Visual Studio CodeにGitインストールしてねとお願いされたらGitインストールする。

個人的なGitインストール手順
5
みつぎ@現場仕事をDXする(developer's diary) @mitsugeek

Visual Studio Codeを開いたとき gitがインストールされていない場合、 「Git not found. Install it or configure it using the 'git.path' setting.」と出る。 Google翻訳:「Gitが見つかりませんでした。インストールするか、 'git.path'設定を使用して設定してください。」 https://t.co/Y7xrHNFLCQ

2019-05-21 21:22:38
拡大
みつぎ@現場仕事をDXする(developer's diary) @mitsugeek

Visual Studio CodeのDownload Gitを押すと、 git-scm.com がブラウザで開くので、 「Download 2.21.0 for Windows」のボタンを押してGitをダウンロード pic.twitter.com/dwZyKQci6Y

2019-05-21 21:28:02
拡大
みつぎ@現場仕事をDXする(developer's diary) @mitsugeek

スタートメニューにgitのショートカットを入れるかどうか。 こちらもデフォルトのままNext押下。 pic.twitter.com/e8fJli4651

2019-05-21 21:40:20
拡大
みつぎ@現場仕事をDXする(developer's diary) @mitsugeek

コミットするときの編集に使用するエディタはVisual Studio Codeを選択(デフォルトはVim)し、「Next」をクリック。 pic.twitter.com/QeLSGJfspk

2019-05-21 21:44:30
拡大
みつぎ@現場仕事をDXする(developer's diary) @mitsugeek

「Git from the command line and also from 3rd-party software」を選択(デフフォルトのまま)してNextを押下。 pic.twitter.com/nZRbFjAbh6

2019-05-21 21:48:50
拡大
みつぎ@現場仕事をDXする(developer's diary) @mitsugeek

「Use the OpenSSL library」を選択(デフォルトのまま)してNextを押下。 pic.twitter.com/k3BK86IpXX

2019-05-21 21:51:56
拡大
みつぎ@現場仕事をDXする(developer's diary) @mitsugeek

「Checkout as-is, commit as-is」を選択しておく。(チェックアウト時も、コミット時も改行コードはgitでは変更しない) で、Nextを押下 pic.twitter.com/OKI4wu3Kh4

2019-05-21 21:56:51
拡大
みつぎ@現場仕事をDXする(developer's diary) @mitsugeek

「Use Min TTY(the default terminal of MSYS2)」を選択(デフォルト)して、Nextを押下。 pic.twitter.com/vMznfPrs4a

2019-05-21 22:02:43
拡大
みつぎ@現場仕事をDXする(developer's diary) @mitsugeek

Configuring extra optionsの設定はそのままで、Nextを押下。 pic.twitter.com/ggRVd2x6xn

2019-05-21 22:09:19
拡大
みつぎ@現場仕事をDXする(developer's diary) @mitsugeek

インストールが終わると。Git for Windows v2.21.0 Release Notesがブラウザで開く。 (View Release Notesにチェック入れてるので開く) pic.twitter.com/FO4PNdkIsD

2019-05-21 22:20:10
拡大
みつぎ@現場仕事をDXする(developer's diary) @mitsugeek

Visual Studio Codeを再起動すると、Gitがインストールされている状態となった。 pic.twitter.com/ddwklPti1y

2019-05-21 22:23:41
拡大

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?