10周年のSPコンテンツ!
0
八百屋長兵衛 @rook0081
・食事中にしゃべらない、音を立てない ・箸や器を扱うときには、必ず両手を用いる ・食べ物の咀嚼中は、必ず手を膝の上に置く 洗鉢(せんぱつ) 沢庵でお椀を拭いて食べる円覚寺の方が栄養上も合理的かも 第12回 坐禅堂での食事作法(下) | 精進料理のこころ 吉村昇洋 haruaki.shunjusha.co.jp/posts/1237 pic.twitter.com/P8vRzWFZdp
拡大
リンク web春秋 はるとあき 第12回 坐禅堂での食事作法(下) | 精進料理のこころ 吉村昇洋| web春秋 はるとあき 春秋社のwebマガジン「web春秋 はるとあき」です。時宜に応じて多彩なテーマを、連載、読み切り、書評など多様なかたちで提供します。
八百屋長兵衛 @rook0081
> お湯が入ったらたくわんを利用して器を奇麗に洗います。 > 全部の器が奇麗になったところでたくわんを食べますΣ(・ω・ノ)ノ! 禅修行〜食事作法〜 | 渡辺美沙のゼロからどこまで出来るかな ameblo.jp/misa-prima/ent…
リンク 渡辺美沙のゼロからどこまで出来るかな 『禅修行〜食事作法〜』 お寺内での1日のスケジュールはこんな感じです。5:20 起床5:40 太極拳6:00 座禅(25分×2回)7:00 朝課(声をだしての本の朗読)7:20 掃除…
八百屋長兵衛 @rook0081
空腹→脚気→頻尿 とのこと 禅の修行って何? ~永平寺での修行で何を得たか~ - 禅の視点 - life - zen-essay.com/entry/syugyo
八百屋長兵衛 @rook0081
脚気の恐ろしさを知っている古参は、その原因の一端が水の飲み過ぎと粥の食べ過ぎにあることを経験から知っており、 「空腹なのはわかる。誰もがそうだった。だが空腹を紛らわせようとして水を飲むな。喉が渇いても飲むな。脚気になるぞ」 禅の修行って何?  zen-essay.com/entry/syugyo
リンク 禅の視点 - life - 5 users 禅の修行って何? ~永平寺での修行で何を得たか~ - 禅の視点 - life - 一般の方と話をしていて「一時期、永平寺で修行をしていた」という話になると、「修行ってどんなことをするの?」と訊かれることが多い。 滝に打たれるとか、火の上を歩くだとか、苦行という部類に入るようなわかりやすい修行をイメージされる方が多いのだが、永平寺の修行にそういった「いかにも」な部類の修行はほとんどない。 禅の修行はもっと地味。 地味で、かつ、なぜそれが修行..
八百屋長兵衛 @rook0081
米糠を脚気の予防に使えることを発見 チアミン(ビタミンB1)の発見 →1910年(明治43年)6月14日、東京化学会で「白米の食品としての価値並に動物の脚気様疾病に関する研究」 鈴木梅太郎 - Wikipedia ja.wikipedia.org/wiki/%E9%88%B4…
リンク Wikipedia 3 users 39 鈴木梅太郎 鈴木 梅太郎(すずき うめたろう、1874年4月7日 - 1943年9月20日)は、戦前の日本の農芸化学者。米糠を脚気の予防に使えることを発見したことで有名。勲等は勲一等瑞宝章。東京帝国大学名誉教授、 帝国学士院会員。文化勲章受章者。長岡半太郎、本多光太郎と共に理研の三太郎と称される。 静岡県榛原郡堀野新田村(現:牧之原市堀野新田)にて、農業・鈴木庄蔵の次男として生まれる。 ..
八百屋長兵衛 @rook0081
元禄年間には、コメを精製する習慣が広まり、特に江戸で多く発生。 明治3年から脚気が流行。明治末までに、毎年最小6,500人から最大15,085人死亡。 大正以降、ビタミンB1を含まない精米された白米が普及、副食を十分に摂らずに、多くの患者と死亡者。 脚気 - Wikipedia ja.wikipedia.org/wiki/%E8%84%9A…
八百屋長兵衛 @rook0081
白米が流行した江戸において疾患が流行し「江戸患い」と呼ばれた。 大正時代には、結核と並ぶ二大国民亡国病 死者が1千人を下回ったのは1950年代。 1970年代にジャンクフードの偏食、1990年代に点滴輸液中のビタミン欠乏によって、脚気患者が発生 脚気 - Wikipedia ja.wikipedia.org/wiki/%E8%84%9A…
リンク Wikipedia 8 users 161 脚気 脚気(かっけ、英: beriberi)は、ビタミン欠乏症の一つであり、ビタミンB1(チアミン)の欠乏によって心不全と末梢神経障害をきたす疾患である。心不全によって足のむくみ、神経障害によって足のしびれが起きることから脚気と呼ばれる。心臓機能の低下・不全(衝心、しょうしん)を併発したときは、脚気衝心と呼ばれる。最悪の場合には死亡に至る。 日本では、白米が流行した江戸にお..

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする