カテゴリー機能は終了いたしました。まとめ作成時にはタグをご活用ください。
3

中ザワヒデキ文献研究 講義用覚書
2019年度第02回 2019年6月12日(水)19:15-22:15
https://www.aloalo.co.jp/nakazawa/2019/0612a.html

記録動画
美学校 中ザワヒデキ文献研究 2019年度第02回「80年代★日本のアート」 #文献研究
https://youtu.be/99D_hZFiY98


中ザワヒデキHidekiNAKAZAWA @nakaZAWAHIDEKI
.@bigakko @amoe15821971 @lz_Apple94 @misonikomioden 【本日】2019年6月12日(水)は19:15より美学校中ザワヒデキ文献研究2019年度第02回「80年代★日本のアート」。(※美学校本校ではなく美学校スタジオでの開催となります。)続けて講義用覚書URL呟きます #文献研究
中ザワヒデキHidekiNAKAZAWA @nakaZAWAHIDEKI
【本日】美学校 中ザワヒデキ文献研究 2019年度第02回 2019年6月12日(水)19:15- 「80年代★日本のアート」(正規受講者対象)(配信有り)(美学校スタジオで開催)中ザワが寄稿している『美術手帖』最新号(2019年6月号)第1特集を取り上げます ※講義用覚書 aloalo.co.jp/nakazawa/2019/… #文献研究 pic.twitter.com/ueMyyEYbMi
 拡大
 拡大
 拡大
中ザワヒデキHidekiNAKAZAWA @nakaZAWAHIDEKI
【本日】『美術手帖』最新号特集から来週NADiffで開催される「80年代アート再考」に繋げたい所存です。講師は19歳で描いた『エアポートにててえぶるのあかいオショクジ、ですの』を日本グラフィック展に出品するにあたり初めて中ザワヒデキの名を用いました nakazawahideki.archive661.com/20111007_09/ #文献研究 pic.twitter.com/MvzF8dCrUO
 拡大
中ザワヒデキHidekiNAKAZAWA @nakaZAWAHIDEKI
【本日】時間が許せば2011年に中ザワが自身の個展会場で開催した「第四表現主義(仮)について語る会」にも言及します aloalo.co.jp/nakazawa/20111… #文献研究 pic.twitter.com/Ky41jsTUj8
 拡大
みそにこみおでん @misonikomioden
配信する予定が原因不明のトラブルで配信できておりません。すみません。#文献研究 twitter.com/misonikomioden…
みそむーおでん @misoni_2013
配信できなくなったので実況します。#文献研究
みそむーおでん @misoni_2013
美術手帖の目次を見ています。 bijutsu.press/books/3479/ 中ザワ「越境者ということが問題だ。ジャンル横断ということなのだが、その後ジャンルで内でコツコツしてた人が評価され他のジャンルと仲良くしていた人は忘れ去られる。
みそむーおでん @misoni_2013
中ザワ「伊藤鮎さんは静岡県美の方。藤井雅実さんは画廊パレルゴン主催。関口敦仁はフジヤマゲイシャからメディアアートへ行くことでIAMASとも関係する
みそむーおでん @misoni_2013
中ザワ「僕はこの特集ではまず単なる相談として話を当初した。例えば石原友明の作風が先にあったからこそ森村のような表現がでてきて突然出てきたわけではない、のような
みそむーおでん @misoni_2013
中ザワ「ビジュアルという用語はいろいろ入れられる。パート1と2の区切りで美術手帖の編集でまよったのではないか。つまり1を美術だけにしてよく、イラストや漫画を2に入れることも可能だ。
みそむーおでん @misoni_2013
中ザワ「しかし僕はイラストレーションに当時の美術の人たちが流入していたと主張していたので、それを取り入れたのでは。そこで美術とイラストを両方とりいれるためにビジュアルという用語をつかったのだろう
みそむーおでん @misoni_2013
美術手帖の目次を読んでます 「美術批評家」絶滅危機の時代 筒井宏樹、世界における日本の80年代アートの検証 吉竹美香 「アール・ポップ」から始める─80年代の美術をめぐって 椹木野衣・・・
みそむーおでん @misoni_2013
中ザワ「80年代のイラストをどう捉えるかは問題で、美術の外とするから逆に力をもつが、日グラなどをみれば需要に答えて職能的から逸脱し表現の場としてでてきた。
みそむーおでん @misoni_2013
中ザワ「いまなぜこの特集が組まれるのだろうか。まずは静岡県美など巡回した80年代展、そして大阪国立国際の80年代展、ここでは関西ニューウェーブがたくさんでてたようです。
みそむーおでん @misoni_2013
中ザワ「そして吉竹美香キュレーションによるブラムアンドポーでのパレルゴン展。この画廊はもの派の価格上昇をしかけた画廊で次に80年代をしかけたのかもしれない
みそむーおでん @misoni_2013
中ザワ「しかし吉竹キュレーションでは90年代も多く入っており、また日本実地調査してないのかもしれず、90年代ですでに評価されていた人たちを取り上げている
みそむーおでん @misoni_2013
中ザワ「パレルゴン展は藤井雅実のパレルゴン画廊を意識してたにもかかわらず、一言も彼に言わず開催されたことを友人たちが心配しちょっとした炎上をしていた
みそむーおでん @misoni_2013
中ザワ「5月7日美術手帖は元号が変わったことで急遽平成を振り返ることにしたのでは。この号は芸術評論賞の発表されたことも重要だろう。
残りを読む(141)

コメント

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする