10周年のSPコンテンツ!
6
Hiroyuki Pinky Arai【実況中】 @livetweetjapan
今日はここから。 QT: Think Different 〜誰かを真似ない、自分だけの生き方とは〜 academy.kandc.com/details/20.html #汐アカ pic.twitter.com/M8jaUKmIWw
拡大
Hiroyuki Pinky Arai【実況中】 @livetweetjapan
「考える」とは何かを考えたことがある人はほとんどいない。 色んな分野ですごい成果を出した数人だけ。 自分なりの方法論を持ってないと考えられない。 #汐アカ
Hiroyuki Pinky Arai【実況中】 @livetweetjapan
「考える」を何かを考えたことがないのに、人に「考えろ」と言い、自分で「さあ考えよう」という。 #汐アカ
Hiroyuki Pinky Arai【実況中】 @livetweetjapan
なぜ「考える」ことを考える必要があったのか? 予防医学は平均寿命を気にする。 1800年29歳、2016年72歳、2100年82歳。 予防医学の大きな仕事が終わった。 「早死にさせない」 予防医学からの疑問は 「人類は幸せになったのか?」 #汐アカ pic.twitter.com/qCVSA6eDql
拡大
Hiroyuki Pinky Arai【実況中】 @livetweetjapan
そもそも幸せ(Well-Being)はどのように測定されるのか? 科学者は測定し進捗を確認する。 「カントリルの階梯」 幸せとは何かという議論をやめた。それは宗教と哲学の領域。 幸せだと言ってる人がいる。その特徴を科学した。 問いを変えて科学した。 最高の生活10点、最低の生活0点。 #汐アカ
Hiroyuki Pinky Arai【実況中】 @livetweetjapan
日本人は8点と5点にピークができる。 2つ山ができるのは珍しい。日本だけ。 #汐アカ
Hiroyuki Pinky Arai【実況中】 @livetweetjapan
1958年から30年間でGDPが5倍に。 20世紀は生活のありとあらゆる面が劇的に改善した。 しかし、Well-Beingは全く変わってない。 物質的に豊かになっても、実感としての豊かさは伴わなかった。 #汐アカ pic.twitter.com/fwscDWaYZl
拡大
Hiroyuki Pinky Arai【実況中】 @livetweetjapan
GDPを作ったクズネルが言った。 世界には4つある。 先進国、途上国、日本、アルゼンチン。 途上国から先進国にいったのは日本だけ。 先進国から途上国に落ちたのはアルゼンチンだけ。 #汐アカ
Hiroyuki Pinky Arai【実況中】 @livetweetjapan
苦しみは取り除かれたが、実感としての豊かさを感じられてないのは何故か? 人々の時間の使い方はどう変わったか? 1965-2005 男性: 仕事↓、ぼーっとする↑ 女性: 家事↓、仕事↑、ぼーっとする↑ #汐アカ pic.twitter.com/XhrdeEPYip
拡大
Hiroyuki Pinky Arai【実況中】 @livetweetjapan
人々の時間は、ポジティブ、ニュートラル、ネガティヴにわかれる。 ほとんどの人にとって仕事はネガティヴ。それは減ってる。 できた時間をポジティブなことに使いたい気持ちはあるが、ほとんどの人はニュートラルなことに時間を使っている。 だからWell-Beingは変わらない。 #汐アカ
Hiroyuki Pinky Arai【実況中】 @livetweetjapan
「病気が克服して寿命が延びる」 →「長命の退屈」 暇になると予言されていた。 #汐アカ
Hiroyuki Pinky Arai【実況中】 @livetweetjapan
次のグランドチャレンジは何か? 8割の人間が都市に住む。 人生のほとんどを小さい箱の中で過ごす。 それが22世紀。 都市生活者における退屈、孤独、不安。 #汐アカ pic.twitter.com/mqISZANK5E
拡大
Hiroyuki Pinky Arai【実況中】 @livetweetjapan
21世紀にはよいが、22世紀には適さないのではないか。 日本人は人生をハシゴに例えない。 「人生は振り子のようだ」ともいう。 なら5点が正しいはず。 #汐アカ pic.twitter.com/CbVDVNPgQn
拡大
Hiroyuki Pinky Arai【実況中】 @livetweetjapan
「科学における思考法とは?」 批判をするのは簡単だが、科学的に提案するのは難しい。 #汐アカ
Hiroyuki Pinky Arai【実況中】 @livetweetjapan
諸科学における理解とは? 自然科学=分解 社会科学=近似 人文科学=大元をたどる アプローチが違う。 自然科学と社会科学は進みたい科学。 人文科学は繰り返したい科学。 #汐アカ pic.twitter.com/slgjPlRrpv
拡大
Hiroyuki Pinky Arai【実況中】 @livetweetjapan
Well-Beingを再定義するために考える方法論を考える。 #汐アカ
Hiroyuki Pinky Arai【実況中】 @livetweetjapan
クリエイティブな人は、3つのサブネットワークをいったりきたり出来る人。 #汐アカ pic.twitter.com/wnet6tDnKv
拡大
Hiroyuki Pinky Arai【実況中】 @livetweetjapan
閃きは一人で生まれる。 ブレストはアイデアを生む場ではなく、みんながアイデアを持ち寄って精査する場。 では大局観はどう使う? #汐アカ pic.twitter.com/fVlcdSNoUC
拡大
Hiroyuki Pinky Arai【実況中】 @livetweetjapan
大局観を持っている人は、分類をするときの頭の使い方が違う。 "構造を把握する" #汐アカ pic.twitter.com/ds6q2e4ALb
拡大
拡大
Hiroyuki Pinky Arai【実況中】 @livetweetjapan
松尾芭蕉 古池や 蛙 飛び込む 水の音 場面がバンバン変わり、一言ごとで常識が覆される。 脳内がドラマチック。 #汐アカ pic.twitter.com/nfJ3NBU9uA
拡大
Hiroyuki Pinky Arai【実況中】 @livetweetjapan
軸をとるときトレードオフ構造の関係なのものがよい。 トレードオフなのに両立させることがすごい。 #汐アカ
Hiroyuki Pinky Arai【実況中】 @livetweetjapan
質を高めてしまうと、新しいものは作れない。 日本人は真似をするのが好き。だから、質を高めて競争する。 だからガラケーがあっても、スマホが作れなかった。 #汐アカ pic.twitter.com/Pd1aVWRYxG
拡大
残りを読む(29)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする