0
ツイートまとめ 佐々木彩音の転校 佐々木彩音(ささきさいね)だ、よろしく。 と、ね。 156 pv 1
リンク Mirrativ ゆかエもん あったまつやつ〜や!スキマちらち〜ら!それがどうした?僕ゆかエもん!
物語溶接士のT@転校生📗佐々木彩音📖喜緑江美里📚長門有希📕朝倉涼子👾☯📙【超脚本家】 @nagato_sansan
年度が代わって4月6日 進級できたことがエイプリルフールでうっそーん!ということもなく、無事に二年生になった俺は、学年末の担任のロングホームルームでの話を思い出しながら、新しいクラス割りが貼り出されるという玄関に来た。 「ん?」と、思わず首をかしげる。 クラスの人数が十人ほど減った。
物語溶接士のT@転校生📗佐々木彩音📖喜緑江美里📚長門有希📕朝倉涼子👾☯📙【超脚本家】 @nagato_sansan
「おはよー、キョン…早いわね…」 鼻をぐじゅぐじゅさせながらハルヒが来た。 「風邪か?」 「スギ花粉かしらね…」ぐじゅ…と鼻をすすりながら、クラス割を確認するハルヒ。 「あら…だいぶ減ったわね…へー…ふーん…」と、何やら良からぬ顔でしたり笑うハルヒ。 「おぅ、キョン!涼宮!」と、谷口
物語溶接士のT@転校生📗佐々木彩音📖喜緑江美里📚長門有希📕朝倉涼子👾☯📙【超脚本家】 @nagato_sansan
「あけましておめでとうございます、って感じだね。」と、国木田。 「おはようございます、みなさん。」 と、古泉と喜緑さん。 「スキありぃ!」とハルヒのケツを揉む鶴屋さん。 「んっ…朝からはげしいっ…って…鶴屋さん?」 「おはよう、ハルにゃん。」 「おはようございます。鶴屋さん。」
物語溶接士のT@転校生📗佐々木彩音📖喜緑江美里📚長門有希📕朝倉涼子👾☯📙【超脚本家】 @nagato_sansan
「花粉症で少しボーッとしてるんです。」と、フォローを入れるキョン。 「なるほど…ハルにゃんも山の洗礼を受けたんだね…これをわけてあげよう。」と、市販の花粉症の薬をパキッと折ってハルヒに渡す鶴屋さん。 「すびばぜん…」ハルヒが鼻をたらしかけながら受け取る。 「いいってことよ!」
物語溶接士のT@転校生📗佐々木彩音📖喜緑江美里📚長門有希📕朝倉涼子👾☯📙【超脚本家】 @nagato_sansan
「少年、ハルにゃんにメールでクラスを教えておいてあげておくれ…うちっちはみくる特別製のお茶を淹れてもらうっさ!ささっ…ハルにゃん…こっちに…」 嵐のように去っていくハルヒと鶴屋さん、そして空気のようにいたらしい朝比奈さん。 「私の分も教えてくださぁ〜い…」と、朝比奈さん。
物語溶接士のT@転校生📗佐々木彩音📖喜緑江美里📚長門有希📕朝倉涼子👾☯📙【超脚本家】 @nagato_sansan
気にしてみたら、1年の時に敵対する視線を飛ばしてくる男がいなくなった。 「どれどれ…朝倉涼子」 「おはよう、キョンくん。」 「うわっ!」 後ろから声をかけられて思わず驚く。 「私がやっておくわよ。」 「あぁ…すまない…よろしく頼む。」 「二年生もクラス委員になるから投票よろしくねっ」
物語溶接士のT@転校生📗佐々木彩音📖喜緑江美里📚長門有希📕朝倉涼子👾☯📙【超脚本家】 @nagato_sansan
と、ウィンクする。 「いや…あの…自分の…」ピロリロッ♪ と、メール着信音が鳴る。 「もちろんキョンくんの分も送っておいたわよ。」 「おう、ありがとう。」 2-1 と、手短に書かれたメールを頼りに、2年生のクラスへと向かう。 席は…一番後ろか… 「んっふ…おはようございます…」 前の席が古泉

コメント

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする