filoFax95 2019年5月22日
少女小説家は死なない! なんとなく言ってみたくなったw
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする