10周年のSPコンテンツ!
7
早川由紀夫 @HayakawaYukio
火山はめざめる20冊きた。浅間北麓では、浅間火山博物館、ルオムの森、そして嬬恋郷土資料館で販売します。今日届いていると思われます。浅間南麓での販売はふぐさん担当です。 pic.twitter.com/mR9C04F5x0
拡大
S.SONODA @610Sonoda
Amazonで予約していた「火山はめざめる」が先ほど届きました pic.twitter.com/t2XCZmvBae
拡大
保立道久 @zxd01342
@hugujo 『火山はめざめる』福音館(浅間山)。予約していたものが届きました。噴煙の様子は絵がよいというのがよく分かります。日本全国の火山について、こういう本を描いて、子どもに届けてください。なによりも確実な防災「教育」になると思います。「教育」の前にまずは社会が勉強ですが、敬具。
Good Morning,Vietnam @orangexlss
@HayakawaYukio 一方その頃…届きました。 期待に違わぬ大変良い本です。 pic.twitter.com/lfcBCkPUVT
拡大
早川由紀夫 @HayakawaYukio
ご購入ありがとうございます。浅間山を題材にとりましたが、浅間山固有は極力削除して、火山一般を表現したつもりです。この本一冊で(日本の)火山噴火がほとんどわかるしくみです。防災については考慮しませんでした。火山の猛威と無慈悲をそのまま表現しました。火山噴火は人を凌駕しています。 twitter.com/zxd01342/statu…
早川由紀夫 @HayakawaYukio
昭和時代 ブルカノ式爆発 江戸時代 プリニー式噴火と溶岩 平安時代 火砕流 2万5000年前 山体崩壊と土石なだれ これが、「火山はめざめる」で取り扱った噴火です。 取り扱えなかった重要噴火様式は、 ・水蒸気爆発 ・ストロンボリ式噴火とスコリア丘 ・カルデラ陥没 です。
はぎわら ふぐ @hugujo
Amazonなど通販サイトではもう扱いが始まっているようですが、モノが絵本でもありますし、まずはお近くの書店でお目に留まった時に中をご覧ください。もしもお気に入ったら買って頂けると嬉しいです。どうぞよろしくお願いいたします。 (構想初期のラフスケッチより) pic.twitter.com/I7uqmZoARn
拡大
はぎわら ふぐ @hugujo
『火山はめざめる』肩ひじ張ったお勉強的な要素はあまりありません。火山が作り出すさまざまな風景、時代ごとの人々の様子をお楽しみください。(これも初期段階のラフスケッチ) pic.twitter.com/kF3Aef0HnO
拡大
金環蝕 @oh__muku
@hugujo Amazonから今日届きました。 平安時代の庶民の家が竪穴式だったとは今日まで知りませんでした。
はぎわら ふぐ @hugujo
@oh__muku 私も少し書き進めた段階でラフをお見せした歴史の専門家に指摘されるまで全く知りませんでした。実はその段階で初期に構想していたストーリーがガラガラ音を立てて崩壊しちゃいましてゼロにリセット (^O^;)
ねこが店長の文具店万年堂 @nyannendo
なっなんとシマ子店長絵本デビューしました! 本日近所の本屋さん(黎明堂さん)が絵本を届けて下さりシマ子を確認しました。 小諸市在住のはぎわらふぐさん @hugujo の絵本「火山はめざめる」です。 地元の浅間山の事が詳しく書いてある絵本です、素敵な絵です。 是非買ってシマ子も見つけて下さい! pic.twitter.com/royYLnQ5Ko
拡大
拡大
ねこが店長の文具店万年堂 @nyannendo
@hugujo 買えます! 黎明堂さんが小諸図書館とかにも買ってもらったそうです。 あと学校を回るって言ってましたよ。
はぎわら ふぐ @hugujo
絵本『火山はめざめる』浅間山の地元・小諸市内では黎明堂書店さんでお求めになれます。どうぞよろしくお願いいたします。
ねこが店長の文具店万年堂 @nyannendo
@hugujo 地元で育った私が知らない事ばかりで、とても勉強になります。 子ども達にも読んでもらいたい本です。
s.堀越 / @shosho_1955
群馬県側から見た絵が多いかなと思ったら、ほとんど全部が長野県側からみた景色だ!。
はぎわら ふぐ @hugujo
@shosho_1955 それぞれの噴火に関して色々な場所でラフスケッチを作ったのですが、絞り込んで行ったら南側ばかりになってしまいました。これは本が横組みで視線を左から右に流したいというのがかなり大きな理由です。(噴煙の流向を左から右にしたい)
はぎわら ふぐ @hugujo
@shosho_1955 あと平安時代は絶対信州と最初から決めていました。
はぎわら ふぐ @hugujo
今だから明かす制作秘話(かな?);最初は1108年追分火砕流に絞った物語仕立てだったのです。浅間山の噴火といえば江戸時代の天明噴火が有名ですが、1108年の噴火はもっと知られても良い凄まじい出来事だったはず。……しかし当時の資料があまりにも貧弱で、その社会的影響がよくわからないのです。
はぎわら ふぐ @hugujo
ただ、1108年噴火が残した物証+記述はほんのわずかながらも存在する文献資料で噴火のあらましは推測可能。そこで物語形式で1108年噴火を再現しようと思ったのですが・・・いろいろ上手く行かなくてかなり初期でこの案却下となりました。
はぎわら ふぐ @hugujo
今になって思えば、物証や文献から推測するしかない出来事に更にフィクションを重ねたら読者の受ける印象はほぼファンタジーになってしまいます。最終的なアウトプットが物証や文献から推測したものをそのまま絵にする形に落ち着いて良かったと思います。
はぎわら ふぐ @hugujo
。o(あと実際に行って見たセントヘレンズの衝撃も大きかった〜〜〜。浅間山も同じ道を通ったのならぜひこれは描きたいと本当に思った)
DAN杉本 @DANkashmir3d
絵本『火山はめざめる』が発売になり届きました。火山の活動は人間の一生では把握しきれないほど長いので、このような迫力ある絵でまとめられると、すごく理解が進むと思います。いままでの火山の本とは全く違う革新的な作品です。寝ぼけたお山も喜んでいるのでは。 pic.twitter.com/J2rbyHeywa
拡大
拡大
DAN杉本 @DANkashmir3d
私が好きな場面は、天明の噴火で宿屋に軽石が降り注いでいるところ。屋根の軽石と火山灰の層の変化まで描かれている。あとは追分火砕流の場面。この侵食地形はあの辺りかなと想像。
tatsuya @mikanpapa
「火山はめざめる」が届きました。昨晩は9時半過ぎの帰宅だったのですが、まだ起きていた子どもたちにさっそく読み聞かせ。小3の息子、保育園年長の娘共に興味を持ったようですが、特に娘が食い付いてくれました。考古学徒だった私も興味津々でした。 pic.twitter.com/hTKLbqDNZs
拡大
奥田茂雄 @okuchangt
届いた。早速息子にとられてとうちゃんはまだ見てない(笑)。 pic.twitter.com/P1J2zCsP1b
拡大
拡大
残りを読む(35)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする