10周年のSPコンテンツ!
3
Я Дома @V6beK5cE7Nfrbfb
6/5 タイのイミグレで出入国カードを書き提出。入国カードは回収され出国カードはパスポートにホッチキスで留められる。これで失くす心配はない(パスポートごと失くさない限りは) pic.twitter.com/Cgyac3nQfu
拡大
Я Дома @V6beK5cE7Nfrbfb
さすがはタイだ。国境の町にもセブンイレブンがある。 とりあえず両替。144500チャット→3000バーツ 乗合タクシーでバスターミナルへ向かう。20バーツ。 pic.twitter.com/pYIkPaIoUX
拡大
Я Дома @V6beK5cE7Nfrbfb
VIPバスが8:05出発だそうだ。安いやつでかまわないのだが……。まあいいや。それに乗ろう。バンコクまで630バーツ。バスは電動リクライニングでマッサージ機能もある。水と軽食付き。コーヒーはどうやって作ればいいんだ?まさか水で?と思ってたら乗務員さんがお湯入りのカップを配ってくれた pic.twitter.com/UyCYG6IfZk
拡大
拡大
拡大
Я Дома @V6beK5cE7Nfrbfb
休憩時に買ったコーラ。25バーツ。これは失敗だった。炭酸は弱いし、氷が溶けてだんだん薄くなる。そもそもコーラは一度にたくさん飲むものじゃない pic.twitter.com/5O6btDnOlx
拡大
Я Дома @V6beK5cE7Nfrbfb
16時、バンコクのバスターミナルに到着。とりあえずwifiが使える場所を探すが見つからない。たぶん電話番号が要る。私はどこへ行けばいいんだ?完全にヤンゴンの二の舞だ。 pic.twitter.com/4PU4e0d5bP
拡大
拡大
Я Дома @V6beK5cE7Nfrbfb
とりあえず駅に行けばwifiが使えるかもしれない。道を尋ねると「あなたはどこへ行きたいのか?」と訊かれる。行き先によって路線が違うのだろう。私が以前タイに来た時乗ったのはスワンナプーム空港から伸びる路線だ。それを伝えようとしたら「スワンナプーム空港に行きたいなら◯◯駅だ」とのこと
Я Дома @V6beK5cE7Nfrbfb
空港へ行くというのは妙案かもしれない。wifiが使えるかもしれないし、使えなくても日本人旅行者はいるだろう。彼らに地球の歩き方を見せてもらえばwifiが使える宿を調べられる。 地下鉄(30バーツ)と空港連絡鉄道(35バーツ)を乗り継いで懐かしのスワンナプーム国際空港に到着
Я Дома @V6beK5cE7Nfrbfb
D17 地球の歩き方 タイ 2019〜2020 [ 地球の歩き方編集室 ] [楽天] a.r10.to/hfbI9X pic.twitter.com/J8axCa7px2
拡大
Я Дома @V6beK5cE7Nfrbfb
空港ではwifiは使えるし、座って(なんなら横になって)休めるし、トイレは使い放題だし、食べるものには不自由しない。今夜はここですごそう。夕食はセブンイレブンで買った。50バーツ pic.twitter.com/OA8al0jHn8
拡大
Я Дома @V6beK5cE7Nfrbfb
ヤンゴン行きのバスに乗ってから鼻水が出るようになったのだが、ここにきて耐えられないほどひどくなったのでティッシュ(61バーツ)を購入 pic.twitter.com/oWlEdOo3S7
拡大
Я Дома @V6beK5cE7Nfrbfb
6/6 朝食37バーツ。 今まで頭になかったのだがSIMカードを買えばどこでもネットが使えるんじゃないか?というわけでさっそく購入。8日間で299バーツ。設定は店員さんが全部やってくれたのでラクチン
Я Дома @V6beK5cE7Nfrbfb
昼食49バーツ。コンビニ飯ばかり食べている。 カオサン通りというところに安宿が多いらしい。空港からバス(60バーツ)で1時間ほど。MOM GUEST HOUSEに宿泊。一泊200バーツ pic.twitter.com/TLKnDrd7Al
拡大
拡大
拡大
Я Дома @V6beK5cE7Nfrbfb
インドのモレで買った水をようやく使いきった。ミャンマーでは水付きのバスに乗ったり、もらったりしたからなかなか減らなかったのだ
Я Дома @V6beK5cE7Nfrbfb
6/7 水13バーツ。バンコクにやって来た時と同じバスターミナルへ向かう。徒歩2時間以上かかった。もうすぐ着くというところで土砂降りの雨。濡れた身体でチケットオフィスに入ると冷房が効いていて寒い。 ヴィエンチャン行きのバスは20時発で900バーツ
Я Дома @V6beK5cE7Nfrbfb
バスは20:11に出発。ブランケット、水、軽食が配られる。あと何だか知らないが5バーツ徴収される。ラオス入国に必要らしい。休憩時には30バーツの食事補助が出る。画像の料理は45バーツ支払ったので本来なら75バーツなのだろう pic.twitter.com/YCljnHVACZ
拡大
Я Дома @V6beK5cE7Nfrbfb
ヴィエンチャン行きのバスにもインスタントコーヒーが入っていたが、お湯は配られなかった。試しに水で作ってみる。……ミルクが溶けない。かなり粉っぽいコーヒー(?)になった。飲んだら胸がいっぱいになる。しばらく何も食べたくない……
Я Дома @V6beK5cE7Nfrbfb
6/8 朝の休憩を終えてすぐタイのイミグレに着く。パスポートを提出。返ってきたものを見ると出国カードが回収されていた。再びバスに乗り込んでメコン川にかかる橋を渡るとラオスである pic.twitter.com/kfbytPgtAF
拡大

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする