設備鉄が鉱山跡に潜ってみたら

かつて兵庫県養父市にあった明延鉱山 現在でも多くの設備が残っています 明延鉱山から神子畑選鉱場、生野銀山のトロッコ線路跡を巡ってみました
分岐器 線路 鉱山 古レール 設備鉄 明延鉱山 転車台 トロッコ インクライン 1円電車
27
大町パルク @oomatipalk
姫路からレンタカーで明延鉱山へやって来ました 本当は一円電車の運転日が良かったけど、行ける時に行っておかないとです 坑道見学会の受付である憩の家の前には機関車と電車と車輪が展示されていました 軌間は610mmレールは約90mmだったので22kgレールが摩耗したものと思われます pic.twitter.com/FKk25TU50c
 拡大
 拡大
 拡大
 拡大

明延鉱山の探検坑道
普段は非公開ですが、毎週日曜日に坑道見学会が開催されています

リンク 明延鉱山 明延鉱山 探検坑道 | 明延鉱山 「探検坑道」は明延鉱山坑道跡の見学です。公開している坑道跡は鉱山稼働時のほぼ同じ状態で残されている迫力ある空間で、ご見学には必ずガイド(保安要員)の同行が必要です。日 程 予約時にご相談ください ガイドの手配の都合上、3日前までにご予約をお願いします 〇日曜日は日曜坑道見学会をご利用ください ただし、20名以上の団体は日曜日でもご予約ください 〇年末年始(12/29~1/..
大町パルク @oomatipalk
水色の電気機関車としろがね号と乗車用トロ?と車輪 pic.twitter.com/QfEPFDX1Nx
 拡大
 拡大
 拡大
 拡大
大町パルク @oomatipalk
こちらが一円電車くろがね号 動いてる所も見てみたかったです pic.twitter.com/JGBvdf7491
 拡大
 拡大
 拡大
 拡大
大町パルク @oomatipalk
そしてくろがね号の反対側終点には、なぜか立山砂防の機関車 線路側は扉が開くようですが、こちらも動くのかな? pic.twitter.com/yrmVrgijcF
 拡大
 拡大
 拡大
 拡大
大町パルク @oomatipalk
一円電車の線路 車止は可搬式でカーキャッチャーの機能もあります 軌間は762mm、レールは高さ約80mmという事で15kgですね pic.twitter.com/qK4lMzd66B
 拡大
 拡大
 拡大
 拡大
大町パルク @oomatipalk
一円電車線路パノラマ 実際の線路はハの字の上がつながったような線形です pic.twitter.com/f6YyqQNeHH
 拡大
大町パルク @oomatipalk
集合時間になったので坑道見学会開始です 坑道入口から伸びる線路の軌間は520mm 入口の脇には古レールで組まれた落石防止柵がありました pic.twitter.com/bKketCceOl
 拡大
 拡大
 拡大
 拡大
大町パルク @oomatipalk
坑道入口から伸びていく線路と最初の分岐器 pic.twitter.com/lyU0ZmFnUU
 拡大
 拡大
 拡大
大町パルク @oomatipalk
ガイドさんによる最初の説明ポイント だったけど何だったか覚えてない 直角クロッシングを見つけてしまったのでねw でもよく見ると周囲のレールが斜めに切られている・・・ いう事は、これ直角交差転車台だ! pic.twitter.com/O9QRvD6VEJ
 拡大
 拡大
 拡大
大町パルク @oomatipalk
平トロっぽいの見つけたんだけど 最後尾で置いてけぼり食ってたので、泣く泣く後を追いかけたのでした pic.twitter.com/vGokJRFa0u
 拡大
大町パルク @oomatipalk
いい具合に朽ちてるランプシェード pic.twitter.com/zdl0DqWIHi
 拡大
 拡大
大町パルク @oomatipalk
オンレールボーリング機と外方分岐器 pic.twitter.com/ZNCg7u97BC
 拡大
 拡大
 拡大
大町パルク @oomatipalk
水の流れで埋まっていたマクラギが顔を出していました 分岐器を撤去した後もマクラギはそのままだったみたいですね pic.twitter.com/MiZUwPRGCj
 拡大
 拡大
 拡大
 拡大
大町パルク @oomatipalk
一番広くなった場所には鉱車と人車が展示されていました pic.twitter.com/CS2D3u2uUc
 拡大
 拡大
 拡大
 拡大
大町パルク @oomatipalk
坑道内の鉄道は歩く程度の速度だったと説明されていましたが ガードレールもしっかり設置されていますね pic.twitter.com/VqN9Zvk51l
 拡大
 拡大
大町パルク @oomatipalk
かつて支保工として使われていたであろう古レールと継目板 pic.twitter.com/PBsh6JLPlv
 拡大
 拡大
 拡大
大町パルク @oomatipalk
立坑の鉱車運搬用エレベーター 籠の中まで線路が通っています pic.twitter.com/oq5uF5GvFD
 拡大
 拡大
 拡大
大町パルク @oomatipalk
天井材として使用されている古レール pic.twitter.com/vCZLXYKP16
 拡大
大町パルク @oomatipalk
体験坑道の案内図と出口 あっという間の1時間でした pic.twitter.com/XNKKqiMDYZ
 拡大
 拡大
大町パルク @oomatipalk
出口からちょっと上がったところから見える立坑エレベーターの巻上機の建物 pic.twitter.com/Otw5IWbj0n
 拡大
大町パルク @oomatipalk
あかがね号と搭乗規定と22kgレール pic.twitter.com/WzPksbTNGt
 拡大
 拡大
 拡大
 拡大
大町パルク @oomatipalk
蓄電池機関車と蓄電池人車と510/762mm三線軌道 車両は3台とも510mmの線路に乗っていました pic.twitter.com/ipaJ2cE6II
 拡大
 拡大
 拡大
 拡大
大町パルク @oomatipalk
明延鉱山学習館 軌道関係の展示品 クロッシングは一体部品になってるんですね pic.twitter.com/WkAEvf4x0S
 拡大
 拡大
 拡大
 拡大
残りを読む(20)

コメント

文里 @wenly_m 4日前
今、日本で現役の鉱山鉄道ってあるんだろうか?菱刈金山は自動車化されてるし。
mikunitmr @mikunitmr 23時間前
510mmゲージってなにかと思ったけど、20インチなのか(=508mm)。 520mmだと20.5インチなのかな。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする