0
KNP @KyuDNP
●「年間1ミリシーベルト」という基準に自然被曝や医療被曝は含まれません(「国連の特別報告者 福島への子どもの帰還見合わせを求める」関連)  togetter.com/li/1297352 pic.twitter.com/wpxxp1vtA5
 拡大
ツイートまとめ 「年間1ミリシーベルト」という基準に自然被曝や医療被曝は含まれません(「国連の特別報告者 福島への子どもの帰還見合わ.. いまだに自然被曝や医療被曝を混ぜこぜにしたコメントがあるのに驚いています。 891 pv 6

●実用発電用原子炉の設置、運転等に関する規則
http://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=353M50000400077#4

(定義)
第二条 この規則において使用する用語は、核原料物質、核燃料物質及び原子炉の規制に関する法律(以下「法」という。)において使用する用語の例による。
2 この規則において、次の各号に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。
一 「放射線」とは、原子力基本法(昭和三十年法律第百八十六号)第三条第五号に規定する放射線又は一メガ電子ボルト未満のエネルギーを有する電子線若しくはエックス線であって、

 【自然に存在するもの以外のもの】

をいう。
二 ・・・

KDN @KDNuc
●「年間1ミリシーベルト」という基準に自然被曝や医療被曝は含まれません  いまだに自然被曝や医療被曝を混ぜこぜにしたコメントがあるのに驚いています。  ・国連の特別報告者 福島への子どもの帰還見合わせを求める   www3.nhk.or.jp/news/html/2018… pic.twitter.com/oeTCNbiMGF
 拡大

●国連の特別報告者 福島への子どもの帰還見合わせを求める
 2018年10月26日 13時03分

国連人権理事会が任命した特別報告者が、25日の国連総会で、福島の原発事故を受けた日本政府の避難解除の基準ではリスクがあるとして、子どもたちの帰還を見合わせるよう求めました。これに対して、日本側は、国際的な専門家団体の勧告に基づいていると反論し、日本側との立場の違いが浮き彫りになりました。

国連の人権理事会が任命したトゥンジャク特別報告者は、25日の国連総会の委員会で、東京電力福島第一原子力発電所の事故のあと、日本政府が避難指示を解除する基準の1つを年間の被ばく量20ミリシーベルト以下にしていることについて「去年、人権理事会が勧告した1ミリシーベルト以下という基準を考慮していない」と批判しました。

これに対し、日本政府の担当者は、この基準は専門家で作るICRP=国際放射線防護委員会が2007年に出した勧告をもとにしており、避難指示の解除にあたっては国内の専門家と協議して適切に行っているとして、「こうした報告が風評被害などの否定的な影響をもたらすことを懸念する」と反論しました。

この反論に、トゥンジャク特別報告者は、同じ専門家の勧告で、平常時は年間の被ばく量を1ミリシーベルト以下に設定していると指摘し、これを下回らないかぎりリスクがあるとして、子どもたちや出産年齢にある女性の帰還は見合わせるべきだと主張し、日本側との立場の違いが浮き彫りになりました。

政府「指摘は誤解に基づいている」

トゥンジャク特別報告者の批判について、政府の原子力被災者生活支援チームは、「ICRPの勧告では避難などの対策が必要な緊急時の目安として、年間の被ばく量で20ミリシーベルトより大きく100ミリシーベルトまでとしていて、政府は、そのうちもっとも低い20ミリシーベルト以下になることを避難指示解除の基準に用いている。また、除染などによって、長期的には、年間1ミリシーベルトを目指すという方針も示している」と説明しています。

そのうえで「子どもなどの帰還を見合わせるべき」という指摘については、「子どもたちに限らず、避難指示が解除されても帰還が強制されることはなく、特別報告者の指摘は誤解に基づいていると言わざるをえない」と反論しています。

コメント

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする