飛浩隆 × 東浩紀 × 大森望「第3回 ゲンロンSF新人賞選考会(最終講評会)」【ゲンロン 大森望 SF創作講座 第3期#11】

ゲンロンSF創作講座の最終講評会は、「ゲンロンSF新人賞」と銘打ち、『ゲンロン11』(2020年刊行予定)に掲載される最優秀賞作品を選考します。審査員を務めるのは、大森望、飛浩隆、東浩紀の3名です。 最終作品については、特定の課題やテーマを設けません。過去の回に提出した作品をリライトしてもかまいませんし、完全な新作でもかまいません。枚数は400字詰原稿用紙で120枚分(48,000字)を上限とします。各作品には、選考委員に向けたアピール文(800字程度)を添えることができます。 続きを読む
sf創作講座 飛浩隆 ゲンロン 東浩紀 大森望
2
リンク ゲンロンカフェ 第3回 ゲンロンSF新人賞選考会(最終講評会) – ゲンロンカフェ 株式会社ゲンロンが運営するイベントスペース
リンク 超・SF作家育成サイト 1 user 最終課題:ゲンロンSF新人賞【実作】 – 超・SF作家育成サイト 新しいSFが、ここから始まる。ゲンロン 大森望 SF創作講座 超・SF作家育成サイト
リンク ゲンロンスクール ゲンロン 大森望 SF創作講座 – ゲンロンスクール 新人賞の続々受賞で話題沸騰の<ゲンロン 大森望 SF創作講座>、2018年6月より第3期スタート!
ニコ生ではタイムシフトで5/24まで、Youtubeでは無期限で最終講評会の様子を無料公開しております!↓

【ニコ生】

リンク ニコニコ生放送 【無料生放送】飛浩隆×大森望×東浩紀「第3回 ゲンロンSF新人賞選考会」【ゲンロン 大森望 SF創作講座 第3期... 〈ゲンロン大森望SF創作講座〉最終講評会の模様を生中継します。放送開始は19:00を予

【Youtube】

第3回 ゲンロンSF新人賞選考会の結果はこちら!

第三回ゲンロンSF新人賞 琴柱遥「父たちの荒野」
優秀賞 斧田小夜「バックファイア」
東浩紀賞 伊藤元晴「猫を読む」
大森望賞 進藤尚典「推しの三原則」

大森望 @nzm
ゲンロンSF新人賞最終候補作発表(公開選考会は5/17): 甘木零「今、人間になりたて」 伊藤元晴「猫を読む」 斧田小夜「バックファイア」 菊地和広「字間調律師」 琴柱遥「父たちの荒野」 進藤尚典「推しの三原則」 茶里裕治「One Last Move」 school.genron.co.jp/works/sf/2018/…
大森望 @nzm
5/17の第3回ゲンロンSF新人賞公開選考会、過去にゲスト講師をつとめられた作家・編集者のみなさんも、お時間あればぜひ現場を覗きにきてください。終了後は懇親会も予定されています。こちらは過去の受講生のみなさんもぜひどうぞ。
橋本浩 @hiroshin_hsmt
これ全部読んでおこう。とりあえず、甘木零「今、人間になりたて」だけ読んだ。→ 最終課題:ゲンロンSF新人賞【実作】 – 超・SF作家育成サイト school.genron.co.jp/works/sf/2018/… #SF創作講座 @genronschoolさんから
大森望 @nzm
・受賞作は《Genesis 創元日本SFアンソロジー》夏季号に掲載します。 ・最終候補作に選出された段階で、編集部提案のもと改稿していただいたのち、最終選考をおこないます。… ・選考委員の先生を2名お願いし(任期2年とし1年違いで交代)、編集部・小浜徹也を加えた3名で最終選考いたします。 twitter.com/tokyosogensha/…
名倉編 @nagra_am
#SF創作講座 ゲンロンSF新人賞提出作読んでってるんですが。バリエーション豊かかつめっちゃレベル高いのでおすすめです 最終課題:ゲンロンSF新人賞【実作】 – 超・SF作家育成サイト school.genron.co.jp/works/sf/2018/… #SF創作講座 @genronschoolより
飛浩隆 TOBI Hirotaka @Anna_Kaski
いよいよ迫ってきた。まだふたりの講評が書けていない。いま13000字。5/17(金)飛浩隆 × 東浩紀 × 大森望 「第3回 ゲンロンSF新人賞選考会(最終講評会)」 genron-cafe.jp/event/20190517/ #SF創作講座 @genroncafeさんから
飛浩隆 TOBI Hirotaka @Anna_Kaski
最終課題選出7作については、当日、個別にたっっぷり感想を語ります。ギャラリーのみなさんはぜひ候補作を読んでお気に入りを決めておいてくださいね。俺の秘伝を話したりするかも。ファイナリストは血圧が上がったり下がったりすると思いますので、体調をととのえ水分を補給しておいて。
飛浩隆 TOBI Hirotaka @Anna_Kaski
講評がだいたい15,000字になったが、まだぜんぜん終わらないぞ。ちなみに、しゃべりの原稿なので、ちょっと筆が走るとそれくらいは簡単にいきます。しかし時間は足りるのか?
遠野よあけ @yoakero
明日ついにSF創作講座三期最終講評ですが、一方で第四期の最初の課題が大森さんから提示されました。「「100年後の未来」の物語を書いてください」。これは、批評再生塾勢として頑張らざるをえない課題!(批評再生塾ってそういうことも考えさせられる場だったのです!) #SF創作講座
升本 @masumoto_
最終課題全7作読んだので、明日の最終講評会がコンテンツとして、めちゃ楽しみ。なお、7名のこれまでの実作、および今回の最終課題の梗概は未読です。ラジオで言わなかったことを一言ずつ。 school.genron.co.jp/works/sf/2018/… #SF創作講座
升本 @masumoto_
琴柱遥「父たちの荒野」 男の外見、ゼルネアスで脳内再生していました。行者ニンニクから北海道を連想してしまうのは、水曜日のカンパネラ「シャクシャイン」の影響。題材がいちばん好きでした。 school.genron.co.jp/works/sf/2018/… #SF創作講座
升本 @masumoto_
茶里裕治「One Last Move」 するする楽しい。読後に登山史ググりました。脳内ではマンガ版『孤高の人』のタッチで、アイスマンⅡは重ちーのハーヴェスト、もしくは魔法陣グルグルのグエンチャ。窓ふきは『土星マンション』。夏にゆるめの山行、今年も行くぞ。 school.genron.co.jp/works/sf/2018/… #SF創作講座
升本 @masumoto_
斧田小夜「バックファイア」 いちばんすべすべ。大学時代パート、結構好き(木村いこ『夜さんぽ』思い出した)。(株)In:Dreamに転職したい。In:Dreamほしい。まずは寝酒を止めねば… school.genron.co.jp/works/sf/2018/… #SF創作講座
升本 @masumoto_
菊地和広「字間調律師」 引き算の美学。編集者が近未来でどんな役割を担うかは大変に興味がある。最近だと、青木U平『マンガに、編集って必要ですか?』はどう落とすのか、とか。口述と脳波筆記の併用、はよ実現してほしい。アピール文いいすね。 school.genron.co.jp/works/sf/2018/… #SF創作講座
升本 @masumoto_
甘木零「今、人間になりたて」 当事者ではない人が当事者の話を聞いて当事者の振りをしている印象。この語り手とは一緒に仕事したくない。マンガ雑誌の掲載作を小ネタで仕込んであってもよかった(気付いていないだけかも)。 school.genron.co.jp/works/sf/2018/… #SF創作講座
升本 @masumoto_
伊藤元晴「猫を読む」 京都の大学を出て東京で就職した妻は頻繁に「京都に帰りたい」と言い、毎回「大阪出身じゃん」と思う。京都行くと大体鴨川近辺歩いて「大学んときが人生でいちばん楽しかった」と繰り返し言う。今、私といる時間は楽しくないんかい。… school.genron.co.jp/works/sf/2018/… #SF創作講座
残りを読む(94)

コメント

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする