カテゴリー機能は終了いたしました。まとめ作成時にはタグをご活用ください。
11
AiNI@月曜南メ32b @aini_bellwood
随分前に完成はしていたが発表はしていなかった自作ビーダマン概念検証機第2号『トーマス』を使ってビーダマンのビー玉発射原理について考察してみる。 #ビーダマン pic.twitter.com/mMovDTOLCc
 拡大
AiNI@月曜南メ32b @aini_bellwood
『トーマス』は『1号』に比べてホールドパーツを延長しているという特徴があり、これにより初速・精度の向上がなされた。左が『トーマス』、右が『1号』。 #ビーダマン pic.twitter.com/S1TVLmmcip
 拡大
AiNI@月曜南メ32b @aini_bellwood
具体的にはこんな感じ。『トーマス』の試し打ち動画。ホールドパーツはしなる素材ではなく、輪ゴムの収縮力でホールドしている。 #ビーダマン pic.twitter.com/41xWvmADs7
AiNI@月曜南メ32b @aini_bellwood
続いて『1号』。『トーマス』と同じく輪ゴムホールドだが、『トーマス』が2重巻きに対して『1号』は4重巻きである。それでも『トーマス』の初速には遠く及ばない。 #ビーダマン pic.twitter.com/Ynzw2FFHLD
AiNI@月曜南メ32b @aini_bellwood
この初速の違いは延長したホールドパーツに由来するものと思われる。 それについて論じるため、ビーダマンのビー玉発射原理について詳しく考察する。
AiNI@月曜南メ32b @aini_bellwood
ビーダマンの発射時の挙動を図解した。画像には『トーマス』を用いているが公式機体でもほぼ同様のはず。 ビーダマンはビー玉発射時、トリガーに押されたビー玉が前に進み(1)ホールドパーツを押し広げ(2)、臨界点を超えると(3)ビー玉が発射される(4)。 #ビーダマン pic.twitter.com/qAIX8urGyj
 拡大
AiNI@月曜南メ32b @aini_bellwood
厳密には(4)での挙動がビーダマンの初速に関わってくる。この瞬間、ビー玉は2つの要素(厳密には3つ)により加速される。 #ビーダマン pic.twitter.com/3rv2v8LqK2
 拡大
AiNI@月曜南メ32b @aini_bellwood
ひとつめの要素はトリガーの速度。ビー玉を押し出すトリガー自体の速度がビー玉に加算される。玉突きの原理であり、これに関しては直感的に理解しやすいと思う。 #ビーダマン pic.twitter.com/Ebp6mtkdl4
 拡大
AiNI@月曜南メ32b @aini_bellwood
玉突き原理は公式機体でも強く意識されており、顕著な例としてはストライカージェミニがこれにあたる。輪ゴムジェミニの威力などは玉突き原理によるものであろう。
AiNI@月曜南メ32b @aini_bellwood
もうひとつの要素がホールドパーツによる押し出し。ホールドパーツの赤線で示した部分が内側に閉じていくことにより、ビー玉が押し出される。ちょうど針金をハサミで切ろうとしたときに針金が逃げていくように、鍋の長ネギを前歯で噛むと喉奥に射出されるように、ビー玉が押し出される。 #ビーダマン pic.twitter.com/AMkCE9sCHw
 拡大
AiNI@月曜南メ32b @aini_bellwood
ホールドパーツによる押し出し挙動を簡略化したのが下記動画である。緑の部分が閉じていくことにより、中央のボールが押し出される(余談だが動画に用いたツール「Algodoo」の界隈ではこの現象をNEGI効果(NEGI-Effect)などと呼ぶ)。 #ビーダマン pic.twitter.com/UZSCety4lO
AiNI@月曜南メ32b @aini_bellwood
NEGI効果が実際にどの程度初速に影響しているかがわかる動画がこちら。じわじわとトリガーを押し込むことでトリガーの速度の影響を減らし、NEGI効果によってのみビー玉を発射している。それでもこの初速。 #ビーダマン pic.twitter.com/8sABfGlzUg
AiNI@月曜南メ32b @aini_bellwood
NEGI効果はホールドパーツの臨界点以降の長さに強く影響する。改めて『トーマス』と『1号』を見比べてみると、ホールドパーツの長さに大きな違いがあることがわかると思う。 #ビーダマン pic.twitter.com/FIv7AQjmcA
 拡大
AiNI@月曜南メ32b @aini_bellwood
(もともと『トーマス』のホールドパーツ延長はテコの原理による締め撃ち効率の向上を目的として行ったものだが、NEGI効果の再発見は僥倖であった) (なお初速影響要素の3つめにあたる「ビーダマン自体の速度」については割愛する)
AiNI@月曜南メ32b @aini_bellwood
公式機体を見ると、コンバットフェニックスのホールドパーツなどは臨界点以降も長く伸びており、NEGI効果を意識したものと思われる。
AiNI@月曜南メ32b @aini_bellwood
さらに考察すると、NEGI効果による初速向上には「ホールドパーツを締め付ける力」よりも「ホールドパーツを戻す速度」が重要と思われる。NEGI効果ではテコの原理によりビー玉押し出しに必要なトルクは小さいためだ。 #ビーダマン
AiNI@月曜南メ32b @aini_bellwood
従って、ホールドパーツ通過距離を長く、通過時間を短く取るために、ホールドパーツの臨界点以降部位を長く取り、これが素早く閉じるように設計する必要がある。 #ビーダマン
AiNI@月曜南メ32b @aini_bellwood
一方で玉突き原理による初速向上には締め付けトルクとトリガー速度の向上が必要となる。締め付けトルクの向上によって、デコピンの原理によりトリガー速度の向上が見込める。締め付けトルクとトリガー速度の関係についてはより詳しい考察が必要となるが、またの機会に。 #ビーダマン
AiNI@月曜南メ32b @aini_bellwood
ということで今回の考察は終わりにする。また何か思いついたらやるかも。 pic.twitter.com/neLcyUqqSY
 拡大

コメント

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする