カテゴリー機能は終了いたしました。まとめ作成時にはタグをご活用ください。
11
メモオフIF公式@for Dearest @gdiv1_5pb
6月8日開催のメモオフ謝恩会。 トークコーナーで、読ませていただく質問を募集します。 #メモオフ謝恩会 のハッシュタグをつけてツイートしてください。 募集期間は本日5/28から6/2まで! #メモオフ memoriesoff.jp/if/fd/event/
メモオフIF公式@for Dearest @gdiv1_5pb
さらに…… 今年の9月30日でメモリーズオフシリーズは20周年! 想い出や、応援などのメッセージを #メモオフ20周年 のハッシュタグをつけてツイートしてください。 6/8開催のメモオフ謝恩会にて、紹介させていただきます。 募集期間は本日5/28から6/2まで! #メモオフ memoriesoff.jp/if/fd/event/
YUKKY/ゆきちゃん @YUKIRINMEMORIES
まだ少し猶予はありますが、シリーズ20周年おめでとうございます。1st発売当時は20年も続く長寿作になるとは思ってもいませんでした。これも偏にスタッフやユーザーから愛されたタイトルだからこそでしょう。そして2029年、笑顔でメモオフ30周年を迎えられる事を願っています。 #メモオフ20周年 pic.twitter.com/d5kH4ohogO
 拡大
YUKKY/ゆきちゃん @YUKIRINMEMORIES
さて、平日の夜ですが、いい機会なのでシリーズ20年のあんな事やこんな事を書いていこうと思います。ご存知の方は「ああ、あったあったw」と懐かしみ、ご存知でない方は「へぇそんな事あったんだ」と知る機会になれば幸いです(´ω`) ↓続きます #メモオフ20周年
YUKKY/ゆきちゃん @YUKIRINMEMORIES
まずはメインのゲームから。メモオフの原点と言えば勿論1st。Duet以降から入ったファンだと知らない人も多いけど、PS版1stのOPは勇気の翼ではなくBGMの"Day after day"。あと、テキストが一部変更されているほか、PS版とDuet版ではイベントCGもリライトされてるので、その違いを楽しむのも一興かも? pic.twitter.com/sxrNaqXQmL
 拡大
 拡大
YUKKY/ゆきちゃん @YUKIRINMEMORIES
2nd。原点は1stだけど、浮気・修羅場・三角関係等のテーマ的な原点では2ndと言えるほど方向性を決定づけた作品。音源曲がOP・EDに宛がわれたのは厳密に言えば1st Compが初だけど、ナンバリングで言えば2ndが初。他にも2ndが最初となったメディア展開は多数あったし、ラッピングバスも走ったりしたね。 pic.twitter.com/C9kvqR8rDo
 拡大
YUKKY/ゆきちゃん @YUKIRINMEMORIES
想君。絵師の変更、プラットフォームの移行など、シリーズで初の転換期と呼べるタイトル。テーマも1st・2ndから引き継いだ恋愛模様だけでなく、モラトリアムの時期だからこそ抱きがちな人生観や命のあり方にも触れており、プレイする人の年代(学生・社会人等)で共感箇所が変わるのも面白いところ。 pic.twitter.com/68TLjokwRH
 拡大
YUKKY/ゆきちゃん @YUKIRINMEMORIES
それから。SEGAのゲームハード事業撤退に伴い、ここからT-wまではSONYハード1本(PCは除く)に絞られたね。また、4作目にして遂に全グッドEDにボーカル曲が宛がわれたのは非常に印象深い。そして、2nd・想君・それからと主題歌に携わってきた奈々さんが、ゲーム主題歌で最後に関わったのがそれから。 pic.twitter.com/tuXpHtl4hI
 拡大
YUKKY/ゆきちゃん @YUKIRINMEMORIES
とぎフィル。今振り返ると、KID時代で最後の本編なんだよね。あと、ARでメモオフ初参加した彩音さんが、最初に本編に関わったのもとぎフィル。先日の15thコンサートで話題となったロマンシングストーリーはこのタイトルのED。他にも、主人公のビジュアル・CVが最初から設定されてたのも今作だよ。 pic.twitter.com/r6KoDDBOpy
 拡大
YUKKY/ゆきちゃん @YUKIRINMEMORIES
T-w。KID自己破産後、CFが権利等を継承し、5pb.が独占権を得た上で制作されたね。想君以降常連だったキャラデザの松尾・輿水組が最後に手がけたメモオフでもあるね。あと、キャラソン(CD含む)が最後に制作されたのもそう。ハード面で言えば、移植とは言え、T-wがXBox 360に初進出したメモオフだね。 pic.twitter.com/CE12Q3KYrt
 拡大
YUKKY/ゆきちゃん @YUKIRINMEMORIES
ゆびきり。移植ではなく、最初からXbox 360を対象に発売された最初で最後のタイトル。シリーズ初で言えば、通常の選択肢以外で出てくるゆびきりシステムもそうだね。これはIFでR.A.I.N.sとして引き継がれてるね。あと、アキバでのコラボカフェや江ノ電とのタイアップなど色々と盛り上がってたね。 pic.twitter.com/EHJ7Agat0c
 拡大
YUKKY/ゆきちゃん @YUKIRINMEMORIES
IF。前作から約8年の沈黙を経て発売された待望の新作。シリーズ最高傑作と評するファンが多いね、勿論僕もその一人だよ。シリーズで初めてPS4に進出したのもそうだけど、19年目にしてようやくNSに進出したのも思い出深いね。この発売を機に界隈が一気に盛り上がりを見せたのは本当に心が熱くなるね。 pic.twitter.com/jeHkrJTmC8
 拡大
YUKKY/ゆきちゃん @YUKIRINMEMORIES
派生・移植。まずはPureとFesta。当時の人気は凄まじく、智也・唯笑・彩花の過去編に触れたPureをNGP、1stのバラエティソフトのFestaをWSCで発売したね。PureはPS2版DuetやPSP版1stに収録されてるけど、FestaはWSC限定展開なので、今プレイするには当時のソフトとハードを用意しないといけないよ。 pic.twitter.com/Rr6TGeTq7O
 拡大
YUKKY/ゆきちゃん @YUKIRINMEMORIES
Duet。1st・2nd・Pureがセットになり、更に新規シナリオの雪蛍を収録、オマケに有志が投稿したSSまで実装された超お得なタイトル。ここからメモオフを知った人も多いはず。それだけに、Duetのボリューム=メモオフのシナリオ量と勘違いした人は「想君ってシナリオ短くない?」と感じたとか。 pic.twitter.com/eiB7xLULx3
 拡大
YUKKY/ゆきちゃん @YUKIRINMEMORIES
AR三部作。メモオフ5周年を記念し、1st・2ndのキャラにスポットを当てた番外シリーズ。フルプライスソフトが3ヶ月連続リリースという、ファンもついていくのが一番大変だった時代だね。でも、最終章を迎えた今から思うと、あの慌しさが懐かしいよね。あと、ここで彩音さんがメモオフ初参加となったね。 pic.twitter.com/Mh8hzAdIcs
 拡大
YUKKY/ゆきちゃん @YUKIRINMEMORIES
みっくす。Festaの系統を組みつつボリュームアップを図った、1st~想君までのヒロインが総登場の「当時だから出来た」を体現するタイトル。出演者を見直せば解るけど錚々たる顔ぶれだからね、それに加えてそれから~IFまでのとなると一体いくらかかるんだろうね…知りたいような知りたくないような…w pic.twitter.com/q7tll7OQMv
 拡大
YUKKY/ゆきちゃん @YUKIRINMEMORIES
それから again、通称唐揚げ。ARで方向性を見出し、後の展開の基盤となったタイトル。NRでは全ヒロインの後日談が用意されてるけど、いのり・雅・果凛の3人しかからあげではシナリオがなかったりするよ。あと、KIDのメモオフとしては最後のタイトルだね。当時は一番熱を上げてたからショックだったよ。 pic.twitter.com/l0Lv6atiY0
 拡大
YUKKY/ゆきちゃん @YUKIRINMEMORIES
encore、通称餡子。5pb.制作で初めてのメモオフだね。その後ユアを経てT-wが開発されたよ。自己破産という前代未聞の危機的状況だったのもあり、当時を知る誰もがその行く末を心配してたね。だからこそ、制作再開を耳にした時はコレ以上ないほど喜んだよ。願いは想い続けていればきっと叶うんだね。 pic.twitter.com/lM0ViE0DTt
 拡大
YUKKY/ゆきちゃん @YUKIRINMEMORIES
NR。Xbox 360では続編のゆびきりも発売されたけど、PS2で発売されたメモオフとしてはNRが最後のタイトルとなったね。過去のFD同様に本編で回収出来なかった要素に触れてるので、NRに限らず本編→FDとプレイするのがオススメ。特にIFシリーズは絶対に触れた方がいい。出来れば続けてプレイを推奨。 pic.twitter.com/hmVInXRY5l
 拡大
YUKKY/ゆきちゃん @YUKIRINMEMORIES
IFFD。シリーズ初めて最初から任天堂機で発売されたIFシリーズのFD。時間はかかりますが、IFはシリーズでも屈指の内容が一貫されたタイトルなので、通しでプレイする事を推奨します。両作品をクリアしたファンからは「記憶を消して最初から全部やり直したい」と嘆く声が上がるほどです。 pic.twitter.com/m2yPZiNzc1
 拡大
YUKKY/ゆきちゃん @YUKIRINMEMORIES
次は文庫版。まずは1st。1stで詩音編を担当した日暮さんが手がけられたのが此方。以降、からあげのまでシリーズの文庫版を担う事になったね。本編を別観点で描いた"想い出の雫"、各キャラのifストーリーを描いた"アニヴァーサリー"の2冊。ゲームをプレイ出来ない人にとってはありがたい展開だったね。 pic.twitter.com/7RdI9sCPLa
 拡大
YUKKY/ゆきちゃん @YUKIRINMEMORIES
2ndは此方の6冊。ほたる・つばめ・巴・鷹乃・静流・希望の全ヒロインがノベライズ化。これは後年の人気作・それからでも成し得なかった偉業だよ。フルボリュームの文庫を2ヶ月に1冊ペースで発売するのは、今考えても鬼がかったスケジュールだったね。執筆、本当にお疲れ様でしたm(_ _)m pic.twitter.com/yovwvUJif9
 拡大
YUKKY/ゆきちゃん @YUKIRINMEMORIES
想君は若干減って此方の3冊。展開は3冊だけど、本編を上下巻で描いた"偽りの神様"、響・環にスポットを当てた"希望の灯"となっているので実質的に言えば2編だね。1stのアニヴァーサリーもだけど、メイン以外のサブヒロインにスポットを当てたものはキャラの違う顔が見れるから読んでいて飽きないね。 pic.twitter.com/wIqdZCVAzE
 拡大
YUKKY/ゆきちゃん @YUKIRINMEMORIES
それからも引き続いて此方の3冊。ただし、本編に焦点を当てた"雨の夜に"とは異なり、"桜花乃交"と"Tea party"は雅・果凛のアナザーシナリオだよ。あと、先述の通り、シリーズでも上位に食い込む人気作・それからでもこの刊行数な辺り、2ndの人気と凄さがどれほどのものかお分かり頂けるかと。 pic.twitter.com/yWQNYIhDkx
 拡大
YUKKY/ゆきちゃん @YUKIRINMEMORIES
とぎフィルになると本編を描く事に焦点が絞られたよ。日暮さんはファミ通文庫で本編を上下巻で描き、林さんが電撃G'sマガジン本誌で連載分に加筆して刊行しているよ。とぎフィルからはメイン関係のノベライズ化に注力するようになり、サブ関係にスポットを当てる事がなくなってしまったね。 pic.twitter.com/xoKj3DIzUk
 拡大
残りを読む(181)

コメント

えすてい @MDtypeS 2019年5月31日
小説版のメモオフは今も全冊大事に持ってる。特に第一巻目「想い出の雫」は何度読み返したことか、数えきれないくらいのも今となっては想い出。 #メモオフ20周年
五月 @xf52_523 2019年5月31日
「今さら恋人面しないでよ!」